記事

米原油先物は反発、供給過剰懸念は続く


[ソウル 28日 ロイター] - アジア時間の米原油先物は上昇し、前日の下落の一部を回復した。ただ、米原油在庫の増加と世界経済を巡る懸念で、市場は依然圧迫されている。

0042GMT(日本時間午前9時42分)現在、米WTI原油先物<CLc1>は1.37ドル(3.07%)高の1バレル=45.98ドル。一時は46.05ドルまで上昇した。前日の米市場は1.61ドル(3.48%)安の44.61ドルで取引を終えた。

ブレント先物<LCOc1>はまだ取引が成立せず。米市場の清算値は2.31ドル(4.24%)安の1バレル=52.16ドルだった。

先物取引会社オアンダのアジア太平洋部門の取引責任者、ステファン・イネス氏は、原油価格は景気減速と来年の米国での生産拡大見通しに圧迫されていると指摘した。

トピックス

ランキング

  1. 1

    堀江氏 餃子店1千万円支援に苦言

    女性自身

  2. 2

    毎日の誤報「公正」は口だけか

    青山まさゆき

  3. 3

    橋下氏「否決なら住民投票無効」

    橋下徹

  4. 4

    NHK「しれっと」報道訂正に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  5. 5

    年末年始「17連休案」空振りの訳

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    JALの旅行前検査 医師が「ムダ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    若者の提案に上司「立場を失う」

    文春オンライン

  8. 8

    トヨタ 39車種21万台をリコール

    ロイター

  9. 9

    誤報訂正せず 毎日新聞社に疑問

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  10. 10

    田代まさし闘病で収監延期の現在

    SmartFLASH

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。