記事

行きつけのスナックは男性にとって重要な「帰還する」場所

おやじには居場所が必要(イラスト/いぢちひろゆき)

 女性が、男性という“生物”を理解するのはそう簡単なことではない。たとえば、女性が父親を介護することとなった場合、男性の“気持ち”や“生態”を理解できず苦しむこともあるだろう。

 そこで、男性更年期など男性に特化した日本初の「メンズヘルス外来」を立ち上げ、日本の泌尿器科を牽引する、順天堂大学大学院医学研究科泌尿器外科学教授である堀江重郎さんに、男性がどんな“生物”なのかを教えてもらった。

「外に行って獲物を捕ってくるのが男のジェンダー。これを担うのが男性ホルモンです」と、堀江さん。男性ホルモンは生殖機能をはじめ、筋肉を増強し、認知力や意欲を高める働きがある。

「獲物を追い、自分を認めてもらい、獲物を仲間に与えることで男性ホルモンは活性化します。狩りは、今の社会でいえば“仕事”ですね。

 引退後、狩り(仕事)をしなくなると男性ホルモンの分泌は減少。すると、意欲と筋力が低下し、いつも家にいる。家族に『お父さん夕飯は何にする?』『何か趣味でも持ったら?』と言われても、アイディアは浮かばない。何しろ意欲と筋力がないのです。

 そして自分の楽しみを持つ妻がウキウキ出かけようとすると、『お前、どこへ行くんだ!』と不機嫌にあたる。これが典型的な高齢男性の姿かもしれません」

 もう1つ注目すべきは、男は狩りから帰還する“場所”が必要だということだ。

「会社なら自分のデスク、家なら書斎や“お父さんの席”。私の執務室にも“堀江教授室”とプレートが貼ってありますが、これが権威付けとやる気を誘発している(笑い)。

 行きつけのスナックなども大事。定席で『ママ、いつもの』と言って、それが出てくるのは、自分の存在が認められている証。男性には極めて重要なのです」

※女性セブン2019年1月3・10日号

あわせて読みたい

「男性」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    宮崎美子の才色兼備ビキニに脱帽

    片岡 英彦

  2. 2

    ブラタモリに失望 忘れられた志

    メディアゴン

  3. 3

    官邸がTV監視? スクープに称賛も

    BLOGOS しらべる部

  4. 4

    見直し当然?野党ヒアリング紛糾

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    マイナンバーカードが2ヶ月待ち?

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  6. 6

    ほんこん 政治的発言をする理由

    マイナビニュース

  7. 7

    菅首相が最優先した反対派の黙殺

    内田樹

  8. 8

    机叩き…橋下氏語る菅首相の会食

    ABEMA TIMES

  9. 9

    元民主・細野氏らデマ拡散へ揶揄

    文春オンライン

  10. 10

    新しい生活様式嫌がる日本医師会

    御田寺圭

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。