記事

米国なきTPPこそ未来の世界の自由貿易体制だ

米国抜きのTPP11がきょう2018年12月30日に発効する。

きょうの各紙はそのことでもちきりだ。

それらの記事を読めばTPPに対する評価がこれまでと一変している。

否定的な評価から積極的な評価になっている。

無理もない。

なにしろ米国が加盟していないからだ。

だから、あたらしいTPP協定には凍結項目が追加された。

つまり、米国の要求で入った知的財産関連などの項目の効力が凍結されることになったのだ。

そもそも、米国の当初のもくろみは、TPPは単なる自由貿易協定ではなく、米国の利益を優先するものであり、おまけに経済協定にとどまらず、米国主導のアジアの安全保障政策を実現する狙いがあった。

その二つがなくなったのだから、TPPの意味は180度変わったのだ。

良くなるはずだ。

このまま米国を排除して、TPPが日本が主導する自由貿易体制になり、そこに中国や韓国が入った自由貿易協定になって行けば、WTOに代わるあらたな世界の自由貿易協定に発展する可能性すらある。

どの国でも守らなければいけない保護産業はある。

日本の農業はそうだとすれば、そうすればいいのだ。

お互いに守るべきところは守り合って、全体として緩やかに自由貿易体制を広げていけばいいのだ。

それを日本が主導して実現していけばいいのだ。

米国が入って米国優先主義を振りかざすからすべてがだめになるのだ。

ところが安倍政権は米国の参加を待っているという。

どこまで対米従属なのか。

どこまで思考停止なのか。

安倍政権はどうしようもない無能政権であるということである(了)

あわせて読みたい

「TPP」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  2. 2

    電通らが甘い汁を吸う給付金事業

    青山まさゆき

  3. 3

    コロナが炙り出す質低い大人たち

    毒蝮三太夫

  4. 4

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  5. 5

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    報道番組をエンタメにしたTVの罪

    メディアゴン

  7. 7

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  8. 8

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  9. 9

    ガールズバーと混同 バーが怒り

    木曽崇

  10. 10

    百恵さんの配信解禁 若者も絶賛

    女性自身

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。