記事

がん末期の介護保険 長生きしたら切られる矛盾

(私もまだまだ勉強中ですが、)介護保険を利用できるのは、基本的に65歳以上の方です。ただ65歳未満でも16種類の病気を患っていたら介護保険が使えます。

その中での末期がん。厚労省のサイトでは以下のように定義されています。
>がん【がん末期】※(医師が一般に認められている医学的知見に基づき回復の見込みがない状態に至ったと判断したものに限る。)
ではがん末期とは。こちら(介護保険制度「特定疾病」の16種)の解説によると
>致死性を持ち、治癒困難な状態であること
>治癒困難な状態とは、余命が6ヵ月程度と診断される場合
実はこの部分において、1年患者の生命が維持されたら2年目は同じ病名(がん【がん末期】)で再申請できないと地方自治体では考えているようです。

そして
>抗がん剤による治療が行われている場合でも、症状緩和や直接治癒を目的としていない治療の場合は、「治癒困難」な状態とされ、特定疾病の対象になります。
この言葉が表す抗がん剤治療がさっぱりイメージできません。症状を緩和するとか、治癒目的でない抗がん剤治療っていったいなんなんでしょう。いじめ?

これだけ進歩している医療。そしてその結果生命は予想以上に維持できます。しかし運良く命が伸びても様々な障害が残ってしまっている状態で介護保険が切られてしまうがん末期。なんか矛盾以外感じません。ジレンマです。

ちなみにこの時代がん末期は定義するのが難しく、余命があてにならないのは以前書いた通りです。

ただあくまでも、介護保険の適用は「老化にもとづいた疾患であること」が大前提らしいので、どうしても65歳未満では矛盾が出るんでしょう。医療保険との使いわけ含めてとても面倒くさいもので、こういう点も医療や介護の現場においてなんかおかしく感じられる部分だと思っています。

あわせて読みたい

「保険」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    サイゼ不振の原因は電子決済遅れ

    永江一石

  2. 2

    東京五輪は中止リスク抱える計画

    内田樹

  3. 3

    透析中止を提案 ある医師の独白

    BLOGOS編集部

  4. 4

    ソニーの失態はFeliCaの海外展開

    川北英隆

  5. 5

    パチンコはなぜ上場できないのか

    宇佐美典也

  6. 6

    朝日記者が森友問題巡りご飯論法

    和田政宗

  7. 7

    NHK朝ドラ 診察描写に医師が感心

    中村ゆきつぐ

  8. 8

    大阪W選 橋下氏が自民候補を称賛

    PRESIDENT Online

  9. 9

    違法DL規制 誤解広がり見送りに

    甘利明

  10. 10

    韓国がすべきは日米との関係修復

    一般社団法人日本戦略研究フォーラム

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。