記事

「養分」「情弱」が正当化される社会とは、一体何なのか

1/2

 ※この文章にはヤマもオチもイミもありません。まとまりのある文章をお望みでしたら、回れ右です。
 
FGOに400万課金した女が思うこと
課金してるやつには何を言っても無駄
 
 クリスマスイブ~今日にかけて、はてな匿名ダイアリーに、ソーシャルゲームに大金をつぎ込んでしまった話が相次いで投稿された。ひどい課金もあったもんだねぇ……と思いつつも、お天道様はそれでも課金を許しているじゃないか、それに、位置情報ゲームのために何十万円何百万円つぎ込む人や、ホストクラブやキャバクラに蕩尽する人だって似たようなものじゃないか、などとぼんやりと考えているうちに日経平均がどんどん下がっていった。
 
 そんな折、ふとtwitterを眺めていたら「養分」という言葉が目に飛び込んできた。  

 なるほど、「養分*1」ですか。
 株価が大暴落しているせいもあってか、「養分」という言葉が私のなかに染みわたって変な気分になった。
 
 ソーシャルゲームに何十万何百万もつぎ込む人は、ゲーム運営企業にとって「養分」に違いない。それだけではない。他のゲームプレイヤーにとっても「養分」だったりする。なぜなら、たくさんのお金をつぎ込んでくれる人がいればいるほど、そのソーシャルゲームのクオリティが高くなったり、そのソーシャルゲームの耐用年数が長くなったりするからだ。ゲーム運営企業という媒介者をとおして、無課金プレイヤーや少額課金プレイヤーも間接的に「養分」の分け前にあずかっている。  

 この「養分」の構図はソーシャルゲームで際立っているけれども、アイドルグループの応援や、自分が使っているネットサービスが継続されるか否かといった問題にも(程度の違いはあれど)当てはまることだ。投機や投資のたぐいにも当てはまるだろう。
  
 「養分」がたくさんのコストを負担してくれることによって、そうでない人々がお金をもうけたりサービスを享受できたりする構図は、現代社会のすみずみまで浸透しているので、私達は、それが甚だしい時には顔をしかめるけれども、その構図そのものに対して自省的になることはほとんどない。
 
 「情弱(情報弱者)」が損をする問題についても、近いものを感じる。
 
 もっと便利なサービスを知らない・もっと安くつくサービスを知らないがために多くのお金を使わざるを得ない人を、ネットの住民はしばしば「情弱」と言って蔑む。たとえば大手通信会社がスマートフォンにプリインストールしたアプリによって「情弱」からお金をむしりとっている、などと言ったりする。
 
 その一方で、経済のある部分はまさにその「情弱」によって回っていたりもする。情報弱者がいなければ成り立たない産業、情報弱者がいるおかげで潤っている商売が、この世にいったいどれぐらいあるだろうか。資本主義社会において、情報が弱いということは経済的弱さに相通じるし、情報が強いことは経済的強みに相通じている。そんなことは、多くの人々──とりわけ「情強」を自称している人々──が知悉していることだろう。にも関わらず、「情弱」がその情報の弱さによって多くのお金をむしりとられる構図自体が自省されることはほとんどない。
 
   「養分」や「情弱」からお金をむしり取ることは、現代社会ではどうやら正当化されているらしく、現代人は、そのことに良心の呵責をあまり感じないのだろう。どうしてこんなことが大っぴらに、さも当たり前のことのように許容されているのだろうか。  

あわせて読みたい

「インターネット」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  3. 3

    立民党はなぜ全く期待できないか

    宇佐美典也

  4. 4

    4連敗の巨人 原監督に欠けた潔さ

    NEWSポストセブン

  5. 5

    相次ぐ遅刻 憲法を軽んじる自民

    大串博志

  6. 6

    医師「感染対策は経験を生かせ」

    中村ゆきつぐ

  7. 7

    社民党を食いつぶした福島瑞穂氏

    文春オンライン

  8. 8

    投資家がマイホームのリスク指摘

    内藤忍

  9. 9

    昭恵氏 学園理事と親密ショット

    NEWSポストセブン

  10. 10

    トヨタが学校推薦を廃止した衝撃

    城繁幸

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。