記事

主力株で年初来安値更新相次ぐ、米株急落でリスク回避の売り


[東京 25日 ロイター] - 東京株式市場で、トヨタ自動車<7203.T>やキヤノン<7751.T>、任天堂<7974.T>など主力株が相次いで年初来安値を更新。

ソフトバンクグループ<9984.T>、三菱UFJフィナンシャル・グループ<8306.T>が2年ぶりの安値水準で推移しているほか、ソニー<6758.T>、TDK<6762.T>が5%を超す下げとなっている。国内連休中に米国株が急落し、リスク回避の売りが広がっている。

あわせて読みたい

「株式市場」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    中国ダム決壊危機 世界的影響も

    郷原信郎

  2. 2

    トヨタ超え テスラCEOの不気味さ

    片山 修

  3. 3

    児童レイプめぐる米国のダブスタ

    Rolling Stone Japan

  4. 4

    新型コロナで勝ち組になった企業

    ヒロ

  5. 5

    松坂大輔が離脱へ 晩節汚すのか

    WEDGE Infinity

  6. 6

    減税よりGoTo政策「利権の典型」

    音喜多 駿(参議院議員 / 東京都選挙区)

  7. 7

    次期首相の資質に「もらい泣き」

    NEWSポストセブン

  8. 8

    「東京差別」で社会構造変わるか

    にしゃんた

  9. 9

    司法が医療破壊 逆転有罪に苦言

    中村ゆきつぐ

  10. 10

    感染拡大の裏に軽率さ 医師警鐘

    中村ゆきつぐ

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。