記事

PayPay、3Dセキュア(本人認証サービス)に1月から対応

 PayPayは、3Dセキュア(本人認証サービス)の対応を来年1月からスタート。あわせて、PayPayでクレジットカードの不正利用の被害にあった人への補償も行うと発表した。

 PayPayは、クレジットカード不正利用の対策として、2019年1月に3Dセキュアに対応する。3Dセキュアとは、事前にカード発行会社に登録したパスワードを入力することで本人認証を行い、不正利用を防ぐ仕組み。3Dセキュアを利用するには、事前にカード発行会社でパスワードの登録を行う必要があるが、決済のたびに入力する必要はない。

 PayPayでは、クレジットカード不正利用の対策のひとつとして12月18日にセキュリティコードを含むクレジットカード情報の入力回数に制限を設けたが、調査の結果、クレジットカード登録時にセキュリティコードを20回以上入力し登録に至った件数がPayPayのサービス開始以来13件あることが判明。クレジットカード情報の入力回数に制限を設けるだけでは根本的な対策にはならないと判断した。

 PayPayにおける不正利用の主な要因は、悪意ある第三者が何らかの方法で、外部で入手したセキュリティコードを含むクレジットカード情報が利用されたことである可能性が高いため、今回の3Dセキュアの対応を決定した。

 また、上記13件のうち、PayPayでの利用があった9件について、カード会社と連携し利用状況を確認したところ、すべて本人による登録と利用であったことが判明している(2018年12月27日時点)。

 PayPayはまた、3Dセキュアの対応が完了するまでの対策として、12月21日に「クレジットカードご利用時の上限金額の設定」を実施。3Dセキュア対応後、3Dセキュアの有無によって、顧客ごとにそれぞれ異なる上限金額の範囲で利用することになる。

 上記の13件(うち9件が本人利用を確認済み)以外にも、調査で判明したセキュリティコードを一定回数以上入力し登録に至ったクレジットカードのなかで、PayPayでの利用があったカードに関して、カード会社と連携を進めている。これらのカードにおいて、カード会社で不正利用の疑いが確認された場合は、カード会社から利用者に連絡し、請求停止や返金等の措置を行うよう要請している。また、返金額についてはPayPayが全額を補償する。

 また、利用者の申告によってカード会社にて不正利用が認められた場合は、同様にカード会社より請求停止や返金等の措置を行い、PayPayが返金額の全額を補償する。

 いずれも補償の際には、カード会社からの不正利用の申請に基づき、加盟店管理会社であるヤフーを経由して、PayPayが不正利用の返金額全額を補償する形になる。

あわせて読みたい

「PayPay」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    コロナ後の日本は失業者増えるか

    ヒロ

  2. 2

    米で広がる分断 アジア人も下層

    WEDGE Infinity

  3. 3

    コロナでトランプ惨敗説が急浮上

    WEDGE Infinity

  4. 4

    給付金寄付の強制は「責任転嫁」

    非国民通信

  5. 5

    渋谷で「一揆」補償巡りデモ行進

    田中龍作

  6. 6

    米の中国批判に途上国はだんまり

    六辻彰二/MUTSUJI Shoji

  7. 7

    テラハ演者 陰湿さ増す悪魔構造

    女性自身

  8. 8

    重症者少ないアジア 人種要因か

    大隅典子

  9. 9

    マイナンバー遅れで残る利権構造

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    ブルーインパルス 文字を描いた?

    河野太郎

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。