記事

【93カ月目の福島はいま】「国は福島県民の想いに寄り添っていますか?」~モニタリングポスト撤去問題の住民説明会で〝避難指示区域外〟に住んでいる人々が訴えたかった事

1/3

「リアルタイム線量測定システム」と呼ばれるモニタリングポスト(MP)の撤去計画問題で、原子力規制庁主催の住民説明会が今年6月から11月にかけて、福島県内15市町村で開かれた。そこでは、政府の避難指示が出されなかった区域で暮らしている人々の怒りや不安など様々な想いが噴出した。

いまだ原子力緊急事態宣言下の福島。原発事故後、避難指示区域外の人々がどんな想いで暮らして来たかを考えたい。かなり長くなるが、これでもごくごく一部。頭ごなしに「そんなに不安なら避難すれば良いじゃないか」と言わず、まずは読んで欲しい。

【「自分の目で確かめて安心したい」】

住民説明会で最も多かった声は当然、空間線量が下がった事を理由にMPの撤去を打ち出してきた原子力規制委員会への怒りであり、国への不信感。目に見えない放射性物質の存在を唯一、日常的に目で確認出来るのがMP.その撤去理由に「税金の使い道」まで挙げられては、住民たちが怒るのも当然だ。

▼「事故は今後起きないという保証はありませんね。さすがにこれは規制庁も言えないでしょう、それは。あったときに、我々は何を目安にして逃げるんですか。モニタリングポストを撤去ありきではなくて、私らの立場に立ってほしいと。国民の立場に立って物事を考えてほしい。絶対に減らすべきでない。それどころか、私の実感としては電柱の数ほど設置すべきだ」(郡山市の男性)

▼「やはり僕たちは目で見る、数字で見るというのが一番こう自分でも安心すると思うんです。だから、やはりこの今設置されているやつを減らさないで欲しいな。むしろ塵もダストも測定して欲しい」(郡山市の男性)

▼「私どもは町内会としては除染に努めていますが、2012年の郡山市の短歌祭では「町内会挙げて除染に精を出すアリが象の背洗うがごとし」という短歌が郡山市長賞になっています。河川敷とそのそばの通学路などにも設置していただきたい」(郡山市の女性)

▼「森林は全然除染していないので、まだ高いのは当たり前。0・23μSv/h以下になったから年間1mSv以下だよという話は間違い。それは街に暮らしている人の話であって、やっぱり農業者とか林業をやっている人は全然違うよという認識は、やっぱりちょっと持っていて欲しい」(福島市の男性)

▼「モニタリングポストの維持費の6億円は、なぜ税金なんでしょうか。東京電力に払ってもらうわけにいかないんでしょうか」(福島市の女性)

▼「我々は復興税、福島だけではありませんけれど、復興税を取られているわけですよね。だから、そういうことを考えると、今、国の政策として、30億かどうかわかりませんけれども、予算の関係でとこう言われても、こうして復興税まで払っている状況の下で、やはり予算の話は聞きたくない」(福島市の男性)

▼「そもそもは私たちの税金から払っているのはおかしい」(福島市の女性)

▼「我々は税金を払っていますので、我々の税金を、皆さんは我々のために取ってきていただくのが筋だと思います。予算の問題があるので設置継続出来ないんですよという言い方をされると、何かすごい不安になってしまいます」(白河市の男性)

▼「予算の話をするのであれば、何か今盛んに言っていますけれども、アメリカから買おうとしている陸上配備型イージスなんて4000億かかるとかって言っているわけでしょう、これ。私はやっぱり金の使い方だと思うんです」(郡山市の男性)

▼「福島市民の思いというのは、恐らくこのような短時間で語り尽くせるものではない」(福島市の男性)

▼「浪江のように、ここでも山火事が起こらないと言い切れない」(二本松市の男性)

▼「一時的に訪問する観光客などの配慮をするよりも、毎日、原発事故の影響のもとで不安な毎日を過ごしている県民のことを優先すべきだと思っています。モニタリングポストが撤去されれば、観光客や外国の方々が、もう福島県で原発事故が終わったというふうに認識して、そして、その認識のもとで、もう原発は終わっているんだからといって福島県民を切り捨てることになっていくんじゃないかという不安がある」(白河市の男性)

▼「自分の目で確かめて安心したいというのは、住民として当然の当たり前の気持ちではないでしょうか。その辺、理解してもらえているんでしょうか。それを無理して撤去したいとする姿勢を、私は全く理解できません」(いわき市の男性)





福島県内15市町村で開かれた住民説明会。テーマは「モニタリングポスト撤去の是非」だったが、住民の意見はそれにとどまらず、原発事故後に抱えている様々な不満が噴出した

あわせて読みたい

「福島第一原発事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GACKT お金と違い時間は戻らない

    かさこ

  2. 2

    支持率-12ポイント 菅政権の過ち

    舛添要一

  3. 3

    感染ゼロを求めない日本は理想的

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    EUで感染再拡大 自由移動の悲劇

    木村正人

  5. 5

    日本が何度沖縄を踏みにじったか

    Chikirin

  6. 6

    瀬戸大也イバラの道 海外で驚き

    WEDGE Infinity

  7. 7

    ウォール街の期待はバイデン勝利

    WEDGE Infinity

  8. 8

    公明・山口氏の的確な都構想演説

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    自民に必要な中曽根氏の外交感覚

    山内康一

  10. 10

    甘利氏の傲慢対応 菅自民を危惧

    郷原信郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。