記事

「CD離れ」が始まったグラミー賞と、CDスルーする新世代アーティストに共通する音楽的背景

1/2

2019年2月に開催する「第61回グラミー賞」のノミネーションが発表され、すでに気の早いメディアではアワードの行方が話題になっている。

今回のグラミー賞では、前回にも増してヒップホップ・シーンの人気と影響力が見えてくる。

最大のノミネーションを記録したのは、8部門にノミネートされたケンドリック・ラマーだ。プロデューサーを務めた映画『ブラックパンサー』サウンドトラックでが最優秀アルバム賞や、「All The Stars」で最優秀楽曲賞にノミネートされた。

彼は2018年は7部門、2017年は2部門、2016年にはグラミー史上3番目に多い11部門でノミネートされているまさに2010年代ヒップホップを象徴する存在と言える。

次に多いのは、7部門でドレイク。6部門でシンガーソングライターのブランディ・カーライルと、ヒップホップ・プロデューサーでドレイクのOVO SoundのプロデューサーでもあるBoi-1daが続く。

毎年、米国で最も視聴率が高い音楽アワード番組と言われるグラミーだが、近年は視聴率で苦戦している。

2018年の第60回グラミー賞では、1,980万人がCBSの3時間半の生放送を視聴した。これは2017年の視聴者数2610万人から24%も大きく減少している。

ニールセンのデータによれば、2014年の第54回グラミー賞では過去2位となる視聴者数2850万人を記録したが、わずか4年でこの低迷ぶりだ。そこには視聴者の地上波テレビ離れや、ネット動画視聴の普及、「コードカッター」の増加も影響しているはず。アワード放送を制作するCBSも巻き返しを図りたいところだが、視聴形式の変化にいかに対応するかは、テレビ業界にとって大きな悩みになるはずだ。

CDセールスはもはや選考外

さらに2019年のグラミー賞は、音楽業界にとって音楽フォーマットの歴史に残る変化の年となる。


第61回グラミー賞では、最優秀アルバム賞にノミネートされた2作品がCDでのリリースを見送っている。

Cardi Bの『Invasion Of Privacy』と、H.E.R.の『H.E.R.』はリリース形式に音楽ストリーミングとダウンロード、アナログレコードを選び、未だに世界的にはCDで発売されていない作品としてノミネートされた。

CDリリースのないアルバムがグラミー最優勝アルバム賞にノミネートされるのは1984年以来35年ぶりという歴史的事件だ。


1982年に世界初の商用音楽CDとして、ビリー・ジョエルの『ニューヨーク52番街』が日本でリリースされて以来、CDは30年以上も世界で最も人気ある音楽フォーマットとして購入されてきた。

グラミー最優秀アルバム賞で初めてCDリリース中心の作品がノミネートされたのは1984年。マイケル・ジャクソンの『スリラー』とポリスの『シンクロニシティ』まで遡る。それまではアナログレコードのLPリリースが中心だったグラミー賞の選考は、1985年以降には全ての最優秀アルバム賞ノミネート作品がCD中心のリリースへと移り変わった。

勿論、CDリリースの無いアーティストや作品でグラミーを受賞した前例は数多い。

最近では2017年に、ミックステープ形式で音楽ストリーミングから『Coloring Book』をリリースしたヒップホップアーティストのChance The Rapperが最優秀新人賞や最優秀ラップパフォーマンス賞を受賞したことが歴史的快挙と言われている。

Chance The Rapperの『Coloring Book』は、グラミー賞を主催する音楽団体「ザ・レコーディング・アカデミー」に、ノミネーション選考のルール変更を施行させる大きな要因となった。

それまで選考外だった「無料」でリリースされた作品も対象に含まれることが新ルールとして導入された。

ザ・レコーディング・アカデミーは2014年からルール変更を検討してきた。だが、Chance The Rapperの成功は、SpotifyやApple Music、Tidal、Amazon Music、Google Play Musicなど音楽ストリーミングの配信がすでに音楽消費の主流に変わったことを業界に認知させた出来事だった。

そして今年、音楽ストリーミングで配信されたCardi Bの『Invasion Of Privacy』はメディアからの高評価を受けただけでなく、米ビルボードのアルバムチャートで1位を獲得する。H.E.R.の『H.E.R.』はグラミー賞5部門にノミネートされている。

Chance The Rapperの『Coloring Book』、そして彼女たちの二作品は、グラミー賞主要部門という音楽業界の象徴と言えるアワードでさえ、もはやCDリリースの実績は過去のものであると認めたことを意味する。

あわせて読みたい

「音楽業界」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    格安スマホ業界にまで波及した価格破壊

    自由人

    06月19日 08:14

  2. 2

    「米国は病気」と罵りつつ、周庭さんは釈放…G7を敵に回した習近平政権の行き詰まり

    PRESIDENT Online

    06月19日 18:11

  3. 3

    さらに活用が進む、つみたてNISA~2021年は買付金額が1兆円超えか~ - 前山 裕亮

    ニッセイ基礎研究所

    06月19日 08:55

  4. 4

    都民ファーストの不振ぶりが目立つ都議選 小池旋風が影を潜めた影響か

    早川忠孝

    06月19日 16:34

  5. 5

    菅原一秀氏から違法行為を強要されていた元秘書が「説明責任果たせ」と顔出し訴え

    田中龍作

    06月19日 22:04

  6. 6

    世帯年収400~600万円のリアル「残業ありきの給料で毎日クタクタ」

    キャリコネニュース

    06月19日 18:44

  7. 7

    少子化高齢化問題に悩む中国 「日本の経験を中国に伝えるのは意義がある」舛添要一氏

    舛添要一

    06月19日 10:36

  8. 8

    「正社員で20代を浪費したくない!」フリーター女性の叫びと、垣間見える不安

    キャリコネニュース

    06月19日 13:17

  9. 9

    河井克行氏に「実刑判決(懲役3年)」の衝撃。もらう側の罪は?そして自民党の責任は

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月19日 08:26

  10. 10

    都合がよければ専門家の意見を聞き、悪ければ黙らせる 五輪巡る政府対応は納得できぬ

    小宮山洋子

    06月19日 16:39

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。