記事

韓国軍 火器管制レーダー照射問題

韓国海軍の駆逐艦が海上自衛隊のP1哨戒機に火器管制レーダーを照射した行為は隊員の命にも係わる危険行為そのものです。このありえない行為に抗議した日本に対して韓国は「この程度で非難とは」との表現です。断じて容認できません。

そして更に、韓国軍合同参謀本部幹部は24日の記者会見で、レーダーと連動する撮影用カメラで哨戒機を監視したが、哨戒機に向けた「一切の電波放射はなかった」と主張しています。

なぜこの期に及んで言い逃れをするのか。なぜ素直に謝罪ができないのか。報道によれば、こちらには照射を受けたことを示すデータが証拠として残っています。 

韓国とは対話ができる状況にないと判断し、先月日韓議連の退会を決意しましたが、その判断は正しかったと強く思います。

あわせて読みたい

「韓国」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    BLOGOSサービス終了のお知らせ

    BLOGOS編集部

    03月31日 16:00

  2. 2

    なぜ日本からは韓国の姿が理解しにくいのか 識者が語る日韓関係の行方

    島村優

    03月31日 15:41

  3. 3

    「いまの正義」だけが語られるネット社会とウェブ言論の未来

    御田寺圭

    03月31日 10:09

  4. 4

    カーオーディオの文化史 〜ドライブミュージックを支えた、技術の結晶たち〜

    速水健朗

    03月30日 16:30

  5. 5

    BLOGOS執筆を通じて垣間見たリーマンショック後10年の企業経営

    大関暁夫

    03月31日 08:27

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。