記事

トランプと金正恩は"同じOS"を持っている

1/2

「トランプと金正恩はOSが一緒」と作家の佐藤優氏は語る。トランプ大統領はキリスト教プロテスタントの「プレスビテリアン」(長老派)だが、金正恩朝鮮労働党委員長の祖父・金日成も同じ信仰を持っていたのだという。2人に共通するのは「自分は選ばれた人間なのだ」という自己認識だ。佐藤氏と外交ジャーナリスト・手嶋龍一氏の対談をお届けする――。

※本稿は、手嶋龍一、佐藤優『米中衝突』(中公新書ラクレ)の一部を再編集したものです。

2018年6月12日、米朝首脳会談の共同声明への署名後に握手する北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領(写真=AFP/時事通信フォト)

■「反知性主義」の大統領

【手嶋】国の内外で様々な軋轢を生み、厳しい批判に晒されながらも、トランプ大統領は「我が道を行く」という点で基本的にブレない。それはトランプ政権が「プアホワイト」をはじめとする岩盤の支持層に支えられているからです。それは間違いないでしょう。

ただし、同時に、トランプさん自身の内面にあるものが、彼の「強さ」の源泉になっている、というところにも目を向ける必要があるでしょう。それが、米朝交渉でもいかんなく発揮されたし、きたるべき「グレートゲーム」の行方を左右するファクターになり得るわけですから。

【佐藤】そう思います。

【手嶋】その視点から一つ言えるのは、彼が「反知性主義」の系譜を継ぐ大統領である、ということだと思います。反知性主義というのは、“Anti-intellectualism”で、日本語から受ける印象は「知性がない人たち」になるのですが、それは違うのです。その考え方をごく簡単に言えば、「知性と権威が結びつき、エリートが国の舵取りを担うことに激しく抗う」ということになるでしょうか。

■「選ばれた人間」という自意識

【佐藤】2016年の大統領選挙でトランプと大接戦を演じた民主党候補、ヒラリー・クリントンは、「知性と権威が結びついた」典型的な人物と言えます。

【手嶋】そうですね。ですから、あれは知性主義対反知性主義の戦いでした。後者が勝利したということが、いまという時代を鮮明に映し出しているのです。

アメリカには、そういった反知性主義の大変太い流れがあるわけです。政治家であれ、経営者であれ、その行動形態はシンプルで、面倒臭い情勢分析や、無駄な知識は必要ない。すべての決断は組織のトップである自分がする。そして、その決断の結果責任は自分が取る――というわけです。

【佐藤】トランプ大統領が、反知性主義の申し子であるのは間違いありません。同時に、日本ではあまり注目されないのだけれど、彼はキリスト教プロテスタントの「プレスビテリアン」(長老派)だというのが、とても重要なのです。

長老派は、神様は救われる人と滅びる人を生まれる前から決めていて、自分は「選ばれた人間」なのだ、と考えているんですね。神学用語では予定説といいます。だから、どんな試練にも耐え抜くことができるし、耐え抜いて成功させる歴史的使命があるのだ、という固い信念を持っているのです。

【手嶋】大統領の言動を思い返せば、納得がいきますね。

■よく言えば頼もしい、悪く言えば傲慢

【佐藤】二十世紀以降のアメリカ大統領で、この長老派だったのは、彼の他には、国際連盟設立に寄与したウッドロー・ウィルソンと、第二次世界大戦中に連合国軍最高司令官としてノルマンディー上陸作戦を決行したドワイト・アイゼンハワーの2人しかいません。いずれも、周囲の誰もが無理、無謀だと思ったことを実行し、成し遂げました。

【手嶋】反知性主義者にして長老派。そんなトランプ大統領は、奇妙な使命感に駆られ、誰しもが無理と思っていた金正恩との握手を実現した。

【佐藤】自分が正しいと思ったら怯まない。それは、よく言えば頼もしく、打たれ強いのだけれども、悪く言えば傲慢。一歩間違えば危険なのです。

【手嶋】指導者の信念が人々を不幸に陥れた歴史も、枚挙にいとまがありません。

■金日成もプレスビテリアンだった

【佐藤】実は、金正恩のお祖父さんの金日成も、もともとはプレスビテリアン(長老派)なんですよ。

【手嶋】えっ、そうですか。ぜんぜん知りませんでした。

【佐藤】金日成の両親は、熱心なクリスチャンで長老派なのです。金日成の自伝『世紀とともに 第1巻』にこんなエピソードが記されています。

「仕事がきつくてやりきれないと、母は叔母と連れ立って礼拝堂へ行った。松山はいま軍事大学のあるところで、そこに長老教系の礼拝堂があった。南里とその周辺にはキリスト教信者がかなりいた。現世では人間らしい生活ができないので、キリストの教えを守り、せめて来世でも『天国』に行きたいと思うのだった。/大人が礼拝堂に行くときは、子どもたちもついていった。信者を増やそうと、礼拝堂ではときどき子どもたちに飴やノートをくれた。子どもたちはそれをもらう楽しみで、日曜日には連れ立って松山に出かけた。」(『金日成回顧録 世紀とともに 第1巻』朝鮮・外国文出版社、一九九二年)

両親も本心では神を信じていなかったというようなことも書かれていますが、これは無神論的な脚色とみた方がいいでしょう。金日成もプレスビテリアン(長老派)の教会に通っていたという事実が重要です。

【手嶋】なるほど。ならば、金日成のなかにも、プレスビテリアンの精神がかなり息づいていて、不思議はありません。

【佐藤】そうなのです。「私の教えは、キリスト教の愛の教えと一緒だ」と言っていますから。澤正彦という牧師が書いた『南北朝鮮キリスト教史論』(日本基督教団出版局、一九八二)という神学書に紹介されているのですが、『金日成著作集』には、結構、聖書のエピソードが入っています。

例えば、最高人民会議の選挙を日曜日に行おうとしたら、反動的な長老派教会の長老が、「安息日には仕事をしてはいけない」と言った。すると主席が現れて、「イエスの教えをもう一回思い出せ。安息日において、麦の穂を摘む弟子が許されたではないか」と。善行だったら安息日にもできるだろう、というわけです。それを聞いて、「主席様は、キリスト教にもこんなに通暁しておられるのか」とみんな感銘を受けて、粛々と選挙に出かけたとか、そうした逸話がたくさん出てきます。

【手嶋】面白いですね。

あわせて読みたい

「米朝首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    中等症めぐり政府の揚げ足を取る毎日新聞 いい加減な記事を出すのは許されるのか

    中村ゆきつぐ

    08月04日 08:26

  2. 2

    強行放送!緊急事態宣言下の24時間テレビは「ジャニーズ祭り」

    渡邉裕二

    08月04日 08:04

  3. 3

    患者対応をめぐる行政と開業医の役割分担 国会議員がルール化する必要性を橋下氏指摘

    橋下徹

    08月04日 12:14

  4. 4

    コロナ禍で迷惑行為をするのは一部の人たち JR北海道も列車内での飲酒の自粛を呼び掛けよ

    猪野 亨

    08月04日 08:35

  5. 5

    東京都心に住むコストをケチってはいけない

    内藤忍

    08月04日 11:37

  6. 6

    菅政権の自宅療養方針に与党議員が批判?? 無責任な姿勢は最低なパフォーマンス

    猪野 亨

    08月04日 14:17

  7. 7

    北海道の医療崩壊を見た医師「来週から東京で多くの重症者が出てくるが入院できない」

    田中龍作

    08月03日 19:41

  8. 8

    二階幹事長“首相の続投望む国民多い”発言に「どこの国?」「幻聴では」と失笑の嵐の異論」

    女性自身

    08月04日 09:50

  9. 9

    有害な言論はどこまで警戒すべきか?

    元官庁エコノミスト

    08月04日 15:07

  10. 10

    「横浜独立」で神奈川県は困らないの?-県と市はよきライバルに

    松沢しげふみ | 参議院議員(神奈川県選挙区)MATSUZAWA Shigefumi

    08月04日 08:36

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。