記事

2018年中国の流行語「佛系」 語源は日本の「草食系」

 年の瀬になれば「流行語」が話題になるのは日本ばかりではない。中国の情勢に詳しい拓殖大学海外事情研究所教授の富坂聰氏がレポートする。

 * * *
 春節(旧正月)が主流の中国であっても、12月ともなれば否が応でも年越し気分は盛り上がる。メディアには、今年一年を振り返る企画があふれるのである。

 その一つとして恒例なのが、党中央機関紙『人民日報』が発表する〈2018年十大流行語の解説〉(12月3日)である。

 ノリとしては、日本の流行語大賞のようなものだが、誰かが表彰されるわけではない。ネットの中に頻出した「新語」を同紙がランク付けして、解説するというものだ。別に、政治的な意図があるわけではないので、世相がよくわかって便利でもある。

 さて、今年選ばれたワードが何であったかであるが、面白かったのは、やはり第一位が習近平にかかわるワードで「運命いずれにしても共同体」であったこと。

 中国のメディアは、ネットメディアも含めて必ずトップニュースを習近平関連のものにしなければならないのだが、ここにもきちんと反映されたというわけだ。

 さて、であるから本当のベストテンはこの後になるのだが、第2位が「錦鯉」。これは幸運の意味で使われる言葉だが、いまひとつピンとこない。第3位の「店小二」と「教科書式」は、いずれも官僚の住民サービスの姿勢を示したもの。ごく小さな店の店主のように人民にサービスするという意味の「店小二」。取り締まりをきちんと法律の範囲で行うことを意味する「教科書式」である。

 興味深かったのは、外国に関係する言葉がいくつか見られたことだ。一つは、日本から輸入して流行語となった「佛系」である。

 語源は日本の「僧職系」であり、その奥にあるのは「草食系」である。つまり、そもそも異性に興味の薄い人間を指して使われたのだが、これが転じてあらゆる局面で「穏やかな」、「争いを好まない」、「ガツガツしていない」人々をさして広く使われるようになった。

 例を挙げれば、「佛系生活」、「佛系父母」、「佛系乗客」、「佛系恋愛」などだ。

 また、トランプ現象を受けた言葉では、「退群」がはいった。もともとSNSのグループを抜けるという意味の言葉だが、トランプ政権が誕生後のアメリカが、TPPやパリ協定、ユネスコ、最後にはWTOさえ脱退すると言い出したことを受けて、ネットで大流行したという。

 そして、中国社会のいまを最も如実に表したと思われる流行語は「巨嬰」である。これは公共の場で自分勝手にふるまう大人を指して使われる言葉で、バスや列車での事故や事件につながった世相を反映している。まさに巨大な赤ちゃんというわけだ。

あわせて読みたい

「中国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    毎晩の営み要求に外国人若妻嘆き

    幻冬舎plus

  2. 2

    進次郎氏「デキ婚」に伯母が激怒

    SmartFLASH

  3. 3

    日本に国産戦闘機の開発能力なし

    清谷信一

  4. 4

    香港巡り日本が中国に絶妙な指摘

    やまもといちろう

  5. 5

    福島産食品めぐる韓国主張に呆れ

    木走正水(きばしりまさみず)

  6. 6

    連日のあおり報道許すスポンサー

    いいんちょ

  7. 7

    日米軍事演習 韓国を脅威設定に

    文春オンライン

  8. 8

    五輪招致で大見得を切ったツケ

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

  9. 9

    東京湾汚水 五輪までに浄化可能?

    AbemaTIMES

  10. 10

    大韓航空の減収は韓国側に原因

    鈴木宗男

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。