記事

コスト意識を持たないバカ会社員は消えろ

1/3

「フリーランスになってみて、会社員がどれだけ外注先を軽んじているのかがわかった」。ネットニュース編集者の中川淳一郎氏はそう語る。業界の大御所と、それ以外のフリーランスで扱いを激変させるダブルスタンダード、外注業者の時間や労力を軽視して振り回す横暴さ、形式主義的で意味のない出張など、“バカ会社員”のおこないに共通するのは「コスト意識の欠如」だと指摘する――。

■大御所ではないフリーランスを軽んじるバカ会社員

ダブルスタンダードは何かにつけて不愉快なものだ。それも、自分が冷や飯を食わされる側であれば、ことさらにムカつく。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/ohmygouche

まっとうな常識を持っている誠実な人物であれば、もしかしたら、自分が優遇されていることに気づいた際に「それは不公平では……」と提言をするのかもしれない。だがまぁ、そんなことは滅多にないだろう。自分に不利益がないのであれば、余計なことを言う必要はないのだから。しかし、冷や飯を食わされる側にとっては、立場が劇的に変わりでもしない限り扱いは変わらないので、常に理不尽さを感じることになる。

私は、1997年に社会人として働き始めて以来、広告、広報、出版、ウェブメディア、テレビ・ラジオといった電波メディアなどで、さまざまな仕事に携わってきた。そうしたなかで、ダブルスタンダードが振りかざされる場面にさんざん遭遇してきた。よく見られるのは「大御所ではないフリーランスの人間の『時間と労力』を、屁とも思わず軽んじるバカ会社員」の姿である。

■企画1本「500万円」と「2万円」の格差

2015年に「東京五輪エンブレム騒動」があった。この時、デザイナー界のヒエラルキーがいろいろと取り沙汰された。要するに「そもそもトップクラスの売れっ子デザイナーにしか応募資格がない。審査する側も業界内で発言力が強い売れっ子の大御所で、過去の重要案件で要職を務めていたような選考委員ばかり。結局、内輪感満載の選考だった」ということが白日の下にさらされたのだ。

私が2017年に著した『電通と博報堂は何をしているのか』(星海社新書)では、この件についても詳しく書いたのだが、以下のような大手広告代理店の社員による証言も紹介した。

「企業の大きなキャンペーンなどのデザインをトップクラスの事務所に頼むと、1本100万~500万円くらいの費用がかかります。これは『企画費』『アイデア費』『企画フィー』など、費目を仕立てるのに頭を使う部分です。それに加えて、200万~300万円の『デザインフィー』『作業費』『実費』などもかかります。トップクラスの事務所は実制作をさらに別の事務所に外注するケースもありますが、自ら手がけることもある。いずれにしても、かなりのお金がかかることに違いありません」

同書では、無名のフリーデザイナー(30代後半女性)にも話を聞いた。

「1本数百万円の仕事なんて理解できません。私がやる仕事なんて、友人の店のロゴを作って2万円とかだし、企業のデザイン仕事に参加しても『企画費』なんてもらったことは一度もありませんよ。イラストを描いて1本2000円なんてこともあるし、地方の農協みたいなところが出しているゼリーのロゴとパッケージのデザインは、全部まとめて2万円でした」

■カネを払う発注サイドも重鎮にはペコペコ

具体名は挙げないが、「業界大御所」的な人物は各分野に存在している。その人物を打ち合わせに呼ぶ場合、すでにクライアントや上司が「その人に任せる」ということを了承していることが多い。理由は「業界の重鎮である○○さんに貴重なお時間を割いていただく」というコンセンサスが関係者にあり、事前にしっかりと根回ししておくからだ。また「今後も長きにわたってお付き合いいただきたい」「これからもわが社の仕事を優先していただきたい」という計算も働くので、むげな扱いはしない。

だからこそ「会議費」やら「企画費」が発生することは大前提となり、打ち合わせに来てもらうためのタクシー代を支払うことも厭わない。その大御所に対しては、本来、立場が上であるはずのカネを払う側(発注者側)が逆にペコペコしていたりもする。

もちろん、その大御所は丁寧な人格者であることが多く、エラソーな振る舞いをするわけでもないのだが、周囲は勝手に忖度をし、神を崇めるかの如き対応をする。そして1カ月後、同氏の会社の経理担当や秘書から巨額の請求書が届き、仮に競合プレゼンで負けたとしても、その「企画費」や「プレゼン費」は粛々と支払われることになるのだ。

あわせて読みたい

「フリーランス」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    五輪中止は決定済み? 記事に驚き

    天木直人

  2. 2

    PCR至上主義は幻想 韓国で露呈

    中村ゆきつぐ

  3. 3

    朝日の言論サイト「論座」で誤報

    やまもといちろう

  4. 4

    テラハ 作り上げたリアルの実態

    浮田哲

  5. 5

    河井夫妻支えた安倍首相の思惑は

    猪野 亨

  6. 6

    官邸主導で露呈 日本の技術敗戦

    新潮社フォーサイト

  7. 7

    フジは迷走? コロナ禍のTV企画

    メディアゴン

  8. 8

    首相がアビガン承認を急いだ背景

    川田龍平

  9. 9

    日産だけでない自動車会社の問題

    ヒロ

  10. 10

    Rキャンベル コロナは時間の災害

    村上 隆則

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。