記事

年初のご挨拶

新年明けましておめでとうございます。

当ブログも更新がめっきり少なくなってしまいましたが、恒例の年初の相場感を述べようと思います。

昨年は事前に予想した通りとなりましたが、ボラティリティーが拡大した1年になりました。特に年末の調整は激しく、パニック的な売りが相次ぎました。

しかし俯瞰すると、FRBの利上げ局面で起こるであろう、ある意味で教科書通りの現象が資本市場で観測されたとも言えます。

株は小型株や成長株から売られ、債権はハイイールド債が売られ、資源や新興国通貨も下落しました。典型的なリスクオフの動きでした。

そう言った意味では、今年の相場を占うにはやはりFRBの金融施策が最も重要なファクターであると言えます。

FRBが市場の催促を受けてどの程度柔軟に動いてくれるか。ここを乗り越えられれば、資本市場のボラティリティーは落ち着き、世界経済はもとの成長軌道に目線を戻すことができるでしょう。

セクター的には昨年とは物色が変わり、質の高い内需成長株に注目が集まるのではないかと思います。つまり本来の企業業績を素直に反映する相場付きに戻ることを想定しています。

私は長期投資が一番(税引後の)リターンが高いと思っていますが、様々な囁きがあり、それを貫くことは難しいことです。

メディアで発信される他人からの情報の99%は行動心理学で言うところのバイアスのかかったものであり、参考になるものはありません。

基本的に相場を知る者は相場だけであり、皆さんもご自分の意見を大切にした方がよいです。自立した投資家として市場と向き合っていると、長期の視点が維持しやすくなってきます。

さて、2019年はどのような1年になるでしょうか。今年はできるだけ更新できるよう頑張りたいと思います。(テーマは設けず、最新のエントリーを少しずつ追記していくようなスタイルも検討しています)

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    人はなぜ不倫しないか 識者疑問

    PRESIDENT Online

  2. 2

    ユッキーナ引退 裏に事務所の闇?

    渡邉裕二

  3. 3

    警官が自殺 朝鮮総連の警備に闇

    文春オンライン

  4. 4

    10万円給付に13兆円かかった理由

    千正康裕

  5. 5

    200人感染の東京 重症化見えるか

    中村ゆきつぐ

  6. 6

    日本版CDC創設を阻む厚労省の罪

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    石破氏 中国に外交儀礼を果たせ

    石破茂

  8. 8

    徴用工めぐり日韓「8月開戦」か

    PRESIDENT Online

  9. 9

    ミスコンはもう全大学で中止せよ

    PRESIDENT Online

  10. 10

    地方疲弊 地域手当制度の撤廃を

    海野隆

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。