記事

自国難民に砲撃するシリア軍 不確定なレバノン国境

リンク先を見る

シリアの国境から10キロ離れたレバノン Lebanon( Liban)側の村アル・カー Al-Qaa(Qaa) 付近に2012年3月21日シリア軍が砲撃したことが確認され、1名が負傷したとロイターが報じた。参照記事
レバノン側にはすでに7千人以上が避難したといわれ、ここはシリアからの避難民が最初に立ち寄る村でもある。避難民に対しシリア軍が追跡や発砲したことはあるが、難民への砲撃は初めてだと村民が証言している。参照記事

シリアのホムスHomsやクサイルQusayrでの攻撃が激化した3月上旬、この付近でレバノン軍は、33人の武装したシリア人を逮捕しているが、避難民に対しては受け入れている。しかし、避難民は水も食料も不足した劣悪な環境に置かれていると報告されている。避難民の多くは、同じイスラム教スンニ派が多く住むレバノン最北部、北レバノンのアッカー地区Akkar District(地図の左下、レバノン北部水色の部分) のWadi Khaled付近へ移動するが、途中で病気で倒れるものも多いと言う。画像を見る2011年12月には、国境付近でレバノン人3人がシリア軍の発砲で死亡する惨事も起き、9月にはレバノンの国境警備が、シリア軍に発砲された事もある。シリア軍が国境を越えて侵入し発砲することはたびたび起きているが、シリアとレバノンは330キロ国境を接しているのに、いまだに公式な境界区分 official demarcation が定まっていないことも原因となっている。参照記事 写真はシリア難民。戦火を避けて隣国レバノンに苦労してたどり着いても、常にシリア軍が越境攻撃してくるかもしれない恐怖がある。時には、シリア軍の戦車がレバノンの村を破壊することを、世界は知らな過ぎる。

トピックス

ランキング

  1. 1

    小池知事の詐称疑惑 失職判例も

    郷原信郎

  2. 2

    倉持由香 給付金100万円受け取り

    BLOGOS しらべる部

  3. 3

    AppleMusic停止 異例の抗議行動

    跡部 徹

  4. 4

    都の方針に歌舞伎町経営者が怒り

    BLOGOS編集部

  5. 5

    きゃりー父「投稿に責任を持て」

    文春オンライン

  6. 6

    神の業? コロナ直面のイスラム教

    BLOGOS編集部

  7. 7

    コロナで着目すべき「血液凝固」

    大隅典子

  8. 8

    ユニクロ参入でマスクバブル終焉

    NEWSポストセブン

  9. 9

    アパレル倒産 コロナ前から兆候

    南充浩

  10. 10

    暗号資産に麻生節「名称が悪い」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。