記事

米国なきTPPこそ未来の世界の自由貿易体制だ

米国抜きのTPP11がきょう2018年12月30日に発効する。

きょうの各紙はそのことでもちきりだ。

それらの記事を読めばTPPに対する評価がこれまでと一変している。

否定的な評価から積極的な評価になっている。

無理もない。

なにしろ米国が加盟していないからだ。

だから、あたらしいTPP協定には凍結項目が追加された。

つまり、米国の要求で入った知的財産関連などの項目の効力が凍結されることになったのだ。

そもそも、米国の当初のもくろみは、TPPは単なる自由貿易協定ではなく、米国の利益を優先するものであり、おまけに経済協定にとどまらず、米国主導のアジアの安全保障政策を実現する狙いがあった。

その二つがなくなったのだから、TPPの意味は180度変わったのだ。

良くなるはずだ。

このまま米国を排除して、TPPが日本が主導する自由貿易体制になり、そこに中国や韓国が入った自由貿易協定になって行けば、WTOに代わるあらたな世界の自由貿易協定に発展する可能性すらある。

どの国でも守らなければいけない保護産業はある。

日本の農業はそうだとすれば、そうすればいいのだ。

お互いに守るべきところは守り合って、全体として緩やかに自由貿易体制を広げていけばいいのだ。

それを日本が主導して実現していけばいいのだ。

米国が入って米国優先主義を振りかざすからすべてがだめになるのだ。

ところが安倍政権は米国の参加を待っているという。

どこまで対米従属なのか。

どこまで思考停止なのか。

安倍政権はどうしようもない無能政権であるということである(了)

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    致命傷にはならないだろうが、やはり菅さんが受けた傷は深い

    早川忠孝

    02月25日 19:06

  2. 2

    スター・ウォーズファンたちが熱狂の『マンダロリアン』 日本のサムライ影響?

    BLOGOS映像研究会

    02月26日 07:09

  3. 3

    「過去最大の赤字よりマズい」電通が五輪中止より恐れている"最悪のシナリオ"

    PRESIDENT Online

    02月25日 19:10

  4. 4

    愛知のリコール不正疑惑、維新の「組織的な関与」の有無と責任について

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    02月26日 09:43

  5. 5

    迷走続ける菅政権 首相を苦しめる「成り上がり」のジレンマ

    御田寺圭

    02月25日 10:59

  6. 6

    「パラ選手を宣伝だけに使うな」―一年延期で契約終了―

    笹川陽平

    02月26日 08:21

  7. 7

    総務省の接待問題は森友・加計学園疑惑と同じ構図 首相の責任も重い

    畠山和也

    02月26日 09:10

  8. 8

    根絶された病気が再出現の恐れも コロナで加速する医療崩壊

    田中龍作

    02月26日 08:08

  9. 9

    【読書感想】ロシアを決して信じるな

    fujipon

    02月25日 10:14

  10. 10

    久保田智子44歳 20代で「子供は難しいでしょう」…特別養子縁組で親になるまで 「文藝春秋」3月号「巻頭随筆」より - 久保田 智子

    文春オンライン

    02月25日 15:33

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。