記事

2019年は米朝関係リセット 独立記念日にミサイル発射危機も

 2018年は歴史的な米朝首脳会談の実現によって、世界を敵に回す北朝鮮の“暴発リスク”は一旦収まったかに見えた。だが、その後の米朝協議は膠着したまま、弾道ミサイルや核開発の継続が疑われる報道が出るなど予断を許さない状況が続いている。そして、2019年「米朝関係は再び緊迫する」と予測するのは、朝鮮半島問題研究家の宮田敦司氏だ。

 * * *

 米朝関係が一気に緊張した2017年。超大国の大統領であるトランプ氏が、親子ほど年の差がある極東の小国の独裁者・金正恩と、子供じみた「チキンレース」を繰り広げていた。「チキンレース」のゴールは、2018年6月12日の史上初の米朝首脳会談となった。ここまで米朝関係が良好になると予想していた専門家は、ほとんどいなかっただろう。

◆「恋に落ちた」トランプ大統領

 米朝関係は、トランプ大統領の言葉を借りれば「開戦目前だった」激しい対立から、金正恩を褒めちぎる関係へと大転換した。2018年11月の中間選挙を意識していたとはいえ、変わり身の早さには驚くばかりだ。

 トランプ大領領は2018年9月29日にはウェストバージニア州ウィーリングでの支援者集会での演説で「(金正恩と)恋に落ちた」と繰り返し語った。

 しかし、よくよく考えてみると、変化したのはトランプ大統領であり、「恋人」である金正恩は首脳会談で笑顔を見せただけで、主張していることは何も変わっていない。相思相愛ではなく、トランプ大統領が一方的に「恋人になった」と決めつけているだけなのだ。

 そんなちぐはぐな状態の両国が、2019年はどのような関係に発展するのだろうか。間違いないのは「恋愛関係」が冷え切ることだ。米国の望み通りの「非核化」が実現する可能性はゼロだ。もちろん、米国まで届く大陸間弾道ミサイル(ICBM)も北朝鮮は手放さない。

 2度目の米朝首脳会談が開催されるかどうかは微妙なところだろうが、トランプ大統領にしてみれば、北朝鮮問題は自分の評価につながらないと認識しているだろうから、金正恩への関心は消え失せているだろう。おまけに、トランプ大領領の目の前には、北朝鮮問題よりも優先すべき課題が山積されている。選挙での得票につながらない問題は後回しにせざるを得ない。

◆カモにされる大統領

 北朝鮮にしてみれば、歴代の米国大統領のなかでトランプ大統領ほど「扱いやすい」大統領はいなかっただろう。下手に出ておだてあげればいいからだ。だから、トランプ大統領の在任中に米国からできる限り譲歩を引き出そうとするはずだ。

 中国やロシアから支援を得て、なおかつ韓国の文在寅政権から搾り取るだけ搾り取るつもりの北朝鮮としては、米国とはこのまま膠着状態でも構わないわけだが、できれば実利を得たいところだろう。

 しかし、北朝鮮に関心がなくなったトランプ大統領を振り向かせることは簡単なことではない。外交ルートで会談を打診しても無視されるだろうから、ICBMを発射するという強硬手段に出る可能性がある。北朝鮮は過去にも米国の関心を引き、交渉のテーブルにつかせるために強硬な態度を繰り返してきた歴史がある。

◆ミサイルでトランプ大統領を振り向かせる

 2006年7月5日、北朝鮮は弾道ミサイルを1日で7発、2009年7月4日にも弾道ミサイルを1日で7発、2017年7月4日は新型の大陸間弾道ミサイル「火星14」を1発発射した。ちなみに7月4日は米国の独立記念日である。さしずめ巨大な“祝砲”というところだろうか。

 過去の北朝鮮の行動を見る限り、2019年も米国の独立記念日に合わせて「祝砲」が撃たれる可能性はあるだろう。それが日本海へ落下するか、日本列島を飛び越えて太平洋に落下するかは、その時の米朝関係によるだろう。より険悪なムードを「演出」するのなら太平洋ということになる。

 米朝関係をあえて険悪にする狙いは、米朝交渉を再スタートさせることにある。交渉が再び始まれば見返りを要求できるからだ。いくら米国が「非核化」が実現するまで見返りは与えないといっても、大幅な見返りなしに「非核化」を一歩も前進させる気がない北朝鮮に、ひたすら要求ばかりしていても何も変わらない。

 米国は、北朝鮮北西部にある寧辺の核関連施設を爆撃することを匂わせて北朝鮮を脅すかもしれないが、それが可能なら、とっくの昔(1994年の第1次核危機)に実行している。それが出来なかったから核兵器が完成してしまったのだ。

◆「戦争カード」は使えない

 トランプ大統領は2017年8月30日に〈米国は北朝鮮と対話をし続け、この25年間法外な金額を支払ってきた。対話は解決策ではない!〉とツイートしているが、残念ながら対話しか解決策はない。

 さらに、2017年10月7日には〈歴代の大統領や政権は、北朝鮮と25年間話し合いをしてきて、合意に達したり、多額の金が支払われたりしたが、効果がなかった。合意は、インクが乾かないうちに破られ、米国の交渉担当者はばかにされてきた。たった1つのことだけが効果があるだろう〉とツイートしているが、「たった1つのこと」が武力行使を意味しているとすれば、それは無謀な選択だ。

 結局、トランプ大統領は過去25年間と同じことを繰り返すしかない。トランプ大統領にその気がなくても、金正恩がその気にさせる手を打ってくる。ICBMを撃たれてしまったら黙っているわけにはいかなくなる。

 さすがのトランプ大統領も、「戦争カード」が使えないカードであることは2017年に分かったはずだ。

 もし「戦争カード」が使えるのなら、1953年の朝鮮半島休戦後に、米海軍電子偵察機が北朝鮮空軍戦闘機に撃墜され乗員31名が死亡した事件(EC-121偵察機撃墜事件)や、米海軍情報収集艦が北朝鮮海軍艦艇に拿捕され乗員82名(1名死亡)が長期間抑留された事件(プエブロ号事件)では、核兵器の使用まで検討されたにもかかわらず、一発の銃弾も撃たないまま北朝鮮に譲歩して終わったのは何だったのか……ということになる。しかも、プエブロ号事件では、米国は北朝鮮への(しかも北朝鮮側が作成した)「謝罪文書」に署名してしまっている。

◆まずは朝鮮戦争を完全なる「休戦」にすべき

 トランプ大統領は過去25年というが、米国は朝鮮半島休戦後から65年間も同じ事を繰り返していることに気付かなければならない。休戦したはずの朝鮮戦争では「平時」にもかかわらず、少なくとも1020回の戦闘が行われ、死亡した米兵は80人(韓国兵は405人以上、北朝鮮兵は857人以上)にのぼる。繰り返すが、この数字は休戦協定締結後の戦闘で死亡した兵士の数だ。

 北朝鮮の「非核化」の前に、朝鮮戦争を「終戦」にするほうが先だろう。それ以前に、北朝鮮の休戦協定違反が43万回にものぼるわけだが、「終戦」の前に、休戦協定を北朝鮮軍と韓国軍双方が遵守し、名実ともに「休戦」を実現しなければ、「終戦」など絵に描いた餅にすぎない。

 韓国の文在寅大統領は金正恩との朝鮮戦争の「終戦宣言」を望んでいるようだが、韓国と北朝鮮の二国間で「宣言」したとしても何の意味もない。韓国は休戦協定の署名を大統領が拒否したため休戦協定の当事国ではないからだ。

◆歴史から学ぶことの大切さ

 米国も韓国も、北朝鮮との茶番めいた会談はやめて、実のある交渉を行うべきだろう。歴史から得られた教訓を生かさない交渉を続けていても何も前進しない。何も持っていなかった小国である北朝鮮は、歴史から学び、東西冷戦期の米国とソ連、そして中国とソ連の狭間で侵略されることもなく生き延びてきた国だからだ。

 このままでは、北朝鮮に踊らされただけで終わることは目に見えている。もちろん日本も他人事ではない。日本は、歴史から何も学ばない米国と歩調を合わせていても、何も進まないことを学ぶべきだろう。

あわせて読みたい

「北朝鮮」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    橋下氏 任命拒否の教授らに苦言

    橋下徹

  2. 2

    田原氏 野党は安易な反対やめよ

    たかまつなな

  3. 3

    コロナ巡るデマ報道を医師が指摘

    名月論

  4. 4

    iPhone12かProか...売り場で苦悩

    常見陽平

  5. 5

    コロナ禍も国内工場は異常な強さ

    PRESIDENT Online

  6. 6

    学術会議に深入りしない河野大臣

    早川忠孝

  7. 7

    感染リスク高い5つの場面に注意

    赤池 まさあき

  8. 8

    数字を捏造 都構想反対派の欺瞞

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    トランプ氏 逆転攻撃はほぼ不発

    WEDGE Infinity

  10. 10

    学生転落 巻き添えの女性が死亡

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。