記事

朝日新聞の錯乱した社説

今朝の朝日新聞の社説は異常な内容だった。
格差拡大を憂いているようだが、それはグローバリズムの結果ではないか!

新自由主義・自由貿易・弱肉強食の結果として、資本が国外に流出する一方になるのを恐れ、法人税を下げて、消費税を引き上げるという政策を取れば、貧困層が膨張し続けるのは当たり前だ。

朝日新聞はグローバリズム礼賛主義なんだから、格差は容認する立場のはず。
格差はイヤだ、グローバリスムは賛成、というのは赤子の駄々っ子も同然の主張だろう。

そしてグローバリズムに反対する欧州各国のナショナリズムを否定するのだから、もはや支離滅裂のアホ新聞と言わざるを得ない。

自称リベラルはマイノリティーを擁護する偽善を吐きつつ、弱肉強食を礼賛する。
全マスコミが今はそんな調子だからどうしようもないけどね。

あわせて読みたい

「朝日新聞」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。