記事

何故、私が韓国を批判しなければならないんだろう? 右翼の韓国批判大合唱の異様性 これは国内問題なんですよ

 この間、私は韓国政府への安倍政権の対応を批判する意見をいくつも述べてきましたが、私に対するピンぼけ批判が多いのには心底、驚かされます。

 反日だ、日本から出て行けとか、韓国人だろとかいう低次元のものはいつもながらに、この問題の根底にあるものが何なのかについて思い至らせてくれます。

 それはともかく、韓国政府を批判しないのはおかしいという類のものも、どうなんだろうと思うわけです。

 私は、日本の有権者の1人として安倍政権の対応を批判しているのですね。

 みんなで韓国批判の大合唱をしたいわけでは全くありませんし、ここで韓国政府批判の大合唱をして何か意味があるんですか。

 韓国政府が対応を間違ったんだ、だから批判して当然だ!

 安倍政権の対応に問題があったとしても元々の悪さをしたのは韓国政府じゃないか!

 私がどのような観点から安倍政権の対応を批判したのか、まるでご理解頂けていないのが残念です。

 というよりも最初から嫌韓、安部晋三氏が大好きだという観点からの嫌韓を声高に叫んでいるだけなんですね。

 韓国が嫌いだろうと、安倍晋三氏が大好きだろうと関係のないことで、今回の件の安倍政権の対応が問題をこじらせているだけだろうということなので、その点は冷静に考えた方がいいですよということです。

 個人的な感情で対処すべき問題ではありません。
自民党政権であっても安倍氏以外が首相ならここまで日韓関係をグチャグチャにしなかっただろうね

国家間の関係に私情を挟んじゃダメね!
いらすとや

 こう考えたら、私が韓国政府を批判することに意味がないと考えているだけでなく、韓国政府の対応を批判せよというのが的外れだということもわかろうと思うのだけれど、嫌韓思想に凝り固まってしまった人たちにはわからないらしい。

 ある意味、これは両立しない問題であり、まさに国内問題なんですけれどね。

 韓国に対して制裁だ、断交だなんて言っている人たちに惑わされる人たちはいないとは思うけれど(本気でそのような政策を実施したらアホレベルですよね)、どうしてもこうした声ばかりが目立つので、韓国を批判しないとダメなのかなという気持ちにもさせられてしまかもしれないし、それ以上に黙っておいた方が無難という気持ちになりがち。

 ネット界特有の現象だけれど、国会議員まで冷静さを失って、こういった煽りの声に迎合してはならないのです。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  3. 3

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  4. 4

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  5. 5

    ガンの民間療法に走る著名人たち

    文春オンライン

  6. 6

    小6女子がひきこもり終えた瞬間

    不登校新聞

  7. 7

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

  8. 8

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    生卵の少年を称賛 人権派に疑問

    清谷信一

  10. 10

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。