記事

【映画感想】来る

1/2
あらすじ
幸せな新婚生活を送る田原秀樹(妻夫木聡)は、勤務先に自分を訪ねて来客があったと聞かされる。取り次いだ後輩によると「チサさんの件で」と話していたというが、それはこれから生まれてくる娘の名前で、自分と妻の香奈(黒木華)しか知らないはずだった。そして訪問者と応対した後輩が亡くなってしまう。2年後、秀樹の周囲でミステリアスな出来事が起こり始め......。
kuru-movie.jp

 2018年、映画館での33作目。
 平日の朝の回で、観客は僕も含めて2人でした。
 
 原作小説は未読ということもあり、予告編をみた時点で、「何なんだこれは?」と思っていたのだけれど、観終えてもやっぱり、「何なんだこれは!」としか言いようがない映画だったんですよね。

 そして、あの中島哲也監督の新作にもかかわらず、そんなに話題になっていない理由もわかったような気がします。
 「面白くない」んですよこれ。いやほんと、この映画を「他人事」として観ることができる大人がいるのだろうか。

 とくに前半の、妻夫木聡さんが演じていた田原秀樹の「(偽)イクメンブロガー」っぷりには、観ているほうが恥ずかしくなるのと同時に、こうしてネットであれこれ発信している人間のひとりである僕としては「発信している自分と実際の自分のギャップを見透かされている」ようで、観るのがイヤになってきました。

 SNS社会って、みんながそれぞれ「盛って(美化して)いる」ところはありますよね、多少は。逆に、本当にありのままの自分を発信していたら、いろんなことがギスギスしてしまう。

 個人的には、田原さんのイクメンブログは、『はてなブログ』だったら、厳しいブックマークコメントにさらされて、大炎上していたような気もします。というか、今は、きれいごとばかりのブログっって、あんまり読まれない時代ではあるんですけど。

 それにしても、冒頭の田舎の田原家の実家の宴会や披露宴の風景など、「めんどくさくて不快な人間関係」を、ここまで長々と徹底的に描いてみせるという中島哲也監督は、よほどの露悪主義者なのか、「理想の家庭の嘘」を皆様に告発しないのか。

 正直、ここまでやられると、「うへえ」って感じで、この映画を誰に薦めたら良いのか、わからなくなります。

 ホラー映画には「怖いけど、観終えてスッキリ」みたいなタイプのものもありますよね。
 でも、この映画の場合、上映終了後に映画館を出て、ふと思うのです。
「ああ、また『怖い』現実世界に戻ってきてしまったな」って。
 人が、いちばん怖いんだよね、いつの時代も、どこの世界でも。

 個人的には、小松菜奈さんの登場シーンがいちばんインパクトがありました。そんなに露出がすごいわけではないのに。中島哲也監督は、こういう「シーン」がうまいよなあ。

 その一方で、この『来る』に関しては、端的に言うと「支離滅裂」としか言いようがないところが目立つのも事実なのです。

あわせて読みたい

「映画」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    ワクチンデマについて

    河野太郎

    06月24日 11:12

  2. 2

    ウガンダ選手団2人目の陽性者の持つ意味

    大串博志

    06月24日 08:11

  3. 3

    平井大臣の発言を文春が捏造か 内閣官房が公開した音声には企業名なし

    和田政宗

    06月23日 12:48

  4. 4

    安倍政権下でおかしくなった霞が関 自民党の良心は失われてしまったのか

    早川忠孝

    06月24日 08:39

  5. 5

    菅内閣が「無観客五輪開催」を絶対に避けたい理由

    田原総一朗

    06月23日 16:02

  6. 6

    昭和の頑固オヤジ!JASRACと闘い続けた小林亜星さん

    渡邉裕二

    06月23日 08:04

  7. 7

    ワクチン不足で職域接種の新規受付を一時停止へ「可能配送量の上限に」 河野大臣

    ABEMA TIMES

    06月23日 21:39

  8. 8

    菅内閣支持率最低に 短命政権の可能性強まる

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

    06月23日 17:13

  9. 9

    軽自動車はEV化で高価格に 「交通弱者」が増加するいま改めて考えたい軽自動車の役割

    森口将之

    06月23日 10:51

  10. 10

    関係者・スポンサーに忖度ばかりの五輪・パラリンピックは「古き自民党政治」の象徴か

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

    06月24日 09:26

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。