記事

12月24日(月)「ムネオ日記」

昨日、天皇陛下の記者会見の様子が何回も流れたが、聞くたびに平和・沖縄・災害・国民・皇后さまへの感謝等、その思いが伝わり、多くの人が感激、感動したのではないか。勿論私もその一人だが。

 なかでも「象徴としての私の立場を受け入れ、私を支え続けてくれた多くの国民に衷心より感謝する」と述べられたことに、ただただ頭が下がった。一国民として両陛下のご健勝、皇室のご繁栄を願うものである。

 カルロス・ゴーン氏のことが記事になっているが、勾留中の人は外に向かって話すことは出来ない。それでは何故記事になるか。

メディアは「関係者の話」でわかったとニュースソースを明らかにしないが、取り調べをしているのは検察である。

取り調べの担当検事は上司に話を挙げる。その上司がさもさものようにリークしていく。それが記事になる。大体こういう構図である。

私の場合も言ってもいないことがニュースになっていた。なぜかと弁護士によく言ったものだ。

自分たちのシナリオ、ストーリーに沿って事件を組み立て、作り上げていく以上、国民の理解を得るように誘導するのである。この悪魔の誘導に騙されてはいけない。

 カルロス・ゴーン氏が何をしたかは公判で明らかにすればよいことである。リークで悪人扱いさせることはフェアーではない。

私自身ムネオハウスで捕まる、アフリカODAで捕まるとリークされてきた経験からも(実際は事件になっていない)、ここは冷静に何が真実か見ているところである。

間違った権力の行使は行政権力、政治権力、司法権力等あってはならない。

悪しき権力とは断固闘うという思いで私は今も再審請求中である。

あわせて読みたい

「カルロス・ゴーン」の記事一覧へ

トピックス

ランキング

  1. 1

    韓国は歴史観とズレる事実を排除

    舛添要一

  2. 2

    橋下氏 百田氏の方が反日本人的

    橋下徹

  3. 3

    「ネトウヨ」批判に逃げる知識人

    篠田 英朗

  4. 4

    謝罪なく逃走の津田大介氏に呆れ

    やまもといちろう

  5. 5

    日本は韓国に知的な手助けをせよ

    NEXT MEDIA "Japan In-depth"

  6. 6

    日韓は報復でなく大人の対応せよ

    小宮山洋子

  7. 7

    天皇燃やした? 映像制作者を直撃

    篠田博之

  8. 8

    田中角栄が頼った「最強ヤクザ」

    NEWSポストセブン

  9. 9

    よしのり氏 北巡る米発言に怒り

    小林よしのり

  10. 10

    3位に日本 好みに影響を与えた国

    オルタナS編集部(若者の社会変革を応援)

ランキング一覧

ログイン

ログインするアカウントをお選びください。
以下のいずれかのアカウントでBLOGOSにログインすることができます。

コメントを書き込むには FacebookID、TwitterID のいずれかで認証を行う必要があります。

※livedoorIDでログインした場合、ご利用できるのはフォロー機能、マイページ機能、支持するボタンのみとなります。