記事

何故、私が韓国を批判しなければならないんだろう? 右翼の韓国批判大合唱の異様性 これは国内問題なんですよ

 この間、私は韓国政府への安倍政権の対応を批判する意見をいくつも述べてきましたが、私に対するピンぼけ批判が多いのには心底、驚かされます。

 反日だ、日本から出て行けとか、韓国人だろとかいう低次元のものはいつもながらに、この問題の根底にあるものが何なのかについて思い至らせてくれます。

 それはともかく、韓国政府を批判しないのはおかしいという類のものも、どうなんだろうと思うわけです。

 私は、日本の有権者の1人として安倍政権の対応を批判しているのですね。

 みんなで韓国批判の大合唱をしたいわけでは全くありませんし、ここで韓国政府批判の大合唱をして何か意味があるんですか。

 韓国政府が対応を間違ったんだ、だから批判して当然だ!

 安倍政権の対応に問題があったとしても元々の悪さをしたのは韓国政府じゃないか!

 私がどのような観点から安倍政権の対応を批判したのか、まるでご理解頂けていないのが残念です。

 というよりも最初から嫌韓、安部晋三氏が大好きだという観点からの嫌韓を声高に叫んでいるだけなんですね。

 韓国が嫌いだろうと、安倍晋三氏が大好きだろうと関係のないことで、今回の件の安倍政権の対応が問題をこじらせているだけだろうということなので、その点は冷静に考えた方がいいですよということです。

 個人的な感情で対処すべき問題ではありません。
自民党政権であっても安倍氏以外が首相ならここまで日韓関係をグチャグチャにしなかっただろうね

国家間の関係に私情を挟んじゃダメね!
いらすとや

 こう考えたら、私が韓国政府を批判することに意味がないと考えているだけでなく、韓国政府の対応を批判せよというのが的外れだということもわかろうと思うのだけれど、嫌韓思想に凝り固まってしまった人たちにはわからないらしい。

 ある意味、これは両立しない問題であり、まさに国内問題なんですけれどね。

 韓国に対して制裁だ、断交だなんて言っている人たちに惑わされる人たちはいないとは思うけれど(本気でそのような政策を実施したらアホレベルですよね)、どうしてもこうした声ばかりが目立つので、韓国を批判しないとダメなのかなという気持ちにもさせられてしまかもしれないし、それ以上に黙っておいた方が無難という気持ちになりがち。

 ネット界特有の現象だけれど、国会議員まで冷静さを失って、こういった煽りの声に迎合してはならないのです。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ブラタモリの余計な演出に興ざめ

    メディアゴン

  2. 2

    ザギトワを追い込んだロシアの闇

    WEDGE Infinity

  3. 3

    無印敗訴 偽物が勝つ中国に懸念

    岩田温

  4. 4

    街宣右翼に山本太郎氏「おいで」

    田中龍作

  5. 5

    よしのり氏 枝野氏は認識が甘い

    小林よしのり

  6. 6

    秋山パロ動画に抗議「侮辱行為」

    水島宏明

  7. 7

    日本の情緒的な石炭維持論は問題

    鈴木馨祐

  8. 8

    日本へ歩み寄る韓国 背景に民意

    NEWSポストセブン

  9. 9

    よしのり氏「化石賞」報道に苦言

    小林よしのり

  10. 10

    LINEに不正アクセス多発 対策は

    田野幸伸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。