記事

孤独と一人は同じじゃない

ここ最近、「孤独死」を忌避する方向で取り上げるメディアが多いように感じます。

孤独は幸せではないという考えが根底にあるのでしょうか...

「ひとりで死ぬのは怖くない」と五木寛之が直言しているという宣伝記事が文春オンラインに掲載されています。

「ひとりで死ぬのは怖くない」86歳の"孤独の達人"五木寛之が直言ーー文藝春秋特選記事 | 文春オンライン

誰に指摘されずとも、生まれる時も、死ぬ時も基本一人なことは自明。それがどうしてこうも話題になるのでしょうか?

先週アマゾンで「ラッキー」という映画を見ました。

画像出典:映画『ラッキー』公式サイト - UPLINKより

90歳の気難しい現実主義者が人生の終盤で悟る、「死とはなにか」を描いた映画です。

「死」について哲学的な問いを投げかけた映画はきっとたくさんあると思います。

わたしにとって、この映画のポイントは主人公が現実主義者であるということ。

神を信じない人間が「死」という現実に向き合った姿を描いているものとして新たな視点を提供してくれる点でこの映画を評価しています。(冒頭紹介した五木寛之は「孤独死」に対し、「幸福で、豊かな死」を提言しているそうですので、「文藝春秋」12月号を手にすることがあれば読んでみようと思います)

「孤独死」を忌避する傾向は、結局、終活ビジネスに関連して「孤独死」を不幸せに演出すことが商売につながることがすべてとは言いませんが一因としてあるような気がします。

他方映画ラッキーの主人公は死に対して「怖いんだ」と打ち明けるシーンが予告にも登場します。

そして、この映画を見たほぼ全員がこの言葉の意味をじっくり考えることになります。その言葉は

"孤独"と"一人"は同じじゃない

※映画本編では、"孤独"と"一人暮らし"は一緒じゃないとのテロップ

信仰がある人がこの言葉を使う場合と、無神論者が言う、"孤独"と"一人"は一緒じゃないという言葉の解釈は非常に考えさせられるものがあるとわたしは考えるのですが、いかがでしょうか。

P.S.
"独り(アローン)"の語源は"みんな一人(オール・ワン)"なんだというセリフもすごい気になっているのですが、まだ真偽を確かめるには至っていません。

あわせて読みたい

「孤独死」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

  8. 8

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  9. 9

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  10. 10

    ワクチン接種の義務付けをめぐる「公共の福祉」と「個人の自由」日本とアメリカで違い

    中村ゆきつぐ

    06月21日 08:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。