記事

沖縄県民投票を妨害する自公系首長だち 辺野古移設賛成票が自分たちの得票数にも達しないことがばれてしまうからね。

沖縄県では、安倍自民党政権が辺野古移設を強行し、埋め立てを開始しています。
 このような海を埋め立てる合理性など全くありません。環境破壊そのものです。
 辺野古移設は反対、沖縄県民の意思は明らかなのに、こうした暴挙を正当化するものはなく、その気もないのに普天間危険の除去など安倍政権が口にすることも恥ずかしいことです。

 玉城知事は、辺野古移設の是非を問う県民投票を実施することを決めました。
 これに難癖をつけるのが、宜野湾市など自公系が首長であったり議会が多数を占める自治体です。
 もともとこうした自治体の首長選挙でも議会選挙でも明確に辺野古移設を訴えて当選している首長はいないし、個々の議員レベルではわかりませんが、そもそもこれまでずっと沖縄自民党が争点隠しを常套手段としてやってきたのですから、正面から辺野古移設など掲げて当選などしていないのです。
 あたかも「反対」であるかのように取り繕っておきながら、今さら県民投票に反対というのは筋がとおりません。
 有権者も少なくない人が、経済対策に期待し、しかも辺野古移設賛成とまでは言わない自公系候補に投票しています。
 前回の沖縄県知事選挙でも自公系候補が露骨な争点すり替え選挙をやっていましたね。
「子どもたちに無料や格安で食事を提供する子ども食堂」への支援という公約をどう思いますか。推薦政党の安倍自民党に問いたい 福祉への侮辱

 佐喜真(自公)陣営は、有権者をエサで釣ろうとする最低の選挙でした。菅氏も何故か携帯電話代の値下げなど言い出す始末で、本当にひどい選挙でした。

子育て支援が一番は結構ですが(誰も反対しない)、辺野古移設には賛成ですか反対ですか、問われいてるのはそこなんですけれど。ひどいね。
 基地問題(辺野古移設)には諦めつつ、こうした毛針に期待はしたものの、やっぱり辺野古移設に明確にノーを言いたい層は多くあります。
 それこそ仕方なく自公系候補に投票した層のことです。
 このようなイメージですね。

 グレーで当選できても

 真っ黒の部分は少しだけ、これだけじゃ当選できないものね

 それとも自分たちに投票した票の多くが辺野古移設ノーの投票だと認めますか。
 結局、自分たちの得票数よりもより多くのノーの票が出るのは明らかだから妨害しようとしているのですから、ひどいものです。

 結果はみるまでもなく圧倒的多数が辺野古移設ノー。それを妨害しようとしているのが自公勢力です。
 本当にこれでいいんですか。

あわせて読みたい

「普天間基地移設問題」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    GoTo見直し 協力体制みえず幻滅

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    新井浩文が語った「性的武勇伝」

    文春オンライン

  3. 3

    赤旗は佐藤優氏批判する資格なし

    鈴木宗男

  4. 4

    意見広告は嘘でも許容されるのか

    島田範正

  5. 5

    バイキングで疑惑報道の社長怒り

    SmartFLASH

  6. 6

    本厚木が1位 住みたい街は本当か

    中川寛子

  7. 7

    よしのり氏「皇女」案に危機感

    小林よしのり

  8. 8

    よしのり氏 コロナの正体見たり

    小林よしのり

  9. 9

    なぜリベラリズムは生き残るのか

    SYNODOS

  10. 10

    コロナ禍で缶コーヒー離れが加速

    文春オンライン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。