記事

【読書感想】一切なりゆき 樹木希林のことば

1/2

一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書 1194)
作者: 樹木希林
出版社/メーカー: 文藝春秋
発売日: 2018/12/20
メディア: 新書
この商品を含むブログを見る

Kindle版もあります。

一切なりゆき 樹木希林のことば (文春新書)
作者: 樹木希林
出版社/メーカー: 文藝春秋
発売日: 2018/12/20
メディア: Kindle版
この商品を含むブログを見る

内容紹介
2018年9月15日、女優の樹木希林さんが永眠されました。樹木さんを回顧するときに思い出すことは人それぞれです。

は、テレビドラマ『寺内貫太郎一家』で「ジュリー~」と身悶えるお婆ちゃんの暴れっぷりや、連続テレビ小説『はね駒』で演じた貞女のような母親役、「美しい方はより美しく、そうでない方はそれなりに……」というテレビCMでのとぼけた姿もいまだに強く印象に残っています。近年では、『わが母の記』や『万引き家族』などで見せた融通無碍な演技は、瞠目に値するものでした。まさに平成の名女優と言えるでしょう。

樹木さんは活字において、数多くのことばを遺しました。語り口は平明で、いつもユーモアを添えることを忘れないのですが、じつはとても深い。彼女の語ることが説得力をもって私たちに迫ってくるのは、浮いたような借り物は一つもないからで、それぞれのことばが樹木さんの生き方そのものであったからではないでしょうか。本人は意識しなくとも、警句や名言の山を築いているのです。

それは希林流生き方のエッセンスでもあります。表紙に使用したなんとも心が和むお顔写真とともに、噛むほどに心に沁みる樹木さんのことばを玩味していただければ幸いです。

 僕が樹木希林さんをはじめて観たのは、『ザ・ベストテン』で、郷ひろみさんと『林檎殺人事件』を歌っていた姿でした。
 子供心に、「なぜ、あの郷ひろみさんと、こんなパッとしない女の人がデュエットしているんだろう?」と疑問だったんですよね。

 「美しい人はより美しく、そうでない方はそれなりに」というフジカラーのCMも印象に残っています。
 樹木希林さんは、人生の後半になって、個性派女優として存在感を増し、亡くなる前にも『万引き家族』で、「らしい」姿を見せておられました。

 あまりにも平然と活躍しておられるので、「全身がんなんですよ」という本人の言葉も、「本当なのだろうか」と内心疑っていたくらいです。

   樹木希林さんの生き方というのは、亡くなられてから、あらためて注目された面もあるのですが、けっしてすべてがうまくいっていた、というわけではなくて、内田裕也さんとの愛憎入り乱れた長年の結婚生活もあって、本当に不思議な人だなあ、と僕は感じています。

 真似しようと思っても、できるような人ではないけれども、この本で、樹木希林さんの言葉を辿っていくと、世の中には、こんな生き方を(外見上は)平然としてきた人もいるのだなあ、と感心するのと同時に、自分も少し生きかたの許容範囲が広がるような気がしました。

 私が今日まで生きてきて、自分で一番トクしたなと思うのはね、言葉で言うと、不器量と言うか、不細工だったことなんですよ。

 私は、普通だと思ってるんだけども、他人がそういうふうに見るから、ああ、そうなんだなあと思って見ているうちに、器量よしばっかり集まる芸能界に入っちゃったんですよ(笑)。

 今でこそ、役の広がりが出てきましたけど、昔はお手伝いさんまでも、器量よしがやったわけですからね(笑)。ま、だから、自分が不器量だということに早目に気がつかされちゃってね。

 それでね、案外自分としては、男を見誤らないできたという確信があるんですよ。要するに、見誤らないというのは、

自分がこうだと思ったとおりなんです。それを選ぶか選ばないかは、自分の縁ですからね。

 だから、不器量であるために、他人が私に関心を寄せないから、こっちが自由に人を判断できる。今日まで、いろんな男の人との出会いがあって、中には、うーん、ねえっていうのもありますけど(笑)。それも含めて納得しているんですね。不器量のトクな点だなあと。
  (「そして、現代に貞女はいなくなった…」1998年3月)

 希林さんの言葉を読んでいて感じるのは、足りないことやものを嘆くのではなく、いま、自分がもっているもので勝負している人の強さなんですよ。

 いま、ここにある素材でできる、いちばんおいしい料理をつくることを楽しんでいるようにみえるのだよなあ。

あわせて読みたい

「樹木希林」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    日本がマスク支援 中国で大反響

    木走正水(きばしりまさみず)

  2. 2

    武漢で4万人宴会 感染否定に疑問

    団藤保晴

  3. 3

    米の北戦略「ソウル防衛捨てた」

    文春オンライン

  4. 4

    番組担当者が自殺 MXTVの無責任

    渡邉裕二

  5. 5

    カジノ誘致で米中に蜜吸わせるな

    毒蝮三太夫

  6. 6

    東出の不倫めぐる「稚拙なミス」

    藤沢数希

  7. 7

    実名報道 想像力乏しい記者たち

    dragoner

  8. 8

    邦人帰国のチャーター機派遣延期

    ロイター

  9. 9

    共産市長NO 広告にヘイトと指摘

    田中龍作

  10. 10

    杉田議員の「エア電話」率は80%?

    AbemaTIMES

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。