記事

"まるで祖父のコピー"安倍首相の公私混同

1/2

■一国の宰相が、祖父らのレガシーを追い続ける

安倍晋三首相は、母方の祖父が岸信介元首相、佐藤栄作元首相は大叔父、父は安倍晋太郎元外相、父方の祖父は衆院議員を務めた安倍寛氏……という華麗なる政治閨閥で知られる。そして、岸氏らが歩んできた道を踏襲しようとしていることも、しばしば指摘されている。

12月19日に外務省が公開した22本の外交文書を熟読すると、そのことがうかがえる記述が随所で見つかった。一国の宰相が、祖父らのレガシーを追い続ける、節操のなさが浮かび上がった形だ。

安倍氏の祖父・岸氏が憲法改正に執念を燃やしていたことは有名だ。達成はできなかったが、退陣後も「自主憲法制定国民会議」をつくり、憲法改正を実現するための国民運動の先頭に立ち続けた。

2018年12月25日、首相官邸に入る安倍晋三首相。(写真=時事通信フォト)

■「年来の主張である憲法改正を具体的にできる」

今回、新たに公表された外交文書では、岸氏は1957年6月の訪米を前に、当時のマッカーサー駐日米大使に対し、憲法改正にむけた「2段階構想」を伝えている。

同年5月10日の岸氏の発言要旨をまとめた「日米協力に対する日本政府の決意」によると、岸氏は共産主義勢力の伸張を阻止するため日米両国が「一層団結を強固にすべきである」と表明。日米が、中ソの「軍事力に対抗する備えをすればこと足りるというものではなく、彼らからくさびを打ち込まれる隙のないような心からなる両国協力関係をこの際確立しなければならない」と持論を展開。その具体的な方策として日米安保条約の改定などに取り組む決意を表明した。

衆院選、参院選は安保条約改定をした後で臨み「そうすれば両院とも憲法改正に必要な3分の2の多数を獲得できるであろうと思う。そうしてこそ初めて、自分の年来の主張である憲法改正を具体的に日程に上らせることができる」と予想している。

■「日米協力に対する日本政府の決意」という文章名

これが、反対論の根強い安保改定を実行し、その後で国政選挙に臨んで改憲を目指すという「2段階構想」。「日米協力に対する日本政府の決意」という文章名からして、当時の日本が今よりも対米従属だったことがうかがえるが、いずれにしても岸氏が、日米関係強化の文脈で憲法改正を位置づけていたことが分かる興味深い内容だ。

若干話は横にそれるが、この文書には岸氏が、民主主義政治の健全な発達のためには二大政党の存在が不可欠であると語っている点も目を引く。そして岸氏は、外交政策が尖鋭化している社会党内の左派ではなく、穏健な右派勢力が社会党の実権を握るようにしたいという趣旨の話もしている。

あわせて読みたい

「安倍晋三」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  3. 3

    山尾議員 突然の政界引退に疑問続出「説明責任果たしてない」

    女性自身

    06月18日 22:10

  4. 4

    “酒類の提供19時まで”の制限に議員から厳しい声「居酒屋やバーにとっては休業要請」

    BLOGOS しらべる部

    06月18日 19:42

  5. 5

    スシロー、くら寿司、はま寿司の海外戦略 "日本食ブーム"の海外市場が秘める可能性

    三輪大輔

    06月18日 10:38

  6. 6

    なぜクマが大量出没するようになったのか? 「エサ不足」ではない本当の理由

    文春オンライン

    06月18日 14:37

  7. 7

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  8. 8

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  9. 9

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  10. 10

    私が日本の経済財政再建のヒントはルワンダの過去にあると思う理由

    宇佐美典也

    06月18日 12:00

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。