記事

12月25日(火)ムネオ日記

 朝日新聞1面に「菅氏が難色 豹変した経産省 革新機構 高額報酬問題」という見出し記事がある。正確を期す為に読者の皆さんに全文紹介したい。

 国内最大の官民ファンド、産業革新投資機構(JIC)が経営陣に高額の成功報酬制度を導入し、年によっては報酬が1億円を超す可能性がある。11月3日の土曜日、JICが経済産業省と検討してきた高額報酬案を朝日新聞が1面で報じると、経産省の幹部らは週明けにあわてて首相官邸に説明に走った。

 「1億円を超えるのは、まずいんじゃないの。GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)でも、3千万円ぐらいでしょう」

 待っていたのは、官房長官の菅義偉の否定的な反応だった。巨額の公的年金資産を運用する世界有数の機関投資家、GPIFトップの理事長でも報酬は年3千万円程。複数の関係者によると、それと比べてJICの報酬案は高すぎると菅は難色を示した。霞が関ににらみを利かせる菅の一言で、経産省はJICに対する態度を豹変させた。

 経産省官房長の糟谷敏秀は6日、JIC社長の田中正明を訪ね、もう言って平身低頭した。「報酬案は白紙としたい」

 糟谷は田中にJIC社長への就任を打診した、いわばJICの生みの親。ベース給など5千円に加え、業績連動報酬も設けると6月に田中に名言していた。経産省からJICに出向中の職員も「財務省とは握っています」と高額報酬導入に太鼓判を押していたが、糟谷は自ら示した報酬案の白紙撤回に追い込まれた。この日を境に、JIC経営陣は経産省への不信感を強めていった。

 さすが菅官房長官である。どう考えても常識の額ではない。見事な指摘と国民の皆さんは納得していることだろう。

 菅官房長官の判断について時には興味本位で扱われることもあるが、国民目線で職務を遂行していることはこの一件でも明らかである。

 安倍総理を支える名番頭の評価をさらに高めるものである。

あわせて読みたい

「菅義偉」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    アビガン承認煽る声に医師が苦言

    中村ゆきつぐ

  2. 2

    賭け麻雀苦言の労連トップが朝日

    和田政宗

  3. 3

    外国人選手が逮捕 試合なく薬物

    阿曽山大噴火

  4. 4

    安倍首相の言葉と行動大きく乖離

    畠山和也

  5. 5

    羽田で4人感染 ブラジルから到着

    ABEMA TIMES

  6. 6

    布マスクは金の無駄 飛沫防げず

    諌山裕

  7. 7

    森法相の国会答弁ねじ曲げに呆れ

    大串博志

  8. 8

    誹謗中傷の規制急ぐ政治家を危惧

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  9. 9

    森法相の迷走 元凶は安倍首相

    猪野 亨

  10. 10

    慰安婦団体 真の目的は日韓分断

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。