記事

対北、軍事オプション復活も~2019年を占う~【朝鮮半島】

1/3
金正恩委員長とトランプ米大統領 出典:Wikimedia Commons

朴斗鎮(コリア国際研究所所長)

【まとめ】

・再び「米朝張状態への回帰」の方向に動く可能性高し。

北朝鮮、対話による「核兵器完全廃棄」に応じない場合軍事オプション復活も。

・韓国は「北朝鮮非核化」巡り米側か北朝鮮側か、選択迫られる。

【注:この記事には複数の写真が含まれています。サイトによっては全て表示されないことがあります。その場合はJapan In-depthのサイトhttps://japan-indepth.jp/?p=43419でお読みください。】

朝鮮半島情勢は、2019年も米朝関係中心に展開することが予想されるが、金正恩委員長の非核化措置履行、すなわち「核兵器の申告」があるか否かがキーポイントとなるだろう。

2019年米朝非核化交渉のシナリオとしては、

①金正恩の核申告履行で順調な「米朝非核化対話」の進行

②交渉の停滞で再び米朝緊張状態への回帰

③トランプ大統領の無原則な妥協で北朝鮮の核保有実質認定

の3つが考えられるが、今もって「第2回米朝首脳会談」のための高位級実務会談が行われていない状況であることから、どの方向に進むかは不透明な状態である。もしも2019年前半に意味のある米朝会談がもたれない場合、朝鮮半島はの「再び米朝緊張状態への回帰」の方向に動く可能性が高まると考えられる。

米国は3月までは交渉の雰囲気作りのため、韓米合同訓練である「キー・リゾルブ」「フォールイーグル」訓練は延期すると思われるが、7月までに進展がなかった場合、中止されている8月の「乙支フリーダムガーディアン(UFG)訓練」再開に踏み出す可能性が高い。北朝鮮がこれを口実に長距離ミサイルの追加実験などに出た場合、2017年のような対立激化局面が避けられなくなるだろう。

■スティーブン・ビーガン特別代表の発言に注目

米国務省のスティーブン・ビーガン対北朝鮮特別代表は2018年11月20日、李ドフン韓半島(朝鮮半島)平和交渉本部長との単独会談を行い米韓ワーキンググループ実務陣との全体会議を進める中で、「米朝交渉の推進派も(米国)国内で政治的に追い込まれているうえに、民主党が下院多数党になり、このように時間が流れることを待っているわけにはいかない」との立場を明らかにし、「(米朝対話の)窓が閉められている」という発言を行った。

あわせて読みたい

「米朝首脳会談」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン接種で雰囲気は好転、一方で過激化する「反ワクチン」グループ…正しい知識に基づく感染症対策の継続を

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月13日 08:21

  2. 2

    変異株で若い世代の致死率が上昇した事実はなく、40代50代も実際は4分の1に低下

    青山まさゆき

    06月13日 12:45

  3. 3

    "やっぱりおかしい"消費税 安宿暮らしは「課税」なのに高級マンション家賃は「非課税」

    キャリコネニュース

    06月13日 09:08

  4. 4

    【独自】都監察医務院でワクチン関連死が「剖検」されていない問題

    上田令子(東京都議会議員江戸川区選出)

    06月13日 18:37

  5. 5

    慣例主義の日本は、五輪やコロナのように二分化する議論で進化していく

    ヒロ

    06月13日 11:04

  6. 6

    なぜ台湾は「コロナ劣等生」に急落したのか? - 井上雄介 (台湾ライター)

    WEDGE Infinity

    06月13日 14:45

  7. 7

    森ゆうこ議員「北朝鮮にワクチンを提供せよ」立憲民主党の驚愕の外交センス

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月12日 08:49

  8. 8

    香港民主化の女神、周庭さん釈放

    安倍宏行

    06月13日 13:15

  9. 9

    K‐POPはなぜ世界に進出できた? 現地のクリエイターに聞いた、ファンを熱狂させる“仕掛け”とは 著者は語る『K-POPはなぜ世界を熱くするのか』(田中絵里菜〈Erinam〉 著) - 「週刊文春」編集部

    文春オンライン

    06月13日 11:42

  10. 10

    9浪して早稲田大学に入学した30歳男性「まったく後悔ない」 偏差値41・壮絶いじめからの道のり

    キャリコネニュース

    06月13日 08:31

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。