記事

行きつけのスナックは男性にとって重要な「帰還する」場所

おやじには居場所が必要(イラスト/いぢちひろゆき)

 女性が、男性という“生物”を理解するのはそう簡単なことではない。たとえば、女性が父親を介護することとなった場合、男性の“気持ち”や“生態”を理解できず苦しむこともあるだろう。

 そこで、男性更年期など男性に特化した日本初の「メンズヘルス外来」を立ち上げ、日本の泌尿器科を牽引する、順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学教授である堀江重郎さんに、男性がどんな“生物”なのかを教えてもらった。

「外に行って獲物を捕ってくるのが男のジェンダー。これを担うのが男性ホルモンです」と、堀江さん。男性ホルモンは生殖機能をはじめ、筋肉を増強し、認知力や意欲を高める働きがある。

「獲物を追い、自分を認めてもらい、獲物を仲間に与えることで男性ホルモンは活性化します。狩りは、今の社会でいえば“仕事”ですね。

 引退後、狩り(仕事)をしなくなると男性ホルモンの分泌は減少。すると、意欲と筋力が低下し、いつも家にいる。家族に『お父さん夕飯は何にする?』『何か趣味でも持ったら?』と言われても、アイディアは浮かばない。何しろ意欲と筋力がないのです。

 そして自分の楽しみを持つ妻がウキウキ出かけようとすると、『お前、どこへ行くんだ!』と不機嫌にあたる。これが典型的な高齢男性の姿かもしれません」

 もう1つ注目すべきは、男は狩りから帰還する“場所”が必要だということだ。

「会社なら自分のデスク、家なら書斎や“お父さんの席”。私の執務室にも“堀江教授室”とプレートが貼ってありますが、これが権威付けとやる気を誘発している(笑い)。

 行きつけのスナックなども大事。定席で『ママ、いつもの』と言って、それが出てくるのは、自分の存在が認められている証。男性には極めて重要なのです」

※女性セブン2019年1月3・10日号

あわせて読みたい

「男性」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    コロナがもたらした「甘えの構造」

    ヒロ

    09月26日 13:06

  2. 2

    新型iPhone13シリーズが発売 AppleがLightningにこだわる理由

    S-MAX

    09月26日 14:36

  3. 3

    感染者減少の理由が若者の深夜の繁華街の人流減少というのなら、その他の行動制限は外してください

    中村ゆきつぐ

    09月26日 08:14

  4. 4

    生かしても地獄、潰しても地獄…中国・習近平が抱える「不動産問題」の深刻さ

    PRESIDENT Online

    09月26日 09:40

  5. 5

    共産主義・マルクス主義信奉を志位和夫委員長が改めて表明した心意気や良し。野党共闘はやはり「大異小同」だ

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    09月26日 08:41

  6. 6

    「自粛を求め続ける政治家にこそ責任がある」"気の緩み"に怒る人たちに考えてほしいこと

    PRESIDENT Online

    09月26日 14:06

  7. 7

    今回の総裁選に見る自民党派閥の凋落

    舛添要一

    09月26日 18:51

  8. 8

    外部の課題より内部抗争重視の組織と共倒れする日本

    松田公太

    09月26日 17:42

  9. 9

    コロナ禍、エンタメ需要増も「面白い同人誌」は激減? その理由とは

    キャリコネニュース

    09月26日 08:54

  10. 10

    物議を醸す「45歳定年」 定年という言葉が使われている時点でムリがある理由

    NEWSポストセブン

    09月26日 08:43

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。