記事

公約「東京五輪経費透明化条例」はどこへ?都議会にできることはまだまだあるはず

1/2

こんばんは、都議会議員(北区選出)のおときた駿です。

今年も残すところわずか5日。都議選が行われたのが2017年ですから、年末になると残された任期がどんどん少なくなっていくのを感じますね…。

1年を振り返ると共に、私自身も都議選で公約として掲げていたことの進捗状況などを確認しているわけですが、そのうちの一つ「五輪予算の透明化」についてはほとんど実現できておらず、力不足を不甲斐なく思っています。

先日もTweetした本件。五輪予算は都民はおろか、都議ですらその内容を十分に審議できない予算案しか見ることができません。

まだホームページにアップされていないので、東京大会バージョン3予算の資料を下記にアップしておきます。

01-大会経費V3(バージョン3)について

・単位は50億円(?!)
・細目は「テクノロジー」「セキュリティ」「マーケティング」レベルまで
・収入から逆算して支出の帳尻を合わせた感

と、突っ込みどころが満載になっています。。

今年10月には、東京五輪に関わる支出が関連経費を足し上げると3兆円を超える可能性があることを会計検査院が指摘し、話題となりました。

東京五輪・パラ経費3兆円超か 検査院指摘、国支出8011億円に膨らむ
https://www.sankei.com/tokyo2020/news/181004/tko1810040002-n1.html

2016年に、上山信一特別顧問(当時)がトップを務めた東京都の調査チームが「3兆円を超える可能性」を指摘した際、荒唐無稽だとする批判もありましたが、結局はその数値が現実味を帯びてきているのが実情です。

調査チーム報告 東京五輪総費用3兆円超も(2016年9月)
http://www.news24.jp/articles/2016/09/29/07342277.html

この当時の小池知事は、本気で五輪組織委員会と闘い、情報公開の徹底と経費縮減を実現させようとしていました。

しかしながら今や、その勢いはすっかりと影を潜め、むしろ五輪組織委員会と歩調を合わせて情報隠蔽疑惑に加担している始末です。

東京新聞:五輪費協議文書、公開より情報管理優先 都、議事録は作らず:社会(TOKYO Web)
http://www.tokyo-np.co.jp/article/national/list/201811/CK2018111702000134.html

一方の議会側はどうでしょうか。私もかつて所属していた最大会派・都民ファーストの会は

あわせて読みたい

「東京オリンピック・パラリンピック」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    時代遅れの感が否めないほど低画質なサブチャンネル放送 NHKの五輪中継に苦言

    諌山裕

    07月31日 15:52

  2. 2

    感染者4000人超に マスコミは五輪報道からコロナによる医療崩壊報道に切り替えるべき

    早川忠孝

    07月31日 17:57

  3. 3

    どうして日本から敢えて海外移住するのか?

    内藤忍

    07月31日 11:03

  4. 4

    無法地帯になってきた空港と選手村 感染爆発が止まらないのも道理

    田中龍作

    07月31日 08:43

  5. 5

    緊急事態宣言下で爆発している今の状況での延長なんて反感しか産まない ただ政府だけに責任押しつけるな 

    中村ゆきつぐ

    07月31日 08:58

  6. 6

    バッハ高笑い!?東京五輪「やってよかった」が77%も!

    女性自身

    08月01日 08:42

  7. 7

    次の総選挙結果は「与野党伯仲」ー〝真夏の白昼夢〟を見た/8-1

    赤松正雄

    08月01日 08:31

  8. 8

    歌舞伎×ジャズピアノ、タップダンスにイマジン…五輪開会式はなぜ変化球で攻めたのか

    毒蝮三太夫

    07月31日 08:05

  9. 9

    ゆうちょ銀行 東証の新区分プライム市場に不合格 上場株式は量よりも質の時代へ

    川北英隆

    07月31日 09:49

  10. 10

    「彼らを誇りに思う」アイリスオーヤマ会長が感激した"クビ覚悟"という社員の行動

    PRESIDENT Online

    07月31日 14:54

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。