記事

公約「東京五輪経費透明化条例」はどこへ?都議会にできることはまだまだあるはず

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

今年も残すところわずか5日。都議選が行われたのが2017年ですから、年末になると残された任期がどんどん少なくなっていくのを感じますね…。

1年を振り返ると共に、私自身も都議選で公約として掲げていたことの進捗状況などを確認しているわけですが、そのうちの一つ「五輪予算の透明化」についてはほとんど実現できておらず、力不足を不甲斐なく思っています。

先日もTweetした本件。五輪予算は都民はおろか、都議ですらその内容を十分に審議できない予算案しか見ることができません。

まだホームページにアップされていないので、東京大会バージョン3予算の資料を下記にアップしておきます。

01-大会経費V3(バージョン3)について

・単位は50億円(?!)
・細目は「テクノロジー」「セキュリティ」「マーケティング」レベルまで
・収入から逆算して支出の帳尻を合わせた感

と、突っ込みどころが満載になっています。。

今年10月には、東京五輪に関わる支出が関連経費を足し上げると3兆円を超える可能性があることを会計検査院が指摘し、話題となりました。

東京五輪・パラ経費3兆円超か 検査院指摘、国支出8011億円に膨らむ
https://www.sankei.com/tokyo2020/news/181004/tko1810040002-n1.html

2016年に、上山信一特別顧問(当時)がトップを務めた東京都の調査チームが「3兆円を超える可能性」を指摘した際、荒唐無稽だとする批判もありましたが、結局はその数値が現実味を帯びてきているのが実情です。

調査チーム報告 東京五輪総費用3兆円超も(2016年9月)
http://www.news24.jp/articles/2016/09/29/07342277.html

この当時の小池知事は、本気で五輪組織委員会と闘い、情報公開の徹底と経費縮減を実現させようとしていました。

しかしながら今や、その勢いはすっかりと影を潜め、むしろ五輪組織委員会と歩調を合わせて情報隠蔽疑惑に加担している始末です。

東京新聞:五輪費協議文書、公開より情報管理優先 都、議事録は作らず:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201811/CK2018111702000134.html

一方の議会側はどうでしょうか。私もかつて所属していた最大会派・都民ファーストの会は

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわの甘い危機管理が致命傷に

    田中龍作

  2. 2

    コロナの誤解指摘 辛坊氏に反響

    女性自身

  3. 3

    小池圧勝 公約どうでもいい都民

    文春オンライン

  4. 4

    橋下氏「熊本知事の後悔分かる」

    PRESIDENT Online

  5. 5

    謙虚さに欠ける泉佐野市長の言動

    PRESIDENT Online

  6. 6

    行政の現場丸投げに尾身氏が怒り

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    「責任痛感」安倍首相は口先だけ

    大串博志

  8. 8

    無責任に石炭火力削減を叫ぶ朝日

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    PayPayに追随した電子決済の末路

    PRESIDENT Online

  10. 10

    飲み会解禁する会社の多さに衝撃

    企業法務戦士(id:FJneo1994)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。