記事

買春バスケ選手 復帰嘆願署名運動が「時期尚早」と炎上

まだ禊は済んでいない?(時事通信フォト)

 アメリカンフットボール、ボクシング、女子体操、レスリング……2018年はアマチュアスポーツ界で不祥事が多発したが、8月のアジア大会中に買春行為に走ったことがバレたのは、バスケットボール男子代表選手たち。永吉佑也(27)、橋本拓哉(24)、佐藤卓磨(23)、今村佳太(22)の4選手が、ジャカルタ(インドネシア)の歓楽街で交渉して女性とホテルに行き、買春行為に及んだのだ。

 4人揃って1年の出場資格停止処分となったが、4か月後に“再炎上”したのが新潟アルビレックス所属の今村である。12月8日、新潟の試合会場を訪れたBリーグの大河正明チェアマン(60)が、今村の反省の態度を評価した上で、地元ファンを前に、

「どんどん僕の方に声を届けてください!」

 と呼び掛け、真に受けたチームが早期復帰を嘆願する署名活動開始をHPで告知したところ、「時期尚早」と活動への批判が殺到。即中止に追い込まれた。

 当の今村は、長岡市内のスポーツ施設などで清掃ボランティア中。現地を訪ねると、朝7時前からガラスなどを拭く長身の今村の姿があった。本人は「お話はできません」とするのみだったが、施設の職員は「すごく真面目に掃除していますよ」というから、チェアマンの呼び掛けはいい迷惑だっただろう。

※週刊ポスト2019年1月1・4日号

あわせて読みたい

「売春」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    朝日新聞が月ぎめ4400円に 27年ぶりの購読料値上げは吉と出るか、凶と出るか 

    木村正人

    06月15日 18:26

  2. 2

    選手間の感染だけでなく熱中症の死亡リスクも 東京五輪は綱渡り状態

    諌山裕

    06月15日 11:52

  3. 3

    「外食産業の真実爆弾」ウハウハのマクドナルド、崖っぷちワタミの"笑えない格差"はどこでついたか

    PRESIDENT Online

    06月15日 13:40

  4. 4

    2021年のガンダムの見せ方、それとテロリズム──『閃光のハサウェイ』

    シロクマ(はてなid;p_shirokuma)

    06月15日 08:36

  5. 5

    五輪強行開催 コーツが来たりて大量虐殺の笛を吹く

    田中龍作

    06月15日 08:39

  6. 6

    ワクチン接種は医療者として当然必要な条件 個人の自由を制限するのはダメなのか

    中村ゆきつぐ

    06月15日 08:23

  7. 7

    二階俊博氏、コロナ対策で失策の指摘に「これ以上やりようありますか?」と逆質問

    ABEMA TIMES

    06月15日 19:26

  8. 8

    数字の水増しが常態化? 小池知事が招いた都庁の緊急事態

    文春オンライン

    06月15日 10:31

  9. 9

    内閣不信任案提出はいいが、趣旨説明の時間が無制限というルールは止めた方がいいな

    早川忠孝

    06月15日 16:04

  10. 10

    田中みな実、長澤まさみ問題で考える マネージャーの劣化か時代の変化か

    NEWSポストセブン

    06月15日 08:58

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。