記事
  • S-MAX

KDDIが御殿場市と「スマートドローン山岳救助支援システム 実証実験」で包括連携協定を締結! 概要とともに同社のドローン戦略について解説【レポート】

1/3
KDDIが4G回線による「スマートドローン山岳救助支援システム」実証実験を実施!

KDDIは11月15日、都内にて「スマートドローン山岳救助支援システム 富士山実証実験」に関する記者説明会を実施。4GLTEのモバイル通信ネットワークを活用した自立飛行する山岳ドローンと、位置情報通知・監視サービスや高精細気象予測システムを活用した、ドローン山岳救助支援システムの実証実験に成功しました。

これに伴いKDDIは静岡県御殿場市と地域活性化を目的とした包括連携協定を締結し、2019年より富士山開山期間に本システムの実運用を目指して取り組んでいくことを発表しました。

ドローンを活用した災害対策などはNTTドコモなども取り組んでいますが、パートナー企業と協業での山岳救助での活用は国内ではKDDIが初となります。記者説明会の模様ととともに本システムとその展望について解説します。

実証実験に使用されたスマートドローン

■スマートドローンで山岳救助における初動を迅速化

これまでの山岳救助の現場では、山岳救助隊による登山や救助ヘリによる遭難者の捜索や位置確認を基本としていましたが、本システムはモバイル通信ネットワークを用いたスマートドローンによって、その初動を迅速化させようというものです。

スマートドローンはその仕組み上、ドローンとコントローラーを直接無線で接続するよりも遥かに遠方まで操縦もしくは自立飛行させることが可能な点が大きな特徴です。

スマートドローンは人が抱えて持てる程度の大きさで、現状では約20分間の飛行が可能としており、片道5分程度、半径約5km程度での活動を予定しているとのことです。

例えば富士山の場合、5合目から頂上までは道のりで7~8km程度となっているため、捜索しながらの飛行でも5合目付近からであれば頂上までの半分程度の距離をカバーできるとのことです。

ドローンに搭載された高精細カメラで遭難者を捜索

近年の登山ブームやインバウンド(訪日外国人観光客)の増加に伴い山岳遭難者数も急増

遭難者の早期発見が救助成功への最大の近道となる

あわせて読みたい

「KDDI」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    れいわ山本氏落選は恐るべき戦略

    かさこ

  2. 2

    対韓規制で安すぎサムスンに打撃

    tenten99

  3. 3

    タピオカ店店員「飲みたくない」

    文春オンライン

  4. 4

    吉本のギャラ8割徴収は問題ない

    永江一石

  5. 5

    吉本問題 芸人らの仲裁が最適解

    山口利昭

  6. 6

    音喜多氏 国会での大暴れを誓う

    おときた駿(前東京都議会議員/北区選出)

  7. 7

    山本太郎氏 NHK報道に「ひどい」

    キャリコネニュース

  8. 8

    河野外相 請求権巡り韓国へ抗議

    河野太郎

  9. 9

    日本財団会長 元SMAPをTVに出せ

    笹川陽平

  10. 10

    資質十分でも当選せぬ選挙の現実

    早川忠孝

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。