記事

こんなに酷かった白川方明前日銀総裁の国会答弁

1/4

[画像をブログで確認]

白川方明氏の「中央銀行―セントラルバンカーの経験した39年」への疑問

日本銀行前総裁の白川方明氏が「中央銀行―セントラルバンカーの経験した39年」という題名の本をお書きになりました。マスコミでもしばしば取り上げられています。日本銀行による過去の金融政策に賛否いずれの立場だとしてもスポットライトが当たることは歓迎したいと思います。

しかし、ここで書評やレビューをするつもりはありませんが、白川方明氏の日銀総裁としての業績評価については私も与党の一員として円高デフレ脱却のために金融政策の提言をした一人として放置しておくわけにはいきません。

白川方明氏自身はこの本の執筆の動機を「第一に中央銀行の役割について社会全体としてもっと議論を深める必要があるとの思いが強く、そのための材料を提供したいと考えた。二つ目は総裁時代が激動の5年間で、リーマン危機、欧州債務危機、東日本大震災、2度の政権交代があった。これらの記録を残す責任があると考えた。三つ目は日本経済や日銀についての海外の理解が不正確で、耐えがたかった。」と述べておられます。

 その大部な内容は、先進各国の中央銀行の主流となっている金融緩和を断固として拒否するご自身の理論を正当化するものです。しかし本当に白川方明氏が金融政策に関する論議を深めたいと思っておられるのなら、退官後ほとぼりが冷めた今、著作による言いっぱなしの形でではなく、在職時に国会の場で国会議員相手に質疑応答の形で行うべきでした。

ひたすら国会での議論から逃げ回った白川方明氏

私は参議院議員在職当時、円高デフレ脱却を実現して、景気や雇用を回復させようとする立場から、日本銀行の総裁として参考人として国会に出席した白川方明氏と、通貨の信認、わが国でのハイパーインフレの可能性、ゼロ金利や量的緩和の解除の問題、銀行券ルール、日銀の説明責任などについて何回も議論しました。

残念ながら白川方明氏は都合の悪い質問は作りかえ、定義も示さず、さらには答弁拒否とまったく議論から逃げ回っていました。質問前の質疑通告の際に「きちんと答弁するように」と質問取りに来た日銀の若手官僚には再三再四申し入れたのですが、馬耳東風でせっかくの質問時間を浪費させられてしまいました。説明責任に欠けるアンフェアな態度だったと言わざるを得ません。公開の場できちんとした議論もできない中央銀行の総裁がいくら分厚い著書を著したとしてもそれは単なる言いっぱなしの自己弁護であり、学問的には意味のないことだと思います。

白川方明氏の知的誠実さの欠如の証拠として、以下で、拙著「デフレ脱却戦記2」(桜町書院刊)から、私と白川方明前日銀総裁との国会質疑の一部を解説付きでご紹介します。読んでいただければいかに白川方明氏の答弁がアカウンタビリティーに欠けたものであったのかをお分かりいただけるでしょう。白川方明氏のほかの答弁にご関心のある方はぜひ「デフレ脱却戦記2」をお手に取ってください。このほかにも雨宮正佳現日銀副総裁など日銀官僚による「独創的」な答弁をご覧いただけます。

「デフレ脱却戦記2」より白川氏との国会質疑の実例

参議院財政金融委員会平成23(2011)年4月12日での質疑です。3月11日、東日本大震災が発災しました。犠牲になった皆様のご冥福をお祈りします。当時の野党自民党とも連携して、復興のためには増税ではなく国債を発行すべきだと提案しました。

【金子:日銀引受の震災復興国債を発行せよ】

○金子洋一君 東日本大震災の復興につきまして、私は日銀引受けの復興国債を20兆円を超える規模で発行せよというふうに主張をしております。かつ、これは復興のためのものでありますから、それ以外の用途にはこれは絶対に流用をしない、つまり東北できちんと使うんだということと、同時に、20兆円も借りて大変なことになるんではないかなという市場の御懸念を打ち消すために、財政再建の計画も同時に公表して、そういったセットでお示しすべきではないかというふうに提案をさせていただいております。

 (中略)ところが、こうした提言につきまして、日銀総裁あるいは日銀からの出席者から「通貨の信認」が失われるとおっしゃって反対をされております。今回は、「通貨の信認」とは何かということにつきまして中心にお尋ねをしたいと思っております。

日銀引き受けで20兆円復興国債を発行した場合、副作用があるとしたらそれは物価が上がることです。しかし今、経済はデフレに悩んでいるわけですからむしろそれは好ましいことです。白川総裁を指名したのですが、雨宮正佳理事が答弁に立ちました。【その部分については、省略しますので「デフレ脱却戦記2」をご覧ください。】日銀の観点からは国債の買い切りオペよりも社債購入の方がまずいのかどうかという問題について、イエスノーで答えられる簡単な尋ね方で、ごく普通に確認したのですがきちんと答弁してはいただけませんでした。

「質問には答えない」という問題点は、日銀官僚が共有する欠点です。質問に真正面から答えることがそんなに難しいでしょうか。前回の白川総裁に続き、今は日銀副総裁となっている当時の雨宮正佳理事もこうした説明責任に欠けた答弁をします。

 当然、こうならないように今回の質問レクでは、質問にきちんと答えるように日銀事務方にきちんと申し入れてあったにもかかわらず、不明朗な答弁で、極めて不誠実です。万一、国家機密などが関わるのなら事前に答えられないと連絡してくればいいのです。

【金子:通貨の信認とハイパーインフレについて】

○金子洋一君 それでは、「通貨の信認」の件、引き続きお話をさせていただきます。総裁の答弁で、「(物価に)非連続的な変化が生じた過去の例がある。だから日銀の引受けはできないんだ」という答弁が(過去に)ありました。

私に対してではありませんが、「通貨の信認」が失われてハイパーインフレが起きた例があったという白川総裁の国会答弁があったのでこれについての質問です。

【金子:わが国とボリビアやアルゼンチンは同じと主張するのか】

○金子洋一君 昨日、3時間以上掛けてレクをさせていただきましたけれども、その中で我が国のような先進国、通貨発行権を持って生産設備が毀損されていないという条件の下でそういった非連続的な変化が生じた例というのはあるのかとお尋ねをさせていただきました。そうしましたら、質問レクに来られた日銀の皆さんが何とマンキューの教科書を持ってきました。

 戦間期のドイツ、これは通貨供給量が半年で1億倍になった、そういう例を持ってこられました。あとは1985年のボリビアの例です。「本当にこれのことですか、まさか日本にこういうことが起きるわけじゃないですよね」とお尋ねをしましたら、午後六時になって2001年のアルゼンチンの例を持ってこられました。

ここは皆さん笑うところです。こういうことを本気でやらされている日銀職員の皆さんに心から同情します。

【金子:ハイパーインフレは起こらないと考えていいか】

○金子洋一君 果たして(今の)日本の経済を考える上で、戦間期のドイツ、戦争に負けて焼け野原になったドイツ、そしてボリビア、アルゼンチン、これが例になるのかと引き続きお尋ねをしましたところ、(質問取りにきた日銀職員が)「通貨発行権を持っていて、かつそういった生産設備が毀損されていないケースでは例はない」というふうにおっしゃったわけです。ということは、ハイパーインフレが日本で起こる可能性はほとんどない、そう考えてよろしいわけですね。簡潔にお願いします。

これまでの経緯から都合の悪い質問にはお答えになる意思もしくは能力がないとしか判断できませんので、ここも疑問の余地がない簡単なイエスノークエスチョンです。ところが・・

あわせて読みたい

「日本銀行」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチン供与と、国際的な情報戦と韓国外交の茶番劇

    佐藤正久

    06月18日 08:21

  2. 2

    ひろゆきで大流行!YouTube切り抜き動画の台頭と実際にやってみて分かったこと

    放送作家の徹夜は2日まで

    06月18日 08:06

  3. 3

    山尾志桜里議員引退へ。悪い意味での「職業政治家」ばかりの永田町の景色は変わるのか

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月18日 10:10

  4. 4

    元プロ野球選手・上原浩治氏の容姿に言及 コラム記事掲載のJ-CASTが本人に謝罪

    BLOGOS しらべる部

    06月17日 13:12

  5. 5

    緊急事態宣言の解除後も続く飲食店への制限 ワクチン拡大を待つしかないのか

    中村ゆきつぐ

    06月18日 08:40

  6. 6

    盛れば盛るだけ信用低下! 印象操作に走る菅総理の愚

    メディアゴン

    06月18日 09:06

  7. 7

    ほとんどの人が「延長は仕方ない」イギリスでロックダウン解除延期、なぜ感染再拡大?

    ABEMA TIMES

    06月17日 22:31

  8. 8

    菅首相のG7「はじめてのおつかい」状態を笑えない - ダースレイダー

    幻冬舎plus

    06月17日 08:40

  9. 9

    尾身会長の五輪発言「飲食店」からも意見あり!! 政府復興委員として初会合に出席

    わたなべ美樹

    06月18日 12:55

  10. 10

    知っているようで知らない、チョコレートの真実 - 多賀一晃 (生活家電.com主宰)

    WEDGE Infinity

    06月17日 14:56

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。