記事

髭男爵"芸人として負けを認めた今はラク"

1/2

40歳を過ぎたら、どうやって生きていくべきか。43歳のお笑い芸人・髭男爵の山田ルイ53世さんは、「芸人としては負けてしまったが、『貴族のお漫才』でも悪くないと思えるようになった。おじさんが生きていく上では、自分で自分を諦めてあげることが大事かもしれない」と話す。同い年の社会学者・田中俊之さんとの「中年男再生」対談をお届けしよう――。

※本稿は、田中俊之・山田ルイ53世『中年男ルネッサンス』(イースト新書)の第4章「僕らどうやって生きていこう? 仕事と生き方論」を再編集したものです。

■「飯を食えている」=プロ

【田中】「40歳を過ぎたおじさんが、これからどうやって生きていくのか?」という話に入っていきたいと思います。“儲かる/儲からない”とか“飯が食える/食えない”という基準だけで行動を選択していくと、利己的な年寄りになっていくしかない気がしていて。他人のこと、あるいは社会全体のことを考えられるようになれれば、年を重ねる意義もあると思うんです。

※写真はイメージです(写真=iStock.com/somchaij)

【山田】でも、先生がおっしゃっているのは理想論じゃないですか? もちろん大事だと思うんですが、芸人の世界では、飯が食えるかどうかが、プロかどうかの分かれ目という考え方をしてる人が多いです。

たとえば、ハローケイスケさんっていう先輩芸人がいて、正直「一発屋」でもない、「0.5発屋」ぐらいの人なんです(笑)。その方に、『一発屋芸人列伝』(新潮社)の取材をお願いしたとき、わざわざ衣装を着込んで新潮社に来てくれたんです。それを見た担当編集が、「いやあ、さすがプロですよね!」みたいなことを言ったら、すごく食い気味に「いや、飯食えてないんで、プロじゃないですから!」みたいに返されたんですよ。

ハローさん的には、「食えるか食えないか」が、プロかどうかの一線なんだと思います。僕も、今はなんとか飯が食えてるから「プロ」って言えますけど、食えてないときは言えませんでした。バイト先の面接で「普段は何やってるの?」って聞かれても、「芸人です」って言えなかったですもん。

■給料のために仕事をしていても「プロ」

【田中】お笑い芸人さんは、食えなくても腕が証明してくれるというか、それこそ「プロには評価されている」みたいな部分もあるんじゃないでしょうか。

【山田】でも、売れてないとそもそも仕事をする場がないですし。そうすると、腕を証明しようがない。先生がおっしゃるようなことになればいいなとは思いますけど、結局、お客さんから認められることでしか成り立たないんですよね。

芸でお金をもらって「飯を食えている」という状況だけが、自分がプロであることを証明してくれる。ほかに証明してくれるものがないんです。もちろん、そういうのがなくても、自分の中でちゃんと踏ん張れる気持ちがあると心強いんですけども。

【田中】なるほど。僕も、大学教員の仕事で食べられるようになったから、そういう理想を言えるのかもしれないということは自覚する必要がありますね。一方で、40歳ぐらいで、給料のためだけに仕事をしていて大丈夫なのかと自問自答するのは悪くないのではないでしょうか。

【山田】そういう人も、それで飯が食えている限り、プロですよ。堂々とプロと名乗っていいと思います。

■40歳を超えてからのモチベーション問題

【田中】お笑い芸人さんって、普通のサラリーマンよりも不安定な部分があるわけじゃないですか。

【山田】めちゃくちゃ不安定ですよ。

【田中】そういう中で、今後も続けたいと思えるのはどうしてでしょうか。というのも、40代に入ればもう20年ぐらい働いているので、当然、若かった頃の新鮮な気分はもうないはずです。そうした中で残りの20年をどういったモチベーションで働くのかは大きな問題になります。

【山田】これを言うとカッコよくなってしまうので非常に嫌なんですが……僕がお笑い芸人を続けたい理由、それは、これしかできないからです。

【田中】カッコいいです(笑)。

■「これをやりたい」と「これしかできない」

【山田】これで、めっちゃ売れてたら本当にカッコいいんですけども(笑)。僕の場合、引きこもって完全に社会からドロップアウトしたという過去があって、職種とか条件とかを選ばなければ就職できたかもしれませんが、結局それもできなくて。養成所に入るために東京へ出てきて、売れるまでの間はもう本当にひどい生活でした。


田中俊之・山田ルイ53世『中年男ルネッサンス』(イースト新書)

相方とコンビを組んでからも、トントン拍子で売れたわけではない。本当にすごく苦しかったんですよ。でも、「これやめたら、もうホンマにやることないやん、俺」ってずっと思ってたんですよね。今だって同じですよ。何かこれがやりたい! っていうほかのものがない。やっぱりこれしかできないんですよね。

【田中】それはどの職業の人にも言えますよ。「もう自分はこれしかできない」って、特に40歳ぐらいでみんな痛感することじゃないでしょうか。

【山田】そうでしょ? 他にやりたいことなんてないでしょ? みんなそれをもっと大きな声で言っていいと思うんです。「これしかできない」っていう消去法的な部分と、同時に「これがやりたい」っていう部分、両方ありますよね。僕もやっぱりお笑いやって人を笑わせたいというポジティブな気持ちだってありますから。

■結婚すると「やりがい」よりも「収入」

【田中】仕事において、やりがいと収入ってなかなか両立しませんよね。やりがいはあるけど、収入は低い。あるいは逆に、収入はいいけど、やりがいがない。

以前、行った調査で、「できれば働きたくない」という質問項目を設けたところ、そう思っている人が半分、そう思っていない人が半分という結果になりました。男女で差は出なかったのですが、既婚/未婚で比較すると、未婚者のほうが「できれば働きたくない」と回答する人が多かったんです。

これは怠け者だから独身だという話ではなくて、結婚して、さらに子どもがいると、「働きたくない」とは言えなくなるからでしょう。他の研究でも、結婚すると、とりわけ男性の場合は“やりがいや専門性”よりも、“収入や安定性”を仕事に求めるようになることが指摘されています。

【山田】へーえ。

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    天皇陛下の政治利用疑惑。都議選前夜に、宮内庁長官の発言は軽率と言う他ない

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月25日 08:16

  2. 2

    <TBS「週刊さんまとマツコ」>悩みなき萬斎娘・野村彩也子アナに悩み相談させるのは残念

    メディアゴン

    06月25日 09:00

  3. 3

    「天皇陛下が五輪に懸念」…異例の長官「拝察」発言に賛同相次ぐ

    女性自身

    06月25日 08:32

  4. 4

    反ワクチン派への否定に医師「長期的な副作用は不明であることを念頭に置くべき」

    中村ゆきつぐ

    06月25日 08:57

  5. 5

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  6. 6

    NYT「中国製ワクチンには効果が無い」と指摘 接種国で感染状況が悪化

    ABEMA TIMES

    06月24日 15:08

  7. 7

    池袋暴走死傷事故・飯塚被告の“記憶違い”の写真  

    NEWSポストセブン

    06月24日 17:10

  8. 8

    【Amazon Go】、レジなしコンビニが次々に臨時休業!4店減らし22店も6店が休業の訳?

    後藤文俊

    06月25日 08:42

  9. 9

    NHK「たけしのその時カメラは回っていた」予定調和の気持ち悪さ

    メディアゴン

    06月25日 08:27

  10. 10

    緊急事態宣言の解除後からコロナ感染者数が増加 苦境に立たされる菅首相と自民党

    早川忠孝

    06月24日 22:30

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。