記事

TV局が“年末三が日”の特番強化 「復活で感動」狙う番組多い

【レコ大ではDA PUMPに注目が集まる】

 平成最後の年末、テレビ各局もかなり力を入れているようだ。その番組をチェックしてみると、ある特徴が見えてきた。コラムニストでテレビ解説者の木村隆志さんが解説する。

 * * *

   2018年最後の3日間となる29~31日は、土曜、日曜、大みそかで、「例年より3連休になる人が多い」と言われています。

 そんな暦のめぐり合わせを受けて各局は、“正月三が日”と同レベルの力が入った特番を制作。言わば、テレビ業界にとって2018年の29~31日は、“年末三が日”と言えるものほどのチャンスなのです。

 さまざまな特番がある中、注目は“番組、人、物の復活”をフィーチャーしたものが多いこと。

 29日には、1998~1999年に放送されていた『8時だJ』(テレビ朝日系)が20年ぶりに復活。年内で芸能界引退する滝沢秀明さんのほか、嵐、関ジャニ∞、生田斗真さん、山下智久さん、風間俊介さんらが集結し、「最初で最後の大同窓会」が開かれます。

 さらに、『明石家さんまのご長寿グランプリ2018』(TBS系)も放送。同番組は『さんまのスーパーからくりTV』(TBS系)内で2002年まで放送された人気コーナー「ご長寿早押しクイズ」を復活させたものです。

◆DA PUMP、サブちゃん、井岡一翔…

 続く30日の注目は、『第60回輝く!日本レコード大賞』(TBS系)。なかでも注目は、2004年以来14年ぶりに優秀作品賞に選ばれたDA PUMP。『U.S.A』が大賞を獲得したら、年の瀬にふさわしい特大級の復活ストーリーとなるでしょう。

 また、『ニッポンの技で世界を修理 世界!職人ワゴン』(テレビ東京系)は、「世界中の故障や破損した物を日本の職人が復活させる」という特番。『プロ野球戦力外通告 クビを宣告された男達』(TBS系)は「再びプロ野球選手に復活できるか」を追うスポーツドキュメンタリーです。

 今年最後の31日には、『第69回紅白歌合戦』(NHK)に北島三郎さんが5年ぶり出演。『まつり』を歌い、「ひさびさに紅白らしい紅白が復活した」と話題になりそうです。

 民放では『平成最後の大晦日スペシャル!SASUKE2018&ボクシング井岡一翔世界タイトルマッチ』(TBS系)を放送。昨年大みそかに引退表明した井岡さんが復帰後初の世界戦に挑み、日本人初の4階級制覇を目指します。

 年をまたいで放送される『CDTVスペシャル!年越しプレミアムライブ2018→2019』(TBS系)では、中居正広さんのMCが6年ぶりに復活。SMAP解散後、「大みそかの歌番組で中居くんを見られなくなった」と嘆いていたファンを喜ばせるでしょう。

◆「一年の終わり」「平成最後」の視聴者心理

 では、なぜ“年末三が日”に復活をフィーチャーする番組が集中したのでしょうか。

 最大の理由は、日本中の人々が「一年の終わり」として区切りをつける時期だから。各局が「今年もいろいろあったけど、人や物がよみがえるシーンを見て感動したい」「勢いのある新しい番組より、だいたい理解している番組をゆったり楽しみたい」という視聴者心理を踏まえているのです。

 特に今年は「平成最後」という、ひと際大きな区切りの年末。たとえば、もしDA PUMPがレコード大賞を受賞したら「平成最後の年に見事復活!」、井岡一翔さんが勝利したら「平成最後の年に4階級制覇で復活!」、北島三郎さんがサビの歌詞に「平成」を入れて替え歌にしたら、相当盛り上がるでしょう。

 また、テレビ局にとっては、「仕事や学校が休みの人が多い上に、実家に帰省して家族がそろっている」ことが“三が日”の強み。復活をフィーチャーした番組は、どれも世代を超えて感情を共有しやすく、ファミリー視聴に適したものばかりです。

「2018年をしみじみと振り返り、感動で締めくくりたい」という人は、前述した“年末三が日”の番組を積極的に選んで視聴してみてはいかがでしょうか。

【木村隆志】

  コラムニスト、芸能・テレビ・ドラマ解説者。雑誌やウェブに月20本超のコラムを提供するほか、『週刊フジテレビ批評』などの批評番組に出演。タレント専門インタビュアーや人間関係コンサルタントとしても活動している。著書に『トップ・インタビュアーの「聴き技」84』『話しかけなくていい!会話術』『独身40男の歩き方』など。

あわせて読みたい

「テレビ番組」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  2. 2

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  3. 3

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  4. 4

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  5. 5

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  6. 6

    低すぎないか、日本の物価水準

    ヒロ

    06月23日 11:31

  7. 7

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  8. 8

    ”タコ山”だって守られたい?~「TRIPP TRAPP」高裁判決から6年、いまだ見えぬ境界線。

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

    06月23日 10:09

  9. 9

    「すべては首相続投のため」尾身会長の警告さえ無視する菅首相の身勝手な野心

    PRESIDENT Online

    06月23日 08:26

  10. 10

    GAFAの台頭を許したマイクロソフトがここにきて大復活を遂げている理由

    PRESIDENT Online

    06月23日 16:35

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。