記事

勝負あり!だが、韓国政府をあまり追い詰めない方がいいだろう

何が何でも隠さなければならない、という立場に追い込まれている人たちがいる。

正直が一つの大事な徳目となっているはずの日本でもあちらこちらで隠し事が横行していたのだから、そういう倫理観を持ち合わせていない方々はどんな証拠を突き付けられても何とか言い繕うとする。

実に見苦しいのだが、生き残るためには絶対に自分の方からは事実を認めることが出来ないのだろう。

気の毒な人たちである。

こういう人たちはしばしば詭弁を弄し、争点外しを試みる。
愚かだなあ、と思うが、ご本人たちはいたって真剣だ。

真顔で否定されると、段々そうかも知れないな、という気になってくるから不思議なものだ。
日本人は大体は人がいいから、騙されやすい。

かつて拉致事件の存在を頑強に否定し続けた国会議員がいた。
衆議院議長まで務めた、憲法学者を名乗るほどの人だったから、結構大勢の方がその方の言説を真に受けたはずだ。

真実がどこにあるか、ということを一般の方々が見極めるのは、実に難しい。
客観的で極めて明白だと普通の人が認めるような証拠を突き付けられても、本人が白を切りとおすと何となく確信が揺らいでくるような感じがすることがあるから不思議なものだ。

まあ、ここは映像の公開に踏み切った日本政府を評価すべきだろう。
韓国側の弁明は、弁明になっていない。

それでも、韓国側をトコトン追い詰めるのは控えた方がいいかも知れない。
日本には、武士の情け、という言葉がある。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「留学ブーム」が終焉したワケ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  2. 2

    イチローが見せた引き際の美学

    文春オンライン

  3. 3

    NGT騒動 背景に総選挙システムか

    宇佐美典也

  4. 4

    山本太郎氏「売国条約を変えよ」

    山本太郎

  5. 5

    ガンの民間療法に走る著名人たち

    文春オンライン

  6. 6

    小6女子がひきこもり終えた瞬間

    不登校新聞

  7. 7

    大阪W選 印象操作を繰り返す自公

    足立康史

  8. 8

    NGT騒動「水面下」はない社会に

    おときた駿(東京都議会議員/北区選出)

  9. 9

    生卵の少年を称賛 人権派に疑問

    清谷信一

  10. 10

    幻想振りまくアベノミクスの実態

    ビデオニュース・ドットコム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。