記事

息子とも絶縁「貴乃花」なぜすべての人を捨て去るのか

「愛情がなくなりました」

 1993年1月、まだ20歳だった元貴乃花親方(46)の、婚約者・宮沢りえ(45)への冷たい発言である。

 当時、人気絶頂だった2人のビックカップル誕生に世間は沸いたが、婚約会見からわずか2カ月後に破局。あれから25年。元貴乃花親方は、一度は信頼した人物と、修復不可能な絶縁を繰り返している。

 兄・花田虎上氏(47)との兄弟喧嘩は有名だ。「若貴フィーバー」で相撲界を牽引した2人だが、常に比べられたこともあり、いつしか口もきかなくなった。元貴乃花親方も兄のことを「まさる氏」と呼ぶなど、現役時代から確執が始まっていた。

 2人の不仲が表面化したのは、2005年、先代・貴乃花の葬式の喪主をめぐっての対立だった。遺骨の管理や遺産相続について意見が合わず、溝が深まった。母・藤田紀子さん(71)は今でも息子への愛を語るが、元貴乃花親方は母に携帯番号を教えていないという。

 2018年、元フジテレビアナウンサーだった河野景子さんと離婚。理由の1つに、靴職人である息子・優一の芸能活動があげられている。

『週刊文春』(12月27日号)は、元貴乃花親方を独占インタビューしている。そこには息子への絶縁ともいえる言葉が書かれていた。

「(息子が)職人を語る以上、チャラチャラと表に出ている暇があったら、靴を作って土台をしっかり築くべき。まずは一流の職人になるのが先ですよ。タレントになりたいのなら、中途半端に靴職人の肩書きを使っちゃいけない。本当の職人さんに対して失礼です。

  自分に力がないのに、親の名前でメシを喰おうとしているのが現状です。今はチヤホヤされるかもしれないけど、世の中はそんなに甘くない。我が子ながら恥ずかしくないのかと思います。私の靴ですか?  もちろん作らせていません。百年早いですよ」

 景子夫人は、優一が番組撮影で海外に行った際に同行するなど、大人になってからも溺愛してきた。だが、そんな様子も、元貴乃花親方には我慢ならなかったのだろう。

 見捨ててきたのは、息子だけではない。

 自身が相撲界から引退するきっかけとなった暴行事件の被害者である元弟子・貴ノ岩(28)が、暴力事件を起こし電話をかけてきたときも、「出なかった。10年は会わない」と美談のように語っていた。愛弟子の裏切りに対し、冷たく突き放した形だ。

 いったんはわかり会えた人間とも、結局は距離をおいてしまう孤高の男。元貴乃花親方を入門時からよく知る、相撲レポーターの横野レイコさんはこう語る。

「よくも悪くも、思い込んだらまっすぐ。中途半端なことはできない人なんです。極端で、白か黒どちらかしかない。だからちょっとしたことで仲違いしてしまうし、それは親兄弟でも同じなんです。その性格は昔から変わりません」

 自分自身の考えを変えず、息子まで捨て去った。元貴乃花親方の2019年は、明るい1年になるのだろうか。

あわせて読みたい

「貴乃花」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    エロい胸元 選挙ポスターが物議

    田野幸伸

  2. 2

    浅田真央が3日連続「同伴帰宅」

    女性自身

  3. 3

    西村大臣 感染対策に努力強調

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    また夜の街と発言 都知事に非難

    女性自身

  5. 5

    日本は中国批判を止め自衛せよ

    日本財団

  6. 6

    尾身氏の述べる感染対策が具体的

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    北海道のコロナ対応に疑問相次ぐ

    畠山和也

  8. 8

    富岳 南海トラフ地震も予測可能

    SmartFLASH

  9. 9

    夜の街巡る上から目線要請に苦言

    ABEMA TIMES

  10. 10

    東京の感染者100人超に慌てるな

    ABEMA TIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。