記事

アメブロ商用利用禁止から商用利用OKに!アフィリエイトもOK!ブログで仕事獲得するならアメブロ!

今まで建前上、商用利用禁止だった アメブロが規約変更になり、 商用利用OK、アフィリエイトもOKに!

仕事獲得や集客のために 絶好のツールのブログですが、、 商用利用禁止規約があったので ブログ術講義では アメブロを勧めてはきませんでしたが 商用利用OKとなれば話は別。 いろんなブログが多いですが 圧倒的にユーザー数も多く フォロー機能でつながりも もてるアメブロは、ブログの中でも おすすめできる選択肢となりました。 私もこれを見越したわけではないけど 2ヶ月前にアメブロに移転してます。

とはいえ今までアメブロは 商用利用禁止といいながら 商用利用を完全に放置・黙認状態。 やっと商用利用で使える! というよりは 商用利用していた実態に やっと規約を合わせた程度の 変化にはすぎないけど、 それでも建前上、商用禁止となっていて いつ消されるかわからない不安は 規約変更によりなくなったのではないかと。

フェイスブックがオワコンになり ブログが拡散しにくくなったり、 つまらなくなってしまった今、 フォローによるSNS的機能のある アメブロは多くの人に 自分の活動を知ってもらえる 絶好のツールとなります。 今回の規約変更により 堂々と商用利用できるようになったので、 ブログをお使いの方は アメブロを検討してみてはどうでしょう?

ただアメブロは今まで 規約を実態にあわせず ブラックボックス的な運営で 恣意的にブログや記事を削除するなど、 基準や規約が明確でない 不透明な運営に対する不安は まだぬぐえませんが、 今回の規約変更はそうした 不透明な運営をやめて きちんと規約に基づき ブログ運用ルールを決めるようになった 証ではないかと思い、 アメブロさんには期待しております。 そうしたこともあり 私もアメブロに移転してきました。

アメブロ移転して2ヶ月がたちましたが、 おかしな記事削除などは 私のところではありません。 そして今回の規約変更により 堂々と商用利用もでき おすすめ本などのアフィリエイトも できるので、 アメブロは仕事獲得のための 有効なツールになるのではないかと。

またアメブロが信頼できると思ったのは、 今までのアクセス解析「水増し」がなくなり グーグルアナリティクスに近い きちんとしたアクセス数に変更されたことも、 私の中でアメブロに対する 信頼感が増した理由でもあります。

他のブログでやっている方は アメブロ移転を検討しても よいかもしれません。

またワードプレスに移行したけど アクセス数が減っちゃったとか、 難しくて更新しにくい方などは アメブロにするとよいかも。

私がアメブロに移って 一番良かったのはスマホアプリが神で めちゃめちゃスマホから更新しやすいこと。 写真はりつけや写真加工も めちゃめちゃラクです。

そんなわけでブログされている方、 ぜひアメブロを検討するとよいです。 ただ商用利用解禁で いかがわしい勢力が アメブロ内に増えてくると、 状況は変わる可能性もあるので注意。

ただ今のところ アメブロはおすすめしたい ブログ選択肢の1つです。

引き続き私はアメブロで 毎日更新を続け ブログ集客やブランディングに 役立つ情報を発信していきますので ぜひフォローしていただければと思います!

※ブログは2000年2月から18年毎日更新! フォローしていただければ!リブログ、紹介大歓迎。

※アメブロ商用利用については こちらを各自熟読ください。

https://ameblo.jp/staff/entry-12427450584.html

あわせて読みたい

「アメブロ」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    ANAホテル 首相答弁と反する回答

    辻元清美

  2. 2

    内村光良のNHKコントは笑えない

    メディアゴン

  3. 3

    韓国「パラサイト」で反日強化か

    WEDGE Infinity

  4. 4

    「尻尾まで腐ってる」野党の現状

    小林よしのり

  5. 5

    辻元氏 ANAホテルは事実を答えた

    辻元清美

  6. 6

    のんびり残業派がもたらす害悪

    非国民通信

  7. 7

    死者1万人 米インフルはコロナか

    PRESIDENT Online

  8. 8

    佳子さま ニート批判受けて変化

    文春オンライン

  9. 9

    識者「国内で爆発的流行はない」

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    山本太郎氏 消費税5%を提案せよ

    田中龍作

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。