記事
  • S-MAX

KDDIが御殿場市と「スマートドローン山岳救助支援システム 実証実験」で包括連携協定を締結! 概要とともに同社のドローン戦略について解説【レポート】

2/3

■パートナー企業との協業によって生まれたシステム

本システムの実証実験成功の背景には、パートナー企業が持つ高い技術や長年のノウハウがあります。遭難者の位置情報の特定には、ヤマップの山岳アプリ「YAMAP」が活用されました。

登山者が携帯するスマートフォン(スマホ)でYAMAPを利用すると、GPSや通信基地局による位置情報から登山者のおおよその現在地点が外部のPCのやスマホから確認できます。

この機能を使い、登山者から連絡が途絶えたり、何時間も登山者が同じ位置から動いていないと判断された場合に救助連絡を入れる判断材料として利用できます。

また、電波が届かない場所でもYAMAPを入れているスマホ同士でBluetoothによるすれちがい通信を行い、登山者同士で情報を共有することで位置情報を送信するシステムも現在開発中です。

YAMAPによる地図情報

YAMAPで取得した位置情報は外部のPCなどから確認できる

YAMAPの地図情報は非常に緻密で正確

YAMAPのユーザーは100万人を超えている

気象予測システムにはウェザーニューズのシステムが活用されました。ウェザーニューズは既に日本国内で33年の営業実績があり、今回採用された高精細気象予測システムにも同社の長年のノウハウが生かされています。

一般的な気象予測システムの場合、その予測範囲(メッシュ)の解像度は1km四方や2km四方といったものが多くありますが、今回の実証実験では250m四方という非常に小さなメッシュを実現。さらに高度による予測も10m単位と細かく行うことで、変わりやすい山の天気や風速などをより正確に把握できるようになりました。

また最小予報単位も10分後からとなっており、9時間後までの長時間予報にも対応している点も特徴の1つです。

標高情報や河川の地形などにも対応する

高精細気象予測システムは全国で利用可能。その用例は多岐にわたる

あわせて読みたい

「KDDI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    父逮捕で娘が「お嬢様」から転落

    幻冬舎plus

  2. 2

    橋下氏 コロナめぐり識者に苦言

    橋下徹

  3. 3

    告発した岩田医師の行動は成功

    中村ゆきつぐ

  4. 4

    みずほ銀行描いた本 衝撃の内容

    キャリコネニュース

  5. 5

    北の病院で12人死亡 新型肺炎か

    高英起

  6. 6

    安全無視? 日本の危機管理に呆れ

    ESQ

  7. 7

    新型コロナが芸能界に落とす影

    渡邉裕二

  8. 8

    韓国の肺炎感染者 4日間で11倍に

    木走正水(きばしりまさみず)

  9. 9

    3日で5倍 韓国のコロナ感染急増

    木走正水(きばしりまさみず)

  10. 10

    「殺してやる」辻元議員に脅迫文

    辻元清美

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。