記事

「大麻解禁の活動で一緒に日本を変えたい」高樹沙耶さんインタビュー

2/3

大麻の運動を通して日本が変わる

あとは大麻を禁止する事で誰が儲けているのか、そう考えるとやっぱりアンダーグラウンドの人たちが儲けているわけじゃないですか。だから、それを国が管理して、販売し税収にして、そのお金を薬物依存の人たちの病院を作ることに回すみたいな循環の仕方を考えればいいんじゃないかなと。

既にアメリカやカナダでは西部開拓時代のゴールドラッシュになぞらえて「グリーンラッシュ」という状況が起きていて、その大麻産業で得た税収を自治体や州政府が学校建設や社会福祉にあて、街が再興している例も数多くあるので決して夢物語ではありません。ぜひ参考にして頂きたいです。

Getty Images

—オランダやカナダは今お話に出たような考え方で大麻利用を管理する合法化=非犯罪化が行われています。他にも国によって様々な大麻利用の状況がありますが、日本の現状を一歩進めるためには、どんなことが必要だと思いますか。

誰かが声を上げないといけないとは思うんですけど、ただ誰かが声を上げたところで、すぐに動いてくれる政治家はいないと思うんですよね。だから、この国では民主主義が機能していないなとも感じることもあります。これから先、どのように国を動かしていくかの知恵は頭の良い人が考えてくれないといけないのかな。

—民主主義かどうかは別にして、以前にジャーナリストでコメンテーターのモーリー・ロバートソンさんが「アメリカでは法律が変わるまで若者たちが頑張って声をあげていた」と話していたことがあります。しかし、大麻を使うことが法律違反である今、大麻を吸ったことのある人が集まって展開する運動に拒否感を持つ人がいることも理解できます。

どうしても日本は権威社会なので、犯罪歴がある人間が言うことに説得力はないって言葉を封じ込められてしまうんです。私も「お前が言うな」とかガンガン書かれているんですけど。なのでこの先、どういう方が声を上げてくれるのかなと。

最近では先程名前の挙がったモーリー・ロバートソンさんがあるテレビ番組でカナダの合法化の問題についてコメントした際に、大麻解禁の決断に対して『英断だ』と肯定的な意見を放送していて。今までのテレビでは、どんなコメンテーターも「ダメなものはダメでしょう」と言うしかなかったんです。吸ったことある人も芸能界にいっぱいいるんだけど...。

—いっぱいいる。

経験のあるTV出演者が「俺は吸った事があるけど…」とか「私の大麻経験だと…」なんてTVでは絶対に言えませんでしたから。そんな事言えば一発で仕事を干されてしまいますからね。そんな中で初めてモーリーさんがわかりやすく話してくれたっていうのは大きかったです。そういう意見をTVがそのまま流せるようになったのは、何かが変わり始めているということなのかなと。

日本の場合は1週間くらいワイドショーで大麻を肯定的に取り上げて、医療大麻が実際に人々を癒している真実をキチンと報道すれば、みんなそちらに流れると思うんですよね。アメリカでは、CNNが重度のてんかんを持つシャーロット・ウェブという少女がてんかん発作を抑えるために大麻を使用するというドキュメンタリーを放送した事で合法化の議論に火がついたんです。イギリスでも現在は保険で医療大麻が使えますが、その大きなきっかけは小児ガンの少年の大麻利用を母親がどれだけ頑張って訴えたかっていう報道でした。

BLOGOS編集部

—そういう流れを大事にしつつ、大麻に関する法律を変えようというのが高樹さんの立場ということですね。

国民の意見が何も通らなくて、一方で知らない間に一部の人間にとって利益になるような悪い法律が通っている現状があって、国民が鬱々としているじゃないですか。「どうせ、俺たちがやったって何も変わらないだろう」みたいな。そういう負け犬根性があって。

文句はネット内で言うだけで、もっと大きなところには誰も出て行かないし、行ったところで先に同じことをした人が犬死にしているのを見ているので、どうせダメだろうって諦めてしまう空気が今はあると思うんですよね。

—気分的なところでの、そういう諦めはあるかもしれませんね。

だから今大麻で、市民から上がった声が力となって何かを変えていくということを私たちが一つ経験するだけで、みんなの勇気みたいになるんじゃないかなと。

—大麻の運動で日本の空気が変わる、と。

私も一度討ち死にしていますが、それでも続けているのは、みんなもっと頑張ろうよ、自分たちで歴史を一つ作ろうよ、っていう思いがあるから吠え続けていられるんです。日本のこの空気を変えようってね。

理想としては誰か立派な人の声で変わるんじゃなく、みんなの声で実現するってこと。そうなれば嬉しいなと思いますね。

—今ある大麻のイメージが変われば声をあげる人が増えて、そこから法律が変わることにつながるかもしれないし、それを目指したいということですね。

あわせて読みたい

「大麻」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    沖縄慰霊 本土の捨て石だったか

    古谷経衡

  2. 2

    首相へヤジに地元民「沖縄の恥」

    和田政宗

  3. 3

    男逃走めぐる産経社説は撤回必要

    郷原信郎

  4. 4

    宮迫・田村亮ら芸人11人謹慎発表

    BLOGOS しらべる部

  5. 5

    4年間は寮生活 松下政経塾の実情

    BLOGOS編集部

  6. 6

    戦後日本で活躍した天才の転落劇

    fujipon

  7. 7

    自民 参院選前にかつてない逆風

    五十嵐仁

  8. 8

    会社でキレる人が評価される理由

    非国民通信

  9. 9

    小沢氏は国民民主で役に立たない

    早川忠孝

  10. 10

    堤真一 慕った佐藤浩市共演NGに

    NEWSポストセブン

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。