記事

国際捕鯨取締条約から脱退 来年7月商業捕鯨再開

(出所:水産庁)

 「国づくり、地域づくりは、人づくりから」を信条とする参議院議員赤池まさあき(全国比例区)です。来年7月の参院選に向けて、自民党から公認を頂きました。引き続き国家国民のため、全力を尽くす所存です。

 12月26日(水)、私は午前中群馬県、午後は栃木県で挨拶回りを行い、夜は山梨県で知事候補予定者である「長崎幸太郎氏の後援の集い」に参加し、激励の言葉を述べました。

●国際捕鯨取締条約からの脱退理由は

 同日、菅官房長官が、来年7月から商業捕鯨を再開し、国際捕鯨取締条約から脱退することを正式発表しました。

https://www.kantei.go.jp/jp/tyokan/98_abe/20181226danwa.html

政府の脱退理由は以下です。

・国際捕鯨委員会(IWC)が、国際捕鯨取締条約(89か国加盟)の下、鯨の保存と捕鯨産業の秩序ある発展という2つの役割を持っていたはず。

・我が国は、商業捕鯨モラトリアムが決定され、昭和63(1988年)中断されて以降、持続可能な商業捕鯨の再開を目指して、30年以上にわたり、科学的調査を行い、大型鯨の資源量の回復を確認し、解決策を模索。

・遅くとも平成2(1990)年までには、商業捕鯨モラトリアムを見直すことになっていたにもかかわらず、実施されず。

・その間、鯨の保護のみを重視する国々からの歩み寄りはなし。科学的法的根拠がある反対論ではなく、政策的立場に基づく反対に終始。根本的な立場の違い。

・平成28(2016)総会において、根本的な立場の違いを踏まえて、IWCの機能回復を目指す議論を提案して合意。閉会中に議論を呼びかけるも、米国、豪州、中南米諸国の反捕鯨国は極めて消極的。

・本年9月のIWC総会において、我が国は機能回復に向けた改革案を提示したが否決。反捕鯨国は「IWCは保護のみを目的に進化している」「商業捕鯨につながるいかなる提案も認めない」などと強硬に反対。鯨の持続的利用の立場と、保護の立場の共存が不可能。

・脱退の効力が発生する来年7月から行う商業捕鯨を再開。我が国の領海及び排他的経済水域(EEZ)に限定し、南極海・南半球では捕獲を行わない。

・脱退したとはいえ、国際法に従い、鯨類の資源に悪影響を与えないよう、IWCで採択された方式により算出される捕獲枠の範囲内で行う。

・本決定により地域のにぎわいが増し、我が国の豊かな鯨文化が次の世代に継承されていくことを期待。

(出所:水産庁)

●我が国の豊かな鯨文化を次の世代に継承

 私は捕鯨議員連盟(鈴木俊一会長)の一員であり、今回の国際捕鯨取締条約からの脱退に賛成です。商業捕鯨禁止から30年以上、関係者の長年の努力があり、持続可能な商業捕鯨の道筋が見えてきました。にもかかわらず、問答無用の反捕鯨国や過激な原理主義団体によって、道が塞がれ続けてきました。まさに鯨という食にとどまらない豊かな文化を否定する国際政治の力学に翻弄され続けてきたわけです。2014年の国際司法裁判所での我が国の調査捕鯨が禁止されてから、脱退については議連においても議論されてきたことであり、政府の決定を支持したいと思います。

 政府の脱退理由にある通り、「地域のにぎわいが増し、我が国の豊かな鯨文化が次の世代に継承」するために、微力ですが私も力を尽くしていきたいと思います。

 文化庁が推進する日本遺産にも、和歌山県(新宮市・那智勝浦町・太地町・串本町)が「鯨とともに生きる」が採択されています。

 http://www.bunka.go.jp/seisaku/bunkazai/nihon_isan/pdf/nihon_isan32.pdf 

 学校教育はもちろん、生涯教育においても、鯨文化を学び、国民理解を促進させ、世界に発信していきたいと思います。

あわせて読みたい

「捕鯨」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    「大規模会場予約 67% 空き」はお役所仕事の想像力欠如 ~ なぜ「高齢者」に拘り続けるのか

    近藤駿介

    06月14日 14:19

  2. 2

    私がDHC吉田会長の在日コリアンに関する妄想は相手にしなくていいと思う理由

    宇佐美典也

    06月14日 12:00

  3. 3

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

  4. 4

    オリジナルを常に超越してくる 愛すべきガーナの手描き映画ポスターの世界

    木下拓海

    06月14日 11:34

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  7. 7

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  8. 8

    「ディズニーランドのついでに予約」女性向け風俗の利用者が爆増しているワケ

    PRESIDENT Online

    06月14日 15:30

  9. 9

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  10. 10

    歳を取ると「厄介な人」になりがちな理由

    内藤忍

    06月14日 10:57

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。