記事

セクハラ辞任・40代式守伊之助が相撲博物館に再就職していた

【セクハラで辞任した第40代・式守伊之助】

 元・貴乃花親方(46)を中心に数々の騒動が起きた2018年の大相撲。その角界で“2018年最初のスキャンダル”を起こしたのは立行司の第40代・式守伊之助(59)だった。

 2017年末の冬巡業中に泡盛を飲んで泥酔した後、ホテルの部屋まで送ってくれた「10代の行司」にキスして胸を触るという “セクハラ”が、初場所直前に発覚。「泥酔していたので覚えていない」「自分は男色の趣味はなく、なぜこのような行為をしたのか分からない」といった釈明も話題となり、3場所の出場停止処分となった。

「騒動直後に伊之助は辞職願を提出したそうです。過去に、立行司が差し違えで進退伺を出したことはあっても、セクハラによる辞表提出なんて前代未聞です。ただ、騒動当時、行司の最高位である木村庄之助が不在で、式守伊之助は実質トップでした。行司の階級の昇格・降格は原則年1回で、9月場所後に開催される番付編成会議で審判部の評価で決まる。立行司の空位が長く続くのを避けるため、すぐに辞めさせるのではなく3場所の出場停止処分になったといわれている」(担当記者)

 処分期間を終えた5月末に、伊之助は自ら辞職願を提出して、協会を離れた。はずだったが……。

「実は“元・伊之助”は、辞職翌日の6月1日付で相撲協会に嘱託として再雇用されているのです。勤務先は国技館内にある相撲博物館です」(協会関係者)

 相撲博物館は歴代の理事長の退任後の“天下り先”として知られている。現在の館長は元横綱・三重ノ海(武蔵川・元理事長)が務めている。やはり、身内に甘いのが角界? 本人が国技館から出てきたところを直撃した。

「元・式守伊之助さんですか」と声を掛けると、満面の笑みで「そうですよ!」と応じる。どうやら、熱心な相撲ファンだと思われたようだが、記者だと告げると、すっと笑みが消えた。

──相撲博物館に嘱託で勤務されているそうですね。

「そうです」

──どういった仕事を?

「資料や展示品の整理などをしています」

──相撲博物館の勤務になった経緯は?

「ま……、色々と……」

 協会から声を掛けられたのか、という問いには無言で、セクハラ事件について尋ねると「電車が来ますから……」と両国駅へ消えていった。

 相撲博物館で12月26日まで行なわれていた企画展示は奇しくも「行司装束」──初場所から三役格行司の式守勘太夫が「次の伊之助」として取組を裁くが、「元・伊之助」は“新しい土俵”で活躍していくのだろうか。

あわせて読みたい

「日本相撲協会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  5. 5

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  6. 6

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  7. 7

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。