記事

グラドルたちが高級タワマンで「鍋二郎」ニンニクマシマシにドハマり中

2/3

2018年に印象的だった出来事BEST3

撮影:富田恭透

2018年を振り返ると、グラビアのお仕事よりバラエティやコラムの比率が増えましたね。別に私の意思で「服を着ていくぞ」と決めたわけではなくて、私としてはグラビアもやりたいんですけど……まだまだ水着も着ますよ!!

そんな私が今年印象的だった出来事の第1位は、「新R25のコラムがバズってTwitterのトレンドに名前が入った!」

最初にバズった記事が5位、2回目バズった記事が3位までいきました。

想像を超えた「仕事論」の数々。倉持由香は間違いなく、売れるべくして売れた
「お金のことしか考えてません」倉持由香が熱弁する【稼げる人の法則5カ条】

個人名がトレンドに入る……タレントとしてこんなに嬉しいことはないですね。このコラムでずっと言ってた内容をまとめた感じの内容だったので「なんで!?」みたいなところもありますが(笑)、「新R25を読んだよ」って層と「BLOGOS読んでます」っていう年齢層が違うのかな。Twitterをバリバリ使っている層は新R25を読んでいるんでしょうね。

ああいう風に注目された分「口だけじゃねえか!」って思われないように、自分もより頑張ろうって気が引き締まります!

今年の印象的だった出来事、第2位は「バラエティで身体を張った!」

撮影:富田恭透

MCをやらせて頂いていた「ピーチゃんねる(AbemaTV)」は6月に終わってしまったんですけど、土曜の夜はお尻を全力で出してましたね。「極楽とんぼKAKERUTV(AbemaTV)」ではゴリゴリの亀甲縛りをされたり、「野性爆弾のザ・ワールドチャネリング(AmazonPrime)」でくっきーさんにラップ越しに何回もブチューっとキスされたり。そういう感じで身体を張った番組が多かったですね。

事務所も、グラビアの時は『この露出度は…』とか『お尻の割れ目が見えすぎなので…』とか結構厳しくNGを出すんですが、「ワールドチャネリング」の現場はそもそもマネージャーさんが来てなかったんですよ!

お尻の割れ目よりラップキスの方が私としてはハードだったんですけど、事務所的にはバラエティの方がNGがないみたいです(笑)

「上田ちゃんネル(テレ朝チャンネル)」にも出させていただきました。くりぃむしちゅーの上田さんに「一番好きな女性タレント誰?って聞かれたら、倉持由香って答えるよ」って言って頂けたのがめちゃくちゃ嬉しくて!!

今年「SPA!」のグラビアン魂でみうらじゅんさんとリリー・フランキーさんに「尻職人は人間国宝レベルだよ」と褒めてもらったのと、この上田さんの言葉を、「もう生きるのが辛い…」って落ち込んだときに思い出すようにしています(笑)

あとはバラエティではありませんが、ラッパーのBlumioさんのMVに出させてもらいました。


ダンスが出来ないのに「ノッてください」って言われたのがめっちゃキツかったです(笑)。曲に合わせて「あーい!」って言ってくださいって言われて、たどたどしい「あーい」を披露しました。ぎこちない指パッチンが見られるので、ぜひどうぞ。

今年の印象的だった出来事、第3位は「友達とたくさん遊んだ!」

13歳で芸能界デビューして27歳までずっと「仕事頑張るぞ!売れるぞ!!!」って思ってお仕事をがむしゃらにやってきて、友達と遊んだ記憶がほぼなかったんですけど、今年はたくさん遊びましたね。

今の家に引っ越してからは週5日は来てるんじゃないかな?っていうぐらい私の家に集まって、みんなで鈴木咲ちゃんのご飯を食べたり、富士急ハイランドに行ったり、バーベキューをしたり、ほったらかし温泉に行ったり、箱根でマス釣りもしたし、大分や北海道にも行きました。順調に人生のトロフィー解放してます。

今年1年を漢字一文字で表すと…文章を書くの「書」ですかね。BLOGOS、新R25、eスポーツ系のウェルプレイドジャーナルとか、たくさんのメディアで書かせてもらいました。 他のインタビューも全部自分で文章を直しているので、書く作業がとにかく多かったなあ。来年2019年はどんな一文字の年になるんでしょうね。20歳を超えてから1年があっという間に感じられて恐ろしい。残り少ない20代、大切に過ごしていきます!

あわせて読みたい

「グラビア」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  3. 3

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  4. 4

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  5. 5

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  6. 6

    急速に進みだした日本企業のM&A

    ヒロ

  7. 7

    ユニクロ+J高額転売でも売れる訳

    南充浩

  8. 8

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  9. 9

    日本沈没ドラマ化に思わぬ批判

    女性自身

  10. 10

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。