記事

石破茂・元防衛相、河合奈保子と「電子書籍で再会」に感激した

【「こんな妹がいたらいいな」と思っていたという石破氏】

【弾ける笑顔が眩しい】

【若さ溢れるビキニ姿にこちらもニッコリ】

【大人の女性を表現したショットも】

【19歳の伝説がいま蘇る】

 1980年にデビューし、多くのファンを魅了した河合奈保子。そんな河合奈保子を特集した『別冊近代映画』が電子書籍として丸ごと復活することになった。永田町のアイドル通として有名な石破茂・元防衛相は、今回の「再会」に感動したという。

 * * *

 この別冊が出た1982年は、私が25歳の頃。彼女は当時19歳だから、「こんな妹がいたらいいんだろうな」と思える存在でした。ビキニの写真を見ると、肉感的なんだけど、不思議と色気を感じさせない。裏表がなく性格がよさそうな、独特の存在感を持つアイドルでしたね。

 そして、とにかく歌が上手。彼女の3大名曲といえば、『エスカレーション』(1983年)、『ハーフムーン・セレナーデ』(1986年)、『愛をください』(1982年)ですね。『愛をください』は彼女が選ぶベストテンに入っているんですね。もちろん、どの曲も歌えますよ(笑い)。

 29歳で国会議員になりましたが、20代後半のしんどい時に励ましてくれたのが、河合奈保子さんの歌でした。地元・鳥取で挨拶廻りをする車の中で運転しながらよく聴いていましたよ。

 還暦を過ぎたわれわれ世代も、この雑誌を見れば、あっという間に20代に戻れるし、昭和に戻れます。古本屋さんで古い雑誌を見て紙の手ざわりを楽しむのは好きですが、古い雑誌を電子書籍のきれいな画像で見るのも趣がありますね。桜田(義孝)五輪担当大臣(1949年生まれ)もスマホを使っているくらいだから、60代の人もスマホやタブレットであの頃の河合奈保子さんに再会できるんじゃないですか?

【プロフィール】いしば・しげる/1957年生まれ。1986年に衆院議員に初当選し、以後当選11回を数える。防衛大臣、農水大臣、自民党幹事長を歴任。キャンディーズ、南沙織から河合奈保子、薬師丸ひろ子まで、政界きってのアイドル通として知られる。

※週刊ポスト2019年1月1・4日号

あわせて読みたい

「石破茂」の記事一覧へ

トピックス

議論福島第一原発処理水の海洋放出は許容できるリスクか?

ランキング

  1. 1

    ひろゆき氏が日本の日付管理評価

    西村博之/ひろゆき

  2. 2

    北野武 死の「理由」憶測に持論

    NEWSポストセブン

  3. 3

    田原氏「菅首相は地雷を踏んだ」

    田原総一朗

  4. 4

    岡村結婚の裏に涙のエレベーター

    文春オンライン

  5. 5

    野党合同ヒアリングの悪者さがし

    千正康裕

  6. 6

    大阪市なくなるのは嫌という心理

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    白昼堂々万引きも放置? 米の現状

    後藤文俊

  8. 8

    給付金効果はあったが見えぬだけ

    自由人

  9. 9

    日本における次世代の目玉産業は

    ヒロ

  10. 10

    マイナンバー関心の低さが障壁に

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。