記事

K-POP全盛時代に、韓国で竹内まりやが流行る理由 「日本の80年はこんなにトレンディだったのか」 - 筧 真帆

1/2

韓国で20代のミュージシャンたちに最近どんな音楽を聴いているのか尋ねると、「日本の《シティポップ》」という答えが返って来た。

【動画】韓国の人気歌手が発表したシティポップ風の楽曲

とあるK-POPグループのメンバーは、「竹内まりやの『プラスティック・ラブ』をきっかけにシティポップを聴くようになった」と言い、また別の機会にはソウルのとある店でバーテンダーが意気揚々と、「最近韓国では、日本のシティポップが流行なんですよ」と山下達郎の「RIDE ON TIME」をBGMに流しだす。さらに別の日にカフェでお茶をしていると、ハイ・ファイ・セットが流れてきた。これらすべてが、この半年~1年以内にソウルの街で経験したことだ。

竹内まりや ©文藝春秋

シティポップとは70年代後半から80年代に生まれた、その名の通り都会的で洗練されたポップな音楽のこと。元々は黒人音楽を取り入れ日本的に消化した音楽だが、ニューミュージックやAORも包括して指すことが多い。

ここ3~4年、日本では次世代シティポップと言われるSuchmos(サチモス)、Nulbarich(ナルバリッチ)、Awesome City Club(オーサムシティクラブ)、never young beach(ネバーヤングビーチ)等々のバンドが次々と台頭し、韓国でも早耳な音楽フリークには、昨年ごろから日本の次世代シティポップが届き始めていた。しかし、筆者の実感では、約30年前の元祖シティポップのほうが、むしろ存在感を持って韓国に浸透している。

竹内まりやの「プラスティック・ラブ」が再評価された理由

シティポップの再流行は韓国に留まらず、世界中で起きている。2010年頃から、80年代の音楽をサンプリング音源にしたDJ音楽「ベイパーウェーブ」「フューチャー・ファンク」などのジャンルにおいて、日本のシティポップも掘り起こされ、次第にサンプリングの原曲へもスポットが当たり始めた。

中でも、竹内まりやの「プラスティック・ラブ」は、YouTubeで2400万再生を超え、コメント欄は海外からの賞賛で埋め尽くされていた(違法アップロードのため、現在は削除)。海外の音楽メディアで紹介されたことや、アルバムジャケットに写る神秘的かつチャーミングな竹内まりやのルックスなど、シティポップの中でも「プラスティック・ラブ」がスポットライトを浴びるようになった理由は複数あるが、もっとも大きな理由はYouTubeでの拡散だろう。いまやシティポップの代名詞=“竹内まりやの「プラスティック・ラブ」”という図式になった。

Google Trendsで、全世界を対象に「takeuchi mariya」のワードの人気動向を見ると、2017年夏ごろから一気に上昇。面白いのが、韓国での動向がもっとも大きいことだ。

流行のきっかけは元K-POP女性グループメンバーの曲

少し前までコア層の間でのみ支持されていたシティポップが韓国でも広く認知されたきっかけは、今年の6月。少女時代と並んでK-POPの代表的な女性グループとして人気を博した「ワンダーガールズ」出身のソロアーティスト・ユビンによる2曲入りシングル『都市女子』に収録の「都市愛」のティーザー(予告映像)がアップされると、「プラスティック・ラブ」に似ているという指摘が出て発表がを中止された。結果、もう1曲のシティポップに歌謡曲を加味した「淑女」のみリリース。“2018年版のシティポップ”と打ち出してユビンは話題化に成功した。

7月には、女性ソロアーティストのペク・イェリンが久保田利伸の「LA・LA・LA LOVE SONG」を、あえて日本語歌詞のままでシティポップ調にアレンジした曲を発表。こうしたメインストリームのアーティスト達がシティポップを楽曲に取り入れたことが、韓国で一気に知名度を上げたと推測できる。

なお、先に紹介した音楽ジャンル、フューチャー・ファンクのDJとして世界的に活躍している1人が、韓国人のNight Tempoだ。シティポップの価値を早くから見出し、多くの楽曲を今風にアレンジして発信し続けていることも、この流行の波に貢献していると言えるだろう。

あわせて読みたい

「音楽」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  3. 3

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  4. 4

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  5. 5

    ガンの民間療法に走る著名人たち

    文春オンライン

  6. 6

    小6女子がひきこもり終えた瞬間

    不登校新聞

  7. 7

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

  8. 8

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    生卵の少年を称賛 人権派に疑問

    清谷信一

  10. 10

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。