記事

芸人ヒロシ"好きなことを仕事にする方法"

1/2

好きなことを仕事にするにはどうすればいいのか。自虐ネタでブレイクした芸人・ヒロシさんは、いま「YouTuber(ユーチューバー)」として活躍している。主な内容は趣味のキャンプを楽しむというもの。動画2本をあげるだけで、月80万円を稼いだこともある。なぜヒロシさんの動画にはファンが多いのか。本人に聞いた――。

現在はソロキャンプYouTuberとしても活躍するヒロシさん

■チャンネル登録者数は29万人超

2004年、伏し目がちにつぶやく芸人の自虐ネタが、一世を風靡した。芸人の名はヒロシ。それから14年、今、ヒロシはYouTuberとして活躍している。チャンネル登録者数は29万人を超え、100万回再生を超える動画もある(2018年12月10日時点)。なぜ芸人とは別の道で再び成功することができたのか――。

「今、通常のタレントの仕事とYouTuberとしての仕事がごっちゃになっています。YouTubeのおかげでテレビ番組に出ることもあって、うまく混ざってる感じ。でも、別にYouTuberになろうと思っていたわけではないんです」

「数年前、大江戸線六本木駅で、日本エレキテル連合が出ている『好きなことで、生きていく』というYouTubeキャンペーン広告がバーンッと視界に飛び込んできたんですよ。当時自分は、そこまでテレビには出ていないけど、営業の仕事があって別に困ってはいなかった時期でした。でもそのなかで好きでもないことをやる時も結構あって、『いいなぁ。今の俺は『好きなことで、生きていく』なんてムリだな』と思いました。まさか自分がそうなるとは思ってなかったですね……」

■もとは身内向けの“自己満足”だった

ヒロシさんにとって、「好きなこと」とはキャンプ。もともと、仲間と集まっては足を運ぶ、純粋な趣味だった。なぜそれがYouTuberとしての活動につながったのか。

「最初は、仲間や料理の写真や動画をスマホで撮っていたんですよ。パソコンに入ってるソフトで適当に編集しては、YouTubeにあげるようになりました。それも身内向けというか、キャンプ仲間との飲み会でタブレットで見て面白がるための、完全に自己満足の動画でした」

「でも、少しずつ視聴数が増えているのに気づいたんです。コメントも好意的で、そうなるとだんだん楽しくなってくるじゃないですか。さらに、地方に行ったとき、『YouTube見てます』と言われて、それがすごくうれしかったんですよ。『本当に見られてるんだ!』という実感があって、デジカメを買って画質をよくするとか、工夫を始めました」



■「テレビで観てます」より嬉しい理由

ブレイクした芸人なら、街中で「テレビで観てます」と言われることには慣れているはずだ。だがヒロシさんは、「YouTubeを見てます」と声をかけられるほうが圧倒的にうれしいという。


「YouTubeは自分が認められる感覚があった」という。

「テレビは僕一人が作ってるわけじゃないですから。ブームの頃でいうと、自分が作ったものではないネタ……たとえば、『ゲストにちなんだワードを入れたネタをやってくれ』と求められることがありました。でも僕がやっているのは自虐ネタだから、それでウケるネタを作るのは難しい。結局、自分は面白いと思ってない、他人が考えたネタをやることがあった。それって、僕がやりたいことじゃないんです」

「でもYouTubeは、演出も編集も自分で納得するようにできて、責任持って作ったものを世に出せる。そうなると、広告収入で100円入ってもうれしいんですよ。自分が認められる感覚、好きなことでお金が得られる喜びが強い。一回ブレイクして大金を稼いだ僕が、もっと低い金額に『わー、マジか!』と興奮を覚えるくらいですから」

■オシャレじゃない動画でも需要はある

有名人がYouTuberになると、自分自身が出演することが多いが、ヒロシさんはあまり動画に映らず、口数も少ない。いわく、「動画を撮るのが目的ではなく、キャンプに行くついでに映像を記録するスタイルなんです」。これは当初から貫いているという。

「たとえば自分が歩く姿を撮るには、先にカメラをどこかに置いて自分を撮って、取り終わったらまたカメラを取りに戻らないといけない。そういう面倒くさいのはイヤなんですよ。画はステキでも、キャンプを楽しめなくなるので」

「オシャレなキャンプの様子は、テレビや雑誌でも見られますからね。その反動なのか、リアルなキャンプ映像を見たがる人が意外とネットには多かった。ダッチオーブンで鶏肉にプチトマト乗せて焼くようなオシャレな映像でなく、カップラーメンを食べる動画がウケることもある。キャンプ以外でも、『これ、そんなに見られてるの?』というニッチなジャンルの動画ってあるじゃないですか。僕が以前ハマって観ていたのが、キャバ嬢と客のLINEの攻防をさらした動画です。客観的に見ると笑えるんですよ。作りこんでいないぶん、生々しい背景が見えて面白い、というのは僕のキャンプ動画も同じなのかもしれません」

あわせて読みたい

「お笑い芸人」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  2. 2

    劇場不発?小池百合子知事も「中止」選択は取らず 東京五輪の次なる焦点は観客の有無

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月22日 09:58

  3. 3

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

  6. 6

    年上の高齢男性から告白されるということについて

    紙屋高雪

    06月21日 09:11

  7. 7

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  8. 8

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  9. 9

    小川彩佳アナと離婚へ ベンチャー夫の呆れた一言「今からなら、遊んでも…」

    文春オンライン

    06月21日 19:30

  10. 10

    共同通信『慰安婦謝罪像、東京で展示を検討』 とんでもないことで許せぬ

    和田政宗

    06月21日 08:22

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。