記事

孤独と一人は同じじゃない

ここ最近、「孤独死」を忌避する方向で取り上げるメディアが多いように感じます。

孤独は幸せではないという考えが根底にあるのでしょうか...

「ひとりで死ぬのは怖くない」と五木寛之が直言しているという宣伝記事が文春オンラインに掲載されています。

「ひとりで死ぬのは怖くない」86歳の"孤独の達人"五木寛之が直言ーー文藝春秋特選記事 | 文春オンライン

誰に指摘されずとも、生まれる時も、死ぬ時も基本一人なことは自明。それがどうしてこうも話題になるのでしょうか?

先週アマゾンで「ラッキー」という映画を見ました。

画像出典:映画『ラッキー』公式サイト - UPLINKより

90歳の気難しい現実主義者が人生の終盤で悟る、「死とはなにか」を描いた映画です。

「死」について哲学的な問いを投げかけた映画はきっとたくさんあると思います。

わたしにとって、この映画のポイントは主人公が現実主義者であるということ。

神を信じない人間が「死」という現実に向き合った姿を描いているものとして新たな視点を提供してくれる点でこの映画を評価しています。(冒頭紹介した五木寛之は「孤独死」に対し、「幸福で、豊かな死」を提言しているそうですので、「文藝春秋」12月号を手にすることがあれば読んでみようと思います)

「孤独死」を忌避する傾向は、結局、終活ビジネスに関連して「孤独死」を不幸せに演出すことが商売につながることがすべてとは言いませんが一因としてあるような気がします。

他方映画ラッキーの主人公は死に対して「怖いんだ」と打ち明けるシーンが予告にも登場します。

そして、この映画を見たほぼ全員がこの言葉の意味をじっくり考えることになります。その言葉は

"孤独"と"一人"は同じじゃない

※映画本編では、"孤独"と"一人暮らし"は一緒じゃないとのテロップ

信仰がある人がこの言葉を使う場合と、無神論者が言う、"孤独"と"一人"は一緒じゃないという言葉の解釈は非常に考えさせられるものがあるとわたしは考えるのですが、いかがでしょうか。

P.S.
"独り(アローン)"の語源は"みんな一人(オール・ワン)"なんだというセリフもすごい気になっているのですが、まだ真偽を確かめるには至っていません。

あわせて読みたい

「孤独死」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナ対策は菅内閣にも直結 東京の新規感染者数が5000人超えなら菅内閣はもたない

    田原総一朗

    07月28日 14:43

  2. 2

    東京3000人は五輪強行開催によるモラル崩壊の証。もう誰も自粛しない

    かさこ

    07月28日 08:46

  3. 3

    西村大臣の酒類販売事業者への要請撤回 首相官邸の独断に官僚からも疑問の声

    舛添要一

    07月28日 08:34

  4. 4

    「きれいごとだけでは稼げない」週刊文春が不倫報道をやめない本当の理由

    PRESIDENT Online

    07月28日 12:30

  5. 5

    テスラのマスク氏、豪邸売払い、500万円の狭小住宅暮らし!

    島田範正

    07月28日 15:45

  6. 6

    逮捕されても臆することなく、取材を続けよう〜田原総一朗インタビュー

    田原総一朗

    07月28日 08:07

  7. 7

    上司も部下も知っておきたい 「1on1」を機能させるためのコツ

    ミナベトモミ

    07月28日 12:00

  8. 8

    ロッキンは中止する必要があったのか?〜7 /8の議院運営委員会で西村大臣に質疑を行いました〜

    山田太郎

    07月28日 09:58

  9. 9

    東京都の感染者数が3177人に いよいよ菅政権と小池都政の人災であることは明白

    井上哲士

    07月28日 18:48

  10. 10

    首都圏3県の緊急事態宣言、要請あれば緊張感持って連携=官房長官

    ロイター

    07月28日 20:24

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。