記事

バンク・オブ・アメリカ -- 住宅ローン滞納者に朗報

住宅バブルの崩壊、金融危機、高失業率などが重なり、米国には毎月の住宅ローンを支払うことができない人が多数いる。もちろん、4カ月、6カ月と支払いが遅れると住宅は差し押さえられ、言うまでもなく家から追い出されることになる。

バンク・オブ・アメリカがこんな事を試験的に実施する。

・先ず、対象になるのはバンク・オブ・アメリカで住宅ローンを組んだ人に限られる。
・ローンの支払いが60日以上遅れていること。
・差し押さえを回避するために既存ローンの調整、またはショートセールなどを銀行側と既に話し合ったが、どれも成立することはなかった。
・現在の住宅価値と比較した場合、ローンの残高が多額であること。
・最終的に差し押さえになる可能性が極めて高いこと。
・住宅ローン以外に住宅担保ローンなどが組まれていないこと。
・住宅に現在も住んでいること。

もし以上全ての条件を満たす場合は、住宅の所有権と引き換えに、バンク・オブ・アメリカは住宅の差し押さえをしない。もちろん、居住者は引き続き家に住むことができるが、毎月の家賃を支払う必要がある。要するに、自宅所有者(home owner)を借家人(Renter)に変えて、毎月家賃を取ろうという計画だ。

残りの条件を見てみよう。

・住宅の所有権を銀行へ引き渡し、銀行側は住宅ローンの残高を完全に帳消しにする。 ・銀行の定めた家賃を払うことができるだけの収入があること。家賃は毎月の住宅ローンの支払い額より低い。
・住宅には最高3年間住むことができる。

バンク・オブ・アメリカは、アリゾナ州、ネバダ州、そしてニューヨーク州に在住する約1000人の人たちに、試験的にこのプログラムを実施する。

皆さんは、このアイデアをどう思われるだろうか。pecan 3.14159265は、こんなことを書いている。

「良いアイデアのような気がします。しかし、家賃がローンの支払いより安くなると言っても、いったいどこまで安くなるのでしょう。ローンの滞納者は経済的に苦しいわけですから、家賃の支払いも難しいと思います。もし月々のローンの支払いが2000ドルだった場合、バンク・オブ・アメリカは、家賃を500ドルまで引き下げてくれるのでしょうか。」

あわせて読みたい

「バンク・オブ・アメリカ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    KDDI「povo」への批判はお門違い

    自由人

  2. 2

    PCR検査で莫大な利益得る医院も

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    橋下氏 いま日本は「欠陥の車」

    橋下徹

  4. 4

    菅首相発言に漂う日本崩壊の気配

    メディアゴン

  5. 5

    渡邉美樹氏 外食産業は崩壊危機

    わたなべ美樹

  6. 6

    菅首相発言が「絶対アカン」理由

    郷原信郎

  7. 7

    青学・原監督の改革を学連は黙殺

    文春オンライン

  8. 8

    慰安婦判決は異常 迷走する韓国

    コクバ幸之助

  9. 9

    コロナ偏見を生む報道を抑制せよ

    青山まさゆき

  10. 10

    電車止めない政府 危機感の甘さ

    諌山裕

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。