記事

予算編成の今昔

 来年度政府予算原案が21日の閣議で決定した。一般会計予算は初めて100兆円を超えることとなった。災害の多発に対応した国土強靭化対策、来年10月からの消費税アップに対応する景気対策、幼児教育・高等教育の無償化などが、主な増額の要因である。

 必要なところに必要な予算を配分することは大切だが、赤字国債発行を少しでも減らす努力も大切だ。昨今の税収増によって新規発行は減り続けているが、新規発行ゼロすなわちプライマリーバランスを達成する目標時期は、当初の2020年から5年遅れることとなった。

 ところで昨今の政府予算編成作業は、以前に比べて大きく変わっている。かつては大蔵省からの予算内示が何段階にもわたって行われ、課長折衝、局長折衝、次官折衝、そして大臣折衝に至るまで、4、5日もかかるのが通例だった。自民党の族議員も贔屓の役所に屯して、大蔵省主計局に夜討ち朝駆けを行なった。

 大体政務次官室が根城となり、そこには結構な食材、アルコールも用意された。中にはこれが目当てでいくつかの役所をはしごする不届き者⁈もいたようだ。大臣折衝が終わり大団円を迎えたのちは、打ち上げの美酒が振る舞われた。

 ところがその後予算編成のやり方が変わり、シーリングや概算要求制度が出来、大枠予算については大臣間で事前折衝でどんどん決まってしまうようになった。また小選挙区制度が導入されたため、議員は特定分野に精通するばかりでなく、オールマイティを要求される。族議員の存在もかつてよりは軽くなっている。また予算内示の出し方ももともと決まっていて、単にセレモニーに踊らされているだけではないかと気付いてしまったことも大きい。

 しかしあの当時、当該予算が何のために必要なのか、なぜそれだけの金額が必要なのか、議員間や役人との間で真剣な議論を闘わせたことは、決して無駄ではなかったし、予算をチェックしていたというメリットもあった。昔の予算編成作業を懐かしがってみても、復活させようと思ってみても、所詮無理なことは承知しているが、国民からいただいた税金をどのように使うのかを、もっと真剣に熱く議論し合うことは、今も大切なことではなかろうか。

あわせて読みたい

「予算委員会」の記事一覧へ

トピックス

  1. 一覧を見る

ランキング

  1. 1

    リモート営業で絶対に使ってはいけないフレーズとその理由

    シェアーズカフェ・オンライン

    06月22日 08:31

  2. 2

    フランス人記者が菅首相の五輪めぐる答弁に憤り「私は日本国民のことを気にしている」

    ABEMA TIMES

    06月22日 10:32

  3. 3

    【プライムデー】、米国商戦夏の陣!Amazon Freshは地味にセールもエコシステムが拡大?

    後藤文俊

    06月22日 09:13

  4. 4

    「児童手当無し、高校無償化も対象外」高所得者への"子育て罰ゲーム"が少子化を加速

    PRESIDENT Online

    06月22日 09:33

  5. 5

    小中学生の観戦は止めるべし。満身創痍、痛々しいオリンピックになることは必至

    早川忠孝

    06月22日 17:54

  6. 6

    フェイク情報に騙されない教育とは:高校生の98%がネットで真偽を見誤る/米研究結果より

    ビッグイシュー・オンライン

    06月22日 08:18

  7. 7

    日本人はナゼ「貧乏になったこと」に気が付かないのか?

    内藤忍

    06月21日 14:24

  8. 8

    小池都知事が過労により静養 今週の公務は副知事が代理へ

    ABEMA TIMES

    06月22日 20:21

  9. 9

    「ウッドショックからウッドチェンジへ」林野庁の木材利用促進に違和感

    田中淳夫

    06月22日 10:21

  10. 10

    リニア工事の遅れが必至となった静岡県知事選 利便性が県民に知られない残念さ

    赤池 まさあき

    06月22日 14:15

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。