記事

平成映画ランキング 千と千尋、タイタニック、アナ雪が上位

『千と千尋の神隠し』発売元:ウォルト・ディズニー・ジャパン DVD【デジタルリマスター版】5076円(C)2001 Studio Ghibli・NDDTM

 たくさんの映画がヒットした平成の時代。1997年の『タイタニック』までは洋画人気が根強かったが、以降は邦画が逆転した。テレビ解説者でコラムニストの木村隆志さんが説明する。

「それまでつまらないといわれてきた日本映画に、制作力・資金力・PR力のあるテレビ局が本格参入。ドラマ作品をスケールアップした形で映画化した。さらに企業などを多角的に巻き込んだ“製作委員会”も一般化。リスクの分散に成功したことで、『踊る大捜査線』以降は邦画が勝ち組となった」

 さらに、トレンドウォッチャーのくどうみやこさんは、こう話す。

「『アバター』をきっかけに3D映像が定着。以降は映像や音響にこだわり、“この映画はこのシアターで、3Dで見る”など、映像まで選択するようになりました」

 そこで平成の国内映画興行収入ランキングベスト10を紹介する。

【国内映画興行収入ベスト10】

第1位 『千と千尋の神隠し』2001年 308億円

第2位 『タイタニック』1997年 262億円

第3位 『アナと雪の女王』2014年 255円

第4位 『君の名は。』2016年 250.3億円

第5位 『ハリー・ポッターと賢者の石』2001年 203億円

第6位 『ハウルの動く城』2004年 196億円

第7位 『もののけ姫』1997年 193億円

第8位 『踊る大捜査線 THE MOVIE 2 レインボーブリッジを封鎖せよ!』2003年 173.5億円

第9位 『ハリー・ポッターと秘密の部屋』2002年 173億円

第10位 『アバター』2009年 156億円

『千と千尋の神隠し』は制作・スタジオジブリ、監督・宮崎駿の長編アニメ。平成のみならず、日本歴代興行収入第1位。10才の千尋が神々の世界へ迷い込む物語。夏木マリ、菅原文太、神木隆之介などが声優を務めた。

『タイタニック』は1912年に起きた豪華客船タイタニック号沈没事故が題材。主演はレオナルド・ディカプリオとケイト・ウィンスレット。船の先端での2人のシーンをマネする人が続出。主題歌はセリーヌ・ディオンが歌い大ヒット。

※女性セブン2019年1月3・10日号

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    「Mr.慶應」性犯罪で6度目の逮捕

    渡邉裕二

  2. 2

    昭和の悪習 忘年会が絶滅する日

    かさこ

  3. 3

    再び不倫 宮崎謙介元議員を直撃

    文春オンライン

  4. 4

    早慶はいずれ「慶應一人勝ち」に

    内藤忍

  5. 5

    医師が語る現状「医療崩壊ない」

    名月論

  6. 6

    テレビ劣化させる正義クレーマー

    放送作家の徹夜は2日まで

  7. 7

    案里氏 法廷で昼ドラばりの証言

    文春オンライン

  8. 8

    公務員賞与0.05か月減に国民怒れ

    わたなべ美樹

  9. 9

    感染増の原因はGoToだけではない

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  10. 10

    GoTo自粛要請「後手後手の極み」

    大串博志

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。