記事

交通事故における法曹界の思考停止 直進車の方がはっきりと悪の場合もあれば直進車が避けられる事故もある

1/2
 交通事故に関する民事訴訟では、事故の態様によって基本となる過失割合が類型化されており、それに個々の事案において過失を加重したり、減じたりするという運用がなされています。

 これは、もともと多くの交通事故に関する判例の集大成として類型化し、定型化したものです。

 問題なのは、交通事故に関する裁判実務が、本来、事件は個別の事情があるにも関わらず、すべて定型的な判断の枠組みにあてはめてしまうことです。

 当事者からの不満の声は大きくなります。

 特に多いのが、「自分はぶつけられた、避けようがなかった、それなのに、何故、自分に過失があるというのか」です。

 避けようがない事故

 これがキーワードでしょうか。

 もっともこの主張は、多くは前提において間違いである場合がほとんどです。実際には事故を予想して注意をしながら運転していれば当該事故を避けられることが圧倒的に多いのです。そのため一定の過失があるとされるのも当然なのです。

 運転者は、常に事故を回避するための運転をしているのかどうかが問われています。速度超過もそうですが、見通しが悪い交差点なのに一時停止や徐行をしなかったり、交差点を漫然と通過したりという場合です。優先道路だからといって見通しの悪いのに徐行もしないのは論外です。相手は自動車とは限りません幼児や自転車の飛び出しは常に意識すべきことなのです。

 もっとも自転車の飛び出しには問題が多いことも事実で、車を運転していると自転車の無謀運転には本当に冷や冷やさせられます。交通ルールなど眼中にないかのようです。とはいえ自転車が無謀運転しているということも予見可能であることは間違いなく、回避義務まで負うかどうかはともかく、自動車を運転する以上、無謀運転の自転車が悪いと言ってみてもトラブルに巻き込まれるのは自分で損をするだけですから、やはり回避するための運転はすべきなのです。

 そうした事故回避のための運転を心掛けていれば、仮に万が一、事故が起きたとしても大事故にはなりません。

 それでも事故が不可避な場合もあります。

 問題なのは2つです。

1つめ

 幼児や高齢者が被害者の場合、要保護性の観点からそれだけで過失割合が加重されてしまいます。もともと幼児や児童の場合、保護者が引率していない場合には徐行等によって事故が起きないようにする義務がありますから、幼児や児童を発見した場合には予測不可能な行動を取ることを予測して(という意味では予測できるのです。あくまで大人とは違う行動を取ることがあるということです)、運転しなければならないとされているものです。

 幼児の飛び出しや信号無視の高齢者による自転車であろうと、その幼児や高齢者が大げかをすれば(幼児、高齢者だから大げかになりやすいし、打ち所が悪ければ死亡の結果すら生じやすくなります)、過失割合は低かろうと、相応の賠償責任は発生してしまいます。それ故にこうした事故回避のための運転も求められていることを忘れてはなりません。

2つめ

 運転者が事故回避のための行動を取っていたにも関わらず、不幸にして事故が起きてしまった場合です。幹線道路で、無謀な自転車の走行があれば回避しようがない場合もあります。その場合でも過失割合はゼロにはならないというのが今の運用です。

 刑事事件であれば回避可能性がなければ無罪になりますが、回避義務が課される前提として予見義務があり、予見できるものすべてが対象になるわけではありません。ここは民事訴訟とは異なる点です。民事における賠償は公平な損害の分担という考え方があるからです。自動車を運転する以上は一定のリスクは当然に引き受けているということもできます。

 しかし、この場合には事故が不可避だったのではないかという主張にも頷けます。

優先道路と交通事故 本当に優先?

 例えば、駐車場から車を出すときはどうでしょう。結構、左右の見通しが悪い場所も少なくありません。自身の駐車場であれば鏡をつけるべきと言えるのですが、そうなければ直接の目視に頼らざるを得ません。駐車場から車を出すとき、歩道を横切るわけですが、歩道を横切る前に一旦は、一時停止をしなければなりません。一時停止をしたからすぐに出ていいというものではなく、そこから安全が確認できるところまで最徐行で何度も頭出しをしながら歩道を横切る必要があります。特にセダン型の乗用車では、左右の見通しが悪く、構造上の問題も抱えているといえます。

 車が歩道上に頭出しをすれば、それが先入しているのであれば、普通は歩行者は一時、止まってくれます。止まらずにそのまま歩き続ける歩行者も少なくありませんが、それでも事故は回避できます。車であれば止まれば済むからです(明らかに車が先入していて出ようとしているなら歩行者には止まってもらいたいとは思うこともあるんですけれどね)。

 問題は自転車です。歩道上を通行することは原則、違反となりますが、それでも実際には結構な速度で自転車が歩道上を走行しています。ちょっと頭出しをし、さらに頭出しをした場合、自転車であれば止まってくれないと困るわけです。ちょっと頭出しをし、安全を確認しているところに突っ込まれてはそれこそ避けようがありません。信頼の原則という観点から考えるのであれば、明らかに先入して歩道を横切ろうとしている車があるのあれば、自転車も止まってくれるだろうという信頼がなければ歩道を横切れませんし、しかも自転車は止まれるはずです。しかし、止まらずにそのまま突っ込んできたような場合にまで車の運転手に過失があるのかといことです。

 要は、結果回避のための最善の手段は尽くしたではないかということです。

 ところが、現状の過失割合の類型化いう発想からは、これでも過失ありとされてしまうことになります。

 類型化の問題は、ここにあると私は考えています。類型化の根底にあるのは事故回避を前提にしていない漫然と運転している場合を想定していると考えられるからです。

 現状の多くは、漫然と運転している場合であり、事故回避のための運転などしていないということです。比較するのは相当でないと思いつつ、パトカーのような運転はしていないということです(助手席にも警察官が乗って安全を確認していますが、さすがにこれもやれというのは無理ですね)。こういった運転を念頭においた民事裁判実務になっているものと考えざるを得ません。

 逆にいえばパトカーのような運転をしていたにも関わらず(つまり、ここまで結果回避のために注意して運転していながら)、なお事故が起きてしまったのであれば不可避だったと主張することは当然なのですが、しかし、現在の実務は、こうした個別の事情を見ることなく、類型化されたものに当てはめているだけなので、この場合でも一定の過失を認定します。大量に起きる交通事故に関して保険会社も同じ土俵にのって、大量に処理していくという構図の中で、1つ1つの事件の違いなど顧みられてはいません。裁判でも同様で、個別事情を斟酌することはありません。考慮するのは過失割合の修正要素に当てはまるもののみです。

 他方で、本来であれば回避しようと思えば回避できるものを回避を怠ったという意味では、私はこちらの方が明らかに過失が大きいのではないかとさえ思います。

あわせて読みたい

「交通事故」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    結婚しなくなった日本は先進国

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

  2. 2

    沖縄慰霊 本土の捨て石だったか

    古谷経衡

  3. 3

    首相へヤジに地元民「沖縄の恥」

    和田政宗

  4. 4

    反日を煽る韓国紙に読者が異議

    団藤保晴

  5. 5

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  6. 6

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  7. 7

    4年間は寮生活 松下政経塾の実情

    BLOGOS編集部

  8. 8

    自民 参院選前にかつてない逆風

    五十嵐仁

  9. 9

    戦後日本で活躍した天才の転落劇

    fujipon

  10. 10

    会社でキレる人が評価される理由

    非国民通信

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。