記事

TPPスタート 関税のあり方の再検討を

 日本を含める11カ国の環太平洋連携協定が今日(※執筆時点)スタートします。牛肉、豚肉、チーズなどの関税が引き下げられ、商品価格が下がるので消費者にとっては有り難いことです。

 他方、安全性は後回しで、美味しさと安さが競われるので、遺伝子組み換え食品やホルモン剤の投与、農薬の多投などが気になるところです。

 何より、気候変動が大きくなっている中で、食料自給は最優先の課題であるにも関わらず、それが置き去りにされるのではないかとの懸念があります。自由貿易が益々進み、地球温暖化へのマイナス影響もあるでしょう。

 私の提案は、自由貿易の仕組みを維持した中で、重量や輸送距離に応じた関税をかけることです。それによって、環境負荷の低い流通が促されることになります。農水産物などの食料は、食料自給率100%を達成するまでは、補助金などの投入を認め、それを上回るものについて、完全な自由化という仕組みも考えられます。

 とにかく経済成長を進めるために、全ての関税をゼロに目指すのは、他の課題を見ずに、あまりにも極端な考え方のように思えます。

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    巣鴨の縁日開催に「理解できず」

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    「アベノマスク」政策炎上の正体

    千正康裕

  3. 3

    政府は医療現場の現実見ているか

    やまもといちろう

  4. 4

    東京の移動減少はすでにNY以上か

    篠田 英朗

  5. 5

    買い溜めで混乱 姿を消す食品は

    BLOGOS編集部

  6. 6

    日本は既に緊急事態宣言の状態か

    自由人

  7. 7

    緊急事態宣言 貧困層へ補償急げ

    藤田孝典

  8. 8

    決戦迎える原油戦争 減産合意か

    ヒロ

  9. 9

    小池知事のカタカナ語批判に反論

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    コロナの国難にも他人事な政治家

    松田公太

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。