記事

40歳から親友を作ろうとする人はイタい

1/2

「親友」は何歳からでも作れるのか。43歳のお笑い芸人・髭男爵の山田ルイ53世さんは、「自分の才能やキャパシティに見合わないことを、いつまでも夢見て目指していたらしんどい。40歳を過ぎたら『親友ができない』などと悩まないほうがいい」と話す。同い年の社会学者・田中俊之さんとの「中年男再生」対談をお届けしよう――。

※本稿は、田中俊之・山田ルイ53世『中年男ルネッサンス』(イースト新書)の第2章「僕らの歳で友達っている? 人間関係とコミュニケーション論」を再編集したものです。

「このまま誰とも釣りに行かずに死ぬのか」

【田中】40代男性の友達付き合いやコミュニケーションについて考えていきたいと思います。というのも、結婚して子どもができてからというもの、仕事と家庭の往復でいっぱいいっぱいで、友達付き合いや趣味の時間を真っ先に減らしてしまう中年男性は多いんです。僕自身もそうなんですよ。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/Masafumi_Nakanishi)

【山田】僕はもともと社交性がない人間で、普段は何も気にしていないのですが、たまに夜中、「俺、友達おらへんな……」と絶望して落ち込みます(笑)。それでも結婚する前は、後輩とお酒飲んだり、ご飯食べたり、温泉行ったりしていたのに、結婚して子どもが生まれてから、それも一切なくなった。このままさらに歳を取ったときに、「俺、誰と飲むのかな」とふと考えてしまうんです。

【田中】それは、かなり多くの男性が共感できる悩みじゃないでしょうか。

【山田】「この先、俺はどうするんだろう……」という不安が、不意に襲ってくるんですよ。俺の人生、このまま誰とも釣りに行かず、BBQやキャンプもしないで死ぬのかなって(笑)。

【田中】「釣りに行かない」というのは、「釣りに誘ってくれるような友達がいない」という問題と同義ですよね。仕事一筋に生きて、そこでの付き合いしかしてこなかった結果、定年後に友達と呼べる人が誰もいない、という状態に男性は陥りがちなんです。

おじさんには“新しい友達”ができない

【山田】芸人というより僕の場合はですが、売れるまでは基本ホームレスみたいなもので、精神的にも金銭的にも余裕がない。なんとか芸で飯が食えるようになるまでは、最低限のお金を稼いで、後はもうお笑いに集中しなきゃと思ってたので。実際は、そこまでストイックにはなれませんでしたが(笑)。

売れたら売れたで忙しいし、仕事が減ったら再ブレイクしなきゃと必死になる。だから、積み上げてきた趣味とか何もないんですよ。仕事だけしてきた結果、その後何にもないって、寂しいですよね。

【田中】それはまさに、芸人さんに限らず、男性全般が抱えている問題だと思います。若い頃は、仕事で成功するべきだ、というルートしか男性には示されない。それで失敗したならまだしも、男爵のように努力して成功した人ですら、おじさんになったら寂しくて絶望する日があるって、ハメられた感がありますよね(笑)。じゃあ、どういうルートを選べばよかったの? って。

【山田】ほんまやなあ。

【田中】それに、中年男性には「新しい友達ができない」という問題もあります。友達といっても、せいぜいが高校や大学の同級生とたまに会う程度で、仕事関係で知り合った人と新たに友達になるというハードルは高いですしね。

意味のなさそうな会話が大事

【山田】ああ、でも僕、典型的な“仕事の話しかできへん”人間かもしれません。僕が引きこもりだったせいもあるかもしれませんが、学生時代に同級生だっただけの人と、2時間酒飲みながら話せる自信がないんです。

【田中】というと?

田中俊之・山田ルイ53世『中年男ルネッサンス』(イースト新書)

【山田】だって、そこでの会話って「あのとき、あいつああだったよな」という昔話くらいしか、芯を食った話ってできませんよね? それが、すごく無意味なことに思えてしまって、しんどいんですよ。有益だと思える話題が、仕事しかない。僕、やばいですかね? まさに、田中先生の言う「定年後にやることない男」になりそうで、怖いです。

【田中】それは非常に男性学的な問題ですね。議論やマウンティングではなく、ただ共感を示してキャッキャ盛り上がるような、いわゆる“女子会”的な会話を、男性は「意味がない」と下に見がちです。でも、同性同士でそういう会話ができるのって、連体感を強めるためにも、精神面のメンテナンスという意味でも、とても大事だと思うんです。

【山田】世間一般では、仕事とかの利害が絡んでいない人のほうが“本当の友達”みたいなことになるんですかね?

【田中】個人的なことを言わせてもらうと、仕事上の利害が絡んでいるから相手は僕に親切にしてくれているのに、それに甘えて全幅の信頼をしたら、相手に重たいと思わせてしまうのではないか、と考えてしまいます。

【山田】それは先生が少し考えすぎじゃないですか?(笑)

「おやじ会」LINEグループを断ってしまった

【田中】何度か取材を受けた編集者で、個人的に興味のある方がいるんですけど、僕から「ご飯に行きませんか」と誘って、「いや、そういうんじゃないです」って断られたら、立ち直れないんじゃないかって不安なんです(笑)。

【山田】まあ、かく言う僕も最近、娘の幼稚園で、保護者のお父さんたちが「おやじ会」というLINEグループを作るという話を小耳に挟んで、実際奥さん経由で誘われたんですが、とっさに入るのを断ってしまったんですよね。あのとき入っていれば、僕も日曜日にBBQするような人になれていたのかな、と思って、ちょっと“人間になりそこねた”みたいな、ベム的な気持ちを引きずっているんです(笑)。

【田中】異業種の人と話しをすれば、何かしら発見もあるでしょうしね。

【山田】ええ、マイナスにはならないってことはわかってるんですけど、LINEグループ作ろうぜと言い出したそのノリが、もう根本的に合わないような気がして、二の足を踏んでしまいました。

あわせて読みたい

「友達」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄での自衛隊めぐる発言に疑問

    和田政宗

  2. 2

    日本企業が離れていく韓国の苦境

    PRESIDENT Online

  3. 3

    小沢一郎氏に翻弄された玉木代表

    早川忠孝

  4. 4

    玉木代表は「分党」の考え見直せ

    おくの総一郎

  5. 5

    日本の徴用工補償「筋通らない」

    文春オンライン

  6. 6

    日英で違う終戦記念日の過ごし方

    小林恭子

  7. 7

    マイナポイント5千円分付与の罠

    女性自身

  8. 8

    天皇が靖国神社を参拝しない背景

    幻冬舎plus

  9. 9

    なぜ韓国の失業率は低い水準か

    ニッセイ基礎研究所

  10. 10

    氷河期世代に刺さった半沢の言葉

    PRESIDENT Online

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。