記事

ソチ五輪で亀裂が「羽生結弦」と「高橋大輔」因縁の原点

1/2
ソチ五輪の羽生と高橋(写真・長田洋平/アフロスポーツ)

「日本のフィギュア界では、シニア選手とジュニア選手が合同で練習することがある。浅田真央や高橋大輔も、ジュニア時代は先輩の背中を追いかけて大きく成長した。羽生結弦も高橋の華麗なステップに憧れ、直接アドバイスを求めることもあった」(担当記者)

 現役復帰した高橋大輔(32)は、5年ぶりに全日本フィギュアに出場し、2位となった。だが、優勝候補筆頭の羽生結弦(24)は、怪我により欠場。期待された「新旧対決」は幻となった。

 しかし、いまや2人の関係は、穏やかなものではないという。

 2012年GPファイナルで、羽生は高橋に次ぐ銀メダルを獲得。頭角を現わした羽生は、その翌年からGPファイナルで前人未到の4連覇を果たす。

「一方の高橋は、2012年のGPファイナルのあと、羽生に1度も勝てなかった。そのため、気軽にアドバイスしていた羽生と、選手としての立場が逆転してしまったわけだ」(同前)

 関係悪化の決定的なきっかけは、2014年ソチ五輪でのこと。

 高橋は6位入賞し、フィギュア初の五輪3大会連続入賞を果たすも、羽生が日本男子初の金メダルを獲得したため、高橋の快挙は霞んでしまった。

 以降、マスコミ界隈では、「2人の共演はNG」との噂が流れはじめる。1人が雑誌の表紙を飾ると、もう1人は取材を受けない。インタビューではお互いの質問をしてはいけない、など。

 あくまでも噂の域を出なかったが、表面化したのが2018年7月、羽生の国民栄誉賞表彰式でのこと。

「じつは前日に高橋が現役復帰を宣言していたため、羽生の会見には、そのことも聞こうと多くの記者が詰めかけた。

あわせて読みたい

「フィギュアスケート」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    セブンの斬新な飛沫防御策を称賛

    佐々木康彦 / ITmedia オルタナティブ・ブログ

  2. 2

    東京の緊急事態対応は「まとも」

    木曽崇

  3. 3

    緊急事態宣言を同時中継する忖度

    水島宏明

  4. 4

    よしのり氏 恐怖煽る報道に苦言

    小林よしのり

  5. 5

    二郎を残す客にALS患者が怒り

    恩田聖敬

  6. 6

    コロナで日本の通勤者 僅か9%減

    幻冬舎plus

  7. 7

    緊急事態会見はライターが上手い

    Chikirin

  8. 8

    藤浪感染で残念な私生活が露呈

    NEWSポストセブン

  9. 9

    今すぐに検討すべき現金一律給付

    BLOGOS編集部

  10. 10

    「韓国に学べ」となぜ報じないか

    水島宏明

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。